FC2ブログ

アカハラシキチョウ

タイシリーズの続きで、今日はアカハラシキチョウをご紹介します。

アカハラシキチョウ(White-rumped Shama)はインド、ネパールから中国南部、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオなどに広く分布する体長21.5~28cmのヒタキ科シキチョウ属の鳥で、分布域により8亜種に分かれており、今回目にしたのはタイ南部、マレーシアからスマトラ、ジャワにかけて分布する亜種Copsychus malabaricus tricolorで、頭部から体上面は鮮やかな紺色をしていました。なお、英名は腰(尻)が白いことから、和名は腹部が赤いことから名付けられたようです。

熱帯雨林のハイドで目にしたアカハラシキチョウのオス。やはりヒタキ科の鳥、いろいろなポーズでサービスしてくれました。

アカハラシキチョウ1

アカハラシキチョウ2

アカハラシキチョウ3

アカハラシキチョウ4

こちらは同じ場所にやって来たアカハラシキチョウのメス。オスに比べると全体に体色が鈍く、尾羽も若干短いようです・・・

アカハラシキチョウ5

アカハラシキチョウ10

アカハラシキチョウ11

アカハラシキチョウ12

アカハラシキチョウ13

今日はインドから東南アジアにかけて広く分布するアカハラシキチョウをご紹介しましたが、以前、ボルネオで目にしたアカハラシキチョウ(亜種Copsychus malabaricus suavis)は頭部から体上面が黒藍色であり、亜種の違いによる体色の違いを考えさせられました。ご参考までに以前ボルネオで目にしたアカハラシキチョウを以下にご紹介しておきます・・・

アカハラシキチョウ0


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる