夏羽のアマサギ

トカラシリーズの続きで、今日は夏羽のアマサギをご紹介します。

アマサギ(Cattle Egret)はアフリカ大陸、北アメリカ大陸、南アメリカ大陸、ユーラシア大陸南部、インドネシア、オーストラリア、日本、ニュージーランド、フィリピン、マダガスカルなどに広く分布し、夏季にアメリカ合衆国や朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季になるとアフリカ大陸北部、オーストラリア、ニュージーランド、フィリピンなどへ南下し越冬しますが、他の多くの地域では周年生息することが知られています。日本では亜種アマサギが夏鳥として本州以北に渡来し、九州以南では多数が越冬するようです。

島の牧場で目にした夏羽のアマサギ。この場所では牛が放牧されているため昆虫類も多く、アマサギの格好の餌場となっているようです・・・

アマサギ1

アマサギ2

アマサギ3

アマサギ4

アマサギ5

アマサギ6

アマサギ7

アマサギ8

今日は島の牧場で目にした夏羽のアマサギをご紹介しましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では従来のアマサギをEastern Cattle Egret(Bubulcus coromandus)とWestern Cattle Egret(Bubulcus ibis)の2種に分離独立させており、それに従えば、日本などにやって来るアジア東部・南部、オーストラリアで繁殖する旧分類の亜種アマサギはEastern Cattle Egret(Bubulcus coromandus)ということになります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる