FC2ブログ

ハゴロモガラス

昨日の続きで、今日は同じくバンクーバーで目にしたハゴロモガラスをご紹介します。

ハゴロモガラス(Red-winged Blackbird)は北はアラスカから南は中米のコスタリカやカリブ海のバハマにかけて分布する体長約22cmのムクドリモドキ科ハゴロモガラス属の鳥で、分布域により実に22亜種に分類されており、今回目にしたのはカナダ南西部とアメリカ北西部・西部の海岸線に分布する亜種Agelaius phoeniceus caurinusと思われます。なお、英名は「赤い羽根をした黒い鳥」から、和名は赤い羽根を「はごろも」に見立てたものと思われます。

スタンレーパークで目にしたハゴロモガラスのオス。真っ黒の鳥ですが肩羽のあたりの赤色と黄色がアクセントになっています・・・

ハゴロモガラス5

ハゴロモガラス3

ハゴロモガラス4

木にとまったハゴロモガラス。一番上の個体はオスで、下の3羽は上面が赤褐色みをしたメスです。

ハゴロモガラス6

ハゴロモガラス7

ハゴロモガラス9

ハゴロモガラス11

今日は北米から中米にかけて分布するハゴロモガラスをご紹介しましたが、名前こそ「カラス」の名が付けられていますが、カラスの仲間ではなくムクドリモドキ科ハゴロモガラス属の鳥で、時には数十万~百万羽以上の大群で農耕地や果樹園に押し寄せ、作物に被害を与えることがあるそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クーパーハイタカ

昨日の続きで、今日は同じくバンクーバーで目にしたクーパーハイタカをご紹介します。

クーパーハイタカ(Cooper's Hawk)はカナダ南部から中米・ホンジュラスにかけて分布するタカ科ハイタカ属の鳥で、オスは体長が35〜46cmとメス(42〜50cm)より小さく、翼は短くて丸く、尾羽は長くて暗色の縞模様があり、成鳥の虹彩は赤色で、下面は淡赤色の細かい横斑があるのが特徴です。

海岸線で上空を旋回していたクーパーハイタカの幼鳥ですが、この場所ではツバメ(アメリカ亜種)が雛を守ろうとしていたのでしょうか、圧倒的に小さなツバメがクーパーハイタカを果敢に攻撃していました。

クーパーハイタカ2

クーパーハイタカ7

幼鳥は顔から体上面が茶褐色で、虹彩が黄色。胸には暗褐色の縦斑があるのが特徴です。

クーパーハイタカ3

クーパーハイタカ4

クーパーハイタカ6

クーパーハイタカ8

クーパーハイタカ9

今日はツバメ(アメリカ亜種)にモビングされていたクーパーハイタカの幼鳥をご紹介しましたが、それにしても、雛を守ろうとしていたにせよ、圧倒的に大きな猛禽にモビングするツバメは何と勇敢なのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アンナハチドリ

昨日の続きで、今日は同じくバンクーバーで目にしたアンナハチドリをご紹介します。

アンナハチドリ(Anna's Hummingbird)はカナダ南西部からアメリカ西部、メキシコ北西部に分布する体長10~11cmのハチドリ科アンナハチドリ属の鳥で、オスでは頭から頸にかけて美しいバラ色に変化することで知られています。

柳の枝にとまったアンナハチドリのオス。普段はこのように頭から頸にかけてインク色をしていますが・・・

アンナハチドリ1

アンナハチドリ2

突然、頸の辺りがバラ色に変化しました。とても同じハチドリとは思えません・・・

アンナハチドリ3

アンナハチドリ5

また、元のインク色に戻ったアンナハチドリ。

アンナハチドリ6

こちらはハチドリ用の給水器にやってきたアンナハチドリのメス。

アンナハチドリ12

アンナハチドリ11

今日は頭から頸にかけてバラ色に変化するアンナハチドリをご紹介しましたが、実は、この構造色の羽衣を持つのはオスだけであり、縄張り宣言や求婚の際には、より見事に色が変わる方が有利とされています。今回は繁殖期を終えた9月ということもあり、頭部全体が鮮やかなバラ色というほどの変化は見られませんでしたが、ご参考までに2年前の4月(繁殖期)、同じ場所で目にしたアンナハチドリをご紹介します・・・

アンナハチドリ6


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノドグロハイアメリカムシクイ

昨日の続きで、今日はバンクーバーで目にしたノドグロハイアメリカムシクをご紹介します。

ノドグロハイアメリカムシクイ(Black-throated Grey Warble)はカナダ南西部からアメリカ西部、メキシコ北部・北西部にかけて繁殖し、冬季はメキシコに渡り越冬する体長約12.5cmのアメリカムシクイ科ハゴロモムシクイ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはカナダ南西部からアメリカ西部の海岸線で繁殖する基亜種Setophaga nigrescens nigrescensと思われます。

スタンレーパークで目にしたノドグロハイアメリカムシク。オスでは名前のように喉に黒斑があり、全体に灰色で眼の前方に黄色の小斑があるのが特徴で、今回目にしたのは喉の黒斑がまだら状であることからオスの若い個体と思われます。

ノドグロハイアメリカムシクイ1

ノドグロハイアメリカムシクイ2

ノドグロハイアメリカムシクイ6

抜けた場所にとまってくれたノドグロハイアメリカムシクイ。

ノドグロハイアメリカムシクイ4

ノドグロハイアメリカムシクイ5

今日はバンクーバーで目にしたノドグロハイアメリカムシクをご紹介しましたが、本種は日本でも記録のあるキヅタアメリカムシクイ(Yellow-throated Warbler)と同じくアメリカムシクイ科ハゴロモムシクイ属に属しており、見た目にも大変よく似ていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カオグロアメリカムシクイのメス

再びバンクーバーの鳥に戻ります。今日は今春、関東に渡来し野鳥ファンを喜ばせてくれたカオグロアメリカムシクイのメスをご紹介します。

カオグロアメリカムシクイ(Common Yellowthroat)はカナダからアメリカ、メキシコで繁殖し、冬季は南アメリカ西部にかけて越冬する体長約12.5cmのアメリカムシクイ科カオグロムシクイ属の鳥で、英名からも分かるように北米ではごく普通に見られる鳥のようです。本種は分布域により13種に分かれており、今回目にしたのはカナダ西部、アメリカ西部、メキシコ北西部の海岸線に分布する亜種Geothlypis trichas arizelaと思われます。

海岸線のブッシュで目にしたカオグロアメリカムシクイのメス。オスは名前からも分かるように顔が黒く、喉の黄色に特徴がありますが、メスは頭から顔、体上面がオリーブ褐色で、喉と下尾筒が黄色みを帯びているのが特徴です。

カオグロアメリカムシクイ1

よく見ると、メスのほうは色合いがすっきりしており、なかなか魅力的です・・・

カオグロアメリカムシクイ2

カオグロアメリカムシクイ4

カオグロアメリカムシクイ6

今日はバンクーバーで目にしたカオグロアメリカムシクイのメスをご紹介しましたが、その独特の風貌のオスもいいものですが、すっきりした色合いのメスも捨てがたい魅力があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

動きが活発なオシドリ

昨日の続きで、今日はダム湖の湖上で羽ばたいたり、飛んだりと活発な動きをしていたオシドリ(Mandarin Duck)をご紹介します。

オシドリは他のカモ類に比べ動きが活発な印象がありますが、この日も湖上から飛び上がったり、飛んだりとあわただしく動いていました。

名称未設定 (54 - 74)

水上を早足で走りながら飛び出していくオシドリ。

名称未設定 (55 - 74)

名称未設定 (56 - 74)

名称未設定 (42 - 74)

名称未設定 (43 - 74)

湖面すれすれに一直線に飛翔するオシドリ。

名称未設定 (59 - 74)

名称未設定 (60 - 74)

名称未設定 (61 - 74)

名称未設定 (40 - 74)

着水の準備に入りました・・・

名称未設定 (41 - 74)

今日はダム湖で活発な動きをしていたオシドリをご紹介しましたが、オシドリがこのように活発なのは、ペアリングしたオスはメスに恵まれない「はぐれオス」たちから、自分のパートナーを取られないよう、はぐれオスを追い払ったり、メスに寄り添って見張っているとも言われており、そんなことから活発に動き回っているのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今年もやって来たオシドリ

この時期になるとオシドリが見たくなり、いつものダム湖を訪れました。

オシドリ(Mandarin Duck)はロシア南東部、中国東部、朝鮮半島、台湾、日本などの東アジアのみに分布する体長約45cmのカモ科、オシドリ属の鳥で、日本では北海道や本州中部以北で繁殖し、冬季になると西日本へ南下し越冬します。

当ダムでは100羽を超えると思われるオシドリたちが陸で休んだり、湖上で泳いだりしていましたが、よく見るとオシドリはこの時期既にペアリングができているのか、ペアと思われる2羽が一緒に行動していました。

名称未設定 (29 - 74)

名称未設定 (30 - 74)

名称未設定 (32 - 74)

名称未設定 (33 - 74)

名称未設定 (49 - 74)

名称未設定 (35 - 74)

こんなところでも2羽が一緒に休んでいました・・・

名称未設定 (50 - 74)

今日はダム湖のオシドリをご紹介しましたが、色あでやかなオスと、目のまわりが白い地味なメスが一緒にいることが多く、オシドリ夫婦の名の由来となっていますが、実はオシドリは冬ごとにパートナーを替え、抱卵はメスのみが行い、育雛も夫婦で協力することはないそうです。和名のオシは「雌雄相愛し」に由来するそうですが、見た目と実態がかけ離れているのはどの世界にもあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

林道で目にした野鳥たち

昨日の続きで、同じく山麓の林道で目にした鳥たちをご紹介します。

最初は先日もご紹介したイカル(Japanese Grosbeak)です。
日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖する亜種イカル(Eophona personata personata)が留鳥または漂鳥として分布していますが、寒さとともに標高の低い山麓や農耕地にも下りてくるようです。

ヌルデの実でしょうか?熟した実を食べにやって来たイカル。鳥までは距離があり鮮明な画像ではありませんが、黒色の頭巾と黄色の大きな嘴が印象的です・・・

名称未設定 (6 - 74)

名称未設定 (4 - 74)

次はその近くの松の枝で休んでいた雨覆が赤紫色のアオバト(White-bellied Green Pigeon)のオスです。アオバトは先日もご紹介しましたが、日本では日本と中国東部に分布する基亜種アオバト(Treron sieboldii sieboldii)が留鳥または漂鳥として、北海道から九州で繁殖しており、山林などで独特の鳴き声をよく耳にしますが、姿を見るのはなかなか難しい鳥でもあります。

名称未設定 (23 - 74)

最後は今シーズン初めて目にしたルリビタキのメスです。

ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)は夏季はユーラシア大陸の亜寒帯やヒマラヤ山脈で繁殖し、冬季はユーラシア大陸南部で越冬する体長約14cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥で、日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬することが知られています。

そんなルリビタキですが、寒さとともに標高の低い山麓に下りてきたようです。

名称未設定 (28 - 74)

今日はミヤマホオジロやカシラダカと同じく山麓の林道で目にした鳥たちをご紹介しましたが、寒さの訪れとともに今まで見られなかった鳥たちが日増しに増えています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カシラダカも増えてきました

昨日の続きで、今日は同じく山麓の林道で目にしたカシラダカをご紹介します。

先日もご紹介しましたが、カシラダカ(Rustic Bunting)はスカンジナビア半島からカムチャッカ半島までのユーラシア大陸高緯度地域と、アリューシャン列島で繁殖し、冬季、中国東部から日本にかけて越冬する体長約15cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、日本では冬鳥として九州以北に渡来することで知られています。

先日、クラインガルテン近くの梅林で目にしたのは2羽の冬羽でしたが、今回は林道沿いの樹々を数十羽の群れで移動しているのを見ることができました。こちらは、その中で低い枝にとまってくれたカシラダカです。ところで、和名は頭頂に短い冠羽があるホオジロから名付けられていますが、英名のRusticは「シンプルで素朴」という意味のラテン語が語源のようで、このシンプルな容姿から名付けられたのでしょうか・・・

名称未設定 (1 - 74)

名称未設定 (2 - 74)

名称未設定 (3 - 74)

名称未設定 (26 - 74)

名称未設定 (27 - 74)

今日は昨日のミヤマホオジロと同じ林道で目にしたカシラダカをご紹介しましたが、冷え込みが厳しくなるこの時期、冬鳥たちも日に日にその数を増やしているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今年も来てくれたミヤマホオジロ

クラインガルテンから少し足を延ばし、山麓の林道を散策しましたが、その時目にしたミヤマホオジロをご紹介します。

ミヤマホオジロ(Yellow-throated Bunting)は夏季にシベリア東部、中国や朝鮮半島などで繁殖し、冬季には中国南部や日本、台湾などへ南下し越冬する体長約15.5㎝のホオジロ科ホオジロ属の鳥で、2亜種に分類されており、日本にはシベリア東部、中国北東部、朝鮮半島などで繁殖する基亜種ミヤマホオジロ(Emberiza elegans elegans)が冬季に越冬のため渡来します。

林道わきに落ちている木の実などを食べにきたミヤマホオジロのオス。発達した冠羽に黄色い眉斑と喉、黒い過眼線と胸部の三角斑が印象的です。

名称未設定 (10 - 74)

名称未設定 (13 - 74)

名称未設定 (7 - 74)

名称未設定 (8 - 74)

名称未設定 (22 - 74)

こちらは額から頭頂、頬が黒褐色で、オスに見られる鮮やかな黄色の眉斑や喉、胸の黒色斑はありませんが、冠羽だけはオス並みに立派です。

名称未設定 (16 - 74)

名称未設定 (14 - 74)

名称未設定 (21 - 74)

今日は今シーズン初めて目にしたミヤマホオジロをご紹介しましたが、クラインガルテンの近くにも魅力的な冬鳥たちが徐々に増えてきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チョウゲンボウもやって来ました

毎年、冬になるとクラインガルテン近くに姿を見せるチョウゲンボウですが、今年一番の冷え込みの朝、今年もその姿を見せてくれました。

チョウゲンボウ(Common Kestrel)はユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布するハヤブサ科ハヤブサ属の猛禽で、分布域により11亜種に分類されており、寒冷地で繁殖した個体は冬季に南方へ渡り越冬することが知られています。日本ではヒマラヤから日本、インドシナにかけて繁殖し、冬季、東アジア、南アジア、フィリンピンに渡り越冬する亜種チョウゲンボウ(Falco tinnunculus interstinctus)が主に北海道、本州中部以北で繁殖(西日本では主に冬鳥)しているほか、シベリア北東部、中国北東部、朝鮮半島で繁殖する亜種チョウセンチョウゲンボウ(Falco tinnunculus perpallidus)が冬季、稀に渡来することが知られています。

ガルテン近くの農耕地わきの電柱にとまり、獲物を探していた亜種チョウゲンボウのメス。

名称未設定 (6 - 24)

名称未設定 (7 - 24)

名称未設定 (5 - 24)

遠くから撮影していたのですが、こちらに気付いたのか、ちょっと目を離した隙に飛び出しました。あいにく逆光で鮮明な写真が撮れません・・・

名称未設定 (1 - 24)

名称未設定 (2 - 24)

名称未設定 (3 - 24)

今日は今年もクラインガルテン近くの農耕地に姿を見せてくれたメスのチョウゲンボウをご紹介しましたが、これから春先にかけては、オスも含め、私たちの目を楽しませてくれるものと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クラインガルテンにもやって来たベニマシコ

先日、自宅エリアで目にしたベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)ですが、今回、クラインガルテン近くの林道でも目にすることができましたので、今日はそんなベニマシコをご紹介します。

早朝、林道を散策中、林道わきのブッシュで目にした2羽のベニマシコ。右側の個体は全体に赤みが強く、オスの成鳥冬羽と思われますが、左側の個体はまだ赤みが少なく、オスの第一回冬羽と思われます。

名称未設定 (10 - 24)

2羽で仲良く、美味しそうに草の実を啄んでいました。

名称未設定 (11 - 24)

しばらく食事をした後は、少し一休み・・・

名称未設定 (13 - 24)

名称未設定 (14 - 24)

右側のオスが少し場所を変えました。

名称未設定 (17 - 24)

その後、第一回冬羽と思われる個体は飛び去りましたが、今度はブッシュの中から別のオスが出てきました。どうやら3羽いたようです・・・

名称未設定 (18 - 24)

今日はクラインガルテン近くの林道で目にしたベニマシコをご紹介しましたが、これからしばらくの間、当地でも赤い鳥を楽しめそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

3羽に増えたイカルチドリ

先日ご紹介したイカルチドリ(Long-billed Plover)ですが、再び散歩途中に立ち寄ったところ、今度は何と3羽に増えていました。

この日は風が強かったせいか、私が訪れた時には堰堤の石の間に身を寄せていた3羽のイカルチドリ。左側の2羽は前頭部に暗褐色斑があることから成鳥の冬羽と思われますが、右側の個体は前頭部に暗褐色斑がなく、眉斑、過眼線も不明瞭であることから第一回冬羽ではないかと思われます。

20171116-KX0A1026.jpg

20171116-KX0A1005.jpg

20171116-KX0A1018.jpg

20171116-KX0A1037.jpg

今日は3羽に増えたイカルチドリをご紹介しましたが、この自宅近くの湖はカモ類の渡来する冬季以外は野鳥の影が薄いのですが、春秋の野鳥の移動時期や台風の後などには思わぬ野鳥が入ることがあり、ちょっと目が離せない場所でもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今シーズン初のベニマシコとシロハラ

昨日の続きで、今日は同じくマイフィールドの公園で目にした今シーズン初のベニマシコとシロハラをご紹介します。

最初はベニマシコです。

ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)はロシアから中国、、北朝鮮、韓国、日本、モンゴル、カザフスタン、チベットにかけて分布する体長約15cmのアトリ科ベニマシコ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、日本では樺太、千島列島、北海道、青森県下北半島で繁殖する亜種ベニマシコ(Carpodacus sibiricus sanguinolentus)が夏鳥として渡来し、冬季は本州以南へ渡り越冬することが知られています。

そんな関東では冬鳥のベニマシコですが、突然水路脇の小木に2羽が姿を見せてくれました。何れも顔から体下面にかすかに紅色みが見られることからオスの第1回冬羽でしょうか?

20171115-KX0A0988.jpg

20171115-KX0A0992.jpg

次はシロハラです。

シロハラ(Pale Thrush)はロシア南東部から中国北東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季、日本や台湾、中国南東部で越冬する体長24~25cmのヒタキ科ツグミ属の鳥で、日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で越冬しますが、西日本の山地では少数が繁殖していると考えられています。

そんな冬鳥のシロハラですが、ベニマシコと同じく水路脇のブッシュに姿を見せてくれました。全身ほぼ灰褐色ですが頭頂がオリーブ褐色で、腮から喉に淡褐色の斑があることからメスと思われます。(オスは頭部が暗灰褐色)

20171115-KX0A0860.jpg

20171115-KX0A0864.jpg

20171115-KX0A0867.jpg

20171115-KX0A0865.jpg

今日は今シーズン初めて目にしたベニマシコとシロハラをご紹介しましたが、これから寒さが増すにつれ、冬鳥の姿も徐々に増えてくるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオバト幼鳥

久し振りにマイフィールドの公園を訪れましたが、その時目にしたアオバトの幼鳥をご紹介します。

アオバト(White-bellied Green Pigeon)は中国東部、日本から台湾、中国南部、ベトナム、タイ北部にかけて分布する体長約33cmのハト科アオバト属の鳥で、全部で4亜種に分かれており、日本では日本と中国東部に分布する基亜種アオバト(Treron sieboldii sieboldii)が留鳥または漂鳥として、北海道から九州で繁殖しています。

そんな亜種アオバトですが、移動の途中、猛禽かなにかに襲われたのでしょうか、頸から胸上部にかけて傷のあるオスの幼鳥が水路脇のネズミモチ(モクセイ科イボタノキ属)の中で休んでいました。

20171115-KX0A0927.jpg

長い間、同じ場所でじっとしていましたが、動き始めるのか、ようやく頸を少し伸ばしました。

20171115-KX0A0937.jpg

20171115-KX0A0944.jpg

頸を伸ばしたと思ったら・・・

20171115-KX0A0947.jpg

飛び出しました。英名がこの鳥の特徴をよく捉えており、真っ白のお腹と黄緑色の頭部が印象的です・・・

20171115-KX0A0949.jpg

20171115-KX0A0950.jpg

近くの木にとまりました。雨覆が淡い赤紫色であり、オスの幼鳥であることが分かります。

20171115-KX0A0966.jpg

20171115-KX0A0974.jpg

今日は水路脇の小木で休んでいた傷を負ったアオバトの幼鳥をご紹介しましたが、当地で傷を癒し、無事旅立って行ってほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

ペアで行動していたジョウビタキ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの林で目にしたジョウビタキをご紹介します。

先日もご紹介した身近な冬鳥、ジョウビタキ(Daurian Redstart)ですが、一般に非繁殖期にはオス・メスともに単独生活を行い、縄張りを作って同種を排斥する習性があり、異性個体や鏡に映った自分の姿にも攻撃を加えるほどと言われています。ところが今回目にしたのは不思議にもオスとメスが一見仲良く一緒にやってきたというものでした。

コゲラを待っているとき、突然、一緒にやってきたジョウビタキのオスとメス。

20171113-KX0A0697.jpg

20171113-KX0A0699.jpg

20171113-KX0A0701.jpg

しばらく同じ場所にとまっていましたが、その後オスのほうが飛び立ち、飛び去ったほうを見ていたメス。

20171113-KX0A0713.jpg

20171113-KX0A0715.jpg

20171113-KX0A0717.jpg

今日はペアでやってきたジョウビタキをご紹介しましたが、非繁殖期のこの時期は単独生活を行い、むしろ縄張り争いをするのが一般的と思っていただけに、この意外な行動に思わず夢中でシャッターを押していました。それにしても、このような行動をとるのは縄張り争いをした後、たまたま一緒になったのか、あるいは、もうこの時期からペアリングが始まっているのでしょうか? なんとも不思議です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マユミの実にやってきたコゲラ

昨日の続きで、同じく自宅近くの林で目にしたコゲラをご紹介します。

コゲラ(Japanese Pygmy Woodpecker)はロシア南東部、サハリン、朝鮮半島、中国東北部、日本列島など、東アジアの限られた地域に分布する体長約15cmのキツツキ科アカゲラ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、そのうち日本では以下の9亜種が分布し、南へ行くほど体色が濃くなり、上面の白斑の幅も狭くなるようです。
エゾコゲラ(北海道、南千島)、コゲラ(本州北・中部)、ミヤケコゲラ(大島、三宅島、御蔵島、八丈島)、シコクコゲラ(本州西部および四国)、ツシマコゲラ(対馬、隠岐諸島)、キュウシュウコゲラ(九州)、アマミコゲラ(奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島)、リュウキュウコゲラ(沖縄本島、屋我地島)、オリイコゲラ(西表島)
このように亜種の多いコゲラですが、自宅近くでは亜種コゲラが留鳥として分布しており、一年を通して見ることができます。

たわわに実ったマユミ(ニシキギ科ニシキギ属)の実にやってきた亜種コゲラ。マユミの実にはほかにも、メジロやヒヨドリなどもやって来ますが、中でもコゲラはこの実が大好物のようです。

20171113-KX0A0567.jpg

20171113-KX0A0628.jpg

このピンクの果皮の中の赤い実が彼らの食料です。

20171113-KX0A0640.jpg

20171113-KX0A0645.jpg

20171113-KX0A0644.jpg

20171113-KX0A0680.jpg

今日はマユミの実にやってきたコゲラをご紹介しましたが、動物食の少なくなるこの時期、このような木の実は彼らの命をつなぐ貴重な食糧源であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

里山のキジ

昨日の続きで、今日は自宅近くの里山で久し振りに目にしたキジをご紹介します。

日本の国鳥である日本産のキジは、日本鳥類目録改定第7版ではユーラシア大陸に分布するコウライキジ(英名:Common Pheasant、学名:Phasianus colchicus)の亜種として4亜種(①東北地方・佐渡に生息するキジ、②本州・四国の大部分に生息するトウカイキジ、③紀伊半島などに局地的に生息するシマキジ、④主に九州に生息するキュウシュウキジ)に分類していますが、一方、IOC(国際鳥類学会議)では日本産の個体群のみで独立する種、キジ(英名:Green Pheasan、学名:Phasianus versicolor)として分離させ、同様に4亜種に分けています。

棚田の縁を歩いていたキジ(Phasianus versicolor tohkaidi)のオス。エリア的には亜種トウカイキジと言いたいところですが、人工放鳥によって亜種間の差異が明瞭でなくなっており、正確には亜種不明になるかと思われます。何れにしても日本産のキジは頭部から頸、体下面が紫光沢または光沢のある緑色であり、独立種としての英名(Green Pheasan)のほうがしっくりきます。

20171106-KX0A0258.jpg

20171106-KX0A0300.jpg

20171106-KX0A0273.jpg

20171106-KX0A0276.jpg

しばらく歩いた後、立ち止まり、やがて奥の草むらに消えていきました・・・

20171106-KX0A0304.jpg

20171106-KX0A0310.jpg

今日は久しぶりに目にしたキジをご紹介しましたが、この記事を書くにあたり分類を再確認したところ、前述のIOC分類を知ることとなりました。日本鳥類目録次期改定版ではどのような分類になるのか気になるところです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

冬羽のイカルチドリ

バンクーバーの鳥の途中ですが、自宅近くを散歩中、冬羽のイカルチドリを目にしましたので、今日はそんなイカルチドリをご紹介します。

イカルチドリ(Long-billed Plover)は夏季にシベリア南東部、中国北東部・中部、朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季になると中国南部や東南アジアへ南下し越冬する体長約21cmのチドリ科チドリ属の鳥で、日本では九州以北に留鳥として分布し、北海道では夏鳥で一部留鳥、沖縄県では少数が越冬しているようです。

自宅近くの湖にやって来たイカルチドリの冬羽(夏羽では前頭、胸帯が黒色ですが、冬羽では褐色)。よく似たコチドリより一回り大きく、英名のように嘴や足が長く、アイリングがコチドリのようにはっきりないのが特徴です。

20171112-KX0A0486.jpg

20171112-KX0A0490.jpg

しばらく同じ場所でじっとしていましたが、ようやく立ち上がり歩き始めました。

20171112-KX0A0504.jpg

翼と尾羽を少し広げてくれました。外側尾羽先端の黒白模様が印象的です・・・

20171112-KX0A0491.jpg

更に歩いていくと・・・

20171112-KX0A0513.jpg

突然、前方からハクセキレイがやって来ました。

20171112-KX0A0516.jpg

20171112-KX0A0517.jpg

何食わぬ表情でやり過ごすイカルチドリ。

20171112-KX0A0519.jpg

今日は自宅近くの湖で目にしたイカルチドリの冬羽をご紹介しましたが、イカルチドリは冬季に夏羽に、晩夏に冬羽に換羽するとされていますので、年を越した早春には前頭、胸帯が黒色の夏羽に換羽していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

メキシコマシコ

昨日に続き、今日はバンクーバーで目にしたメキシコマシコをご紹介します。

メキシコマシコ(House Finch)はカナダ南部からアメリカ、メキシコにかけて分布するアトリ科Haemorhous属の鳥で、分布域により11亜種に分かれており、今回目にしたのはカナダ南西部・南東部、アメリカ、メキシコ北西部に分布する亜種Haemorhous mexicanus frontalisと思われます。なお、メキシコマシコは日本で見られるオオマシコやベニマシコ、アカマシコとは近縁のようで、オスは赤く、メスは褐色である点も共通しています。

海岸線のブッシュで目にしたメキシコマシコのオス。頭から胸にかけて赤みがあり、下腹部には褐色の縦斑が見られます。

メキシコマシコ1

メキシコマシコ2

メキシコマシコ3

最初はオスだけでしたが、突然メスのほうもやって来ました。メスは全身が灰色みを帯びた褐色で、下面全体に濃褐色の縦斑が見られました。

メキシコマシコ4

メキシコマシコ10

メキシコマシコ11

今日は北米では比較的普通に見られるメキシコマシコをご紹介しましたが、メキシコマシコは従来、オオマシコやベニマシコ、アカマシコと同じマシコ属(Carpodacus)に分類されていましたが、近年、ムラサキマシコ、ズアカマシコとともにマシコ属から分離し、3種はHaemorhous属に分類されています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コマツグミ

再びバンクーバーの鳥に戻ります。今日は北米から中米にかけてごく普通に見られるコマツグミをご紹介します。

コマツグミ(American Robin)は北はアラスカ、カナダから南は中米のグアテマラまで広く分布する体長25~28cmのヒタキ科ツグミ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのはアラスカ南東部からカナダ西部の海岸線で繁殖し、冬季はアメリカ南西部で越冬する亜種Turdus migratorius caurinusと思われます。

ライフェル保護区で目にしたコマツグミ。成鳥のオスは頭が黒く、胸から腹は鮮やかなオレンジ色をしていますが、この個体は全体的に体色が鈍いことからオスの若い個体と思われます。

コマツグミ1

コマツグミ2

コマツグミ4

コマツグミ5

今日はバンクーバーで目にしたコマツグミの若いオスと思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに、2年前の4月、同じくバンクーバーで撮影した成鳥のオスをご紹介します・・・

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-963.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

 増えてきた冬鳥や漂鳥たち

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン周辺で目にした冬鳥や漂鳥たちをご紹介します。

最初はアオジです。

アオジ(Black-faced Bunting)は夏季に中国、ロシア南東部、朝鮮半島北部で繁殖し、冬季になると中国南部、台湾、インドシナ半島などへ南下し越冬する体長約16cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本では、①南樺太、千島列島、日本で繁殖する亜種アオジ(Emberiza spodocephala personata)が留鳥または漂鳥として北海道から本州中部に生息し、本州中部以南では主に冬鳥として見られるほか、②少数ながら基亜種シベリアアオジ(Emberiza spodocephala spodocephala)が旅鳥または冬鳥として主に日本海側や九州に飛来することが知られています。

そんな亜種アオジが今年も山梨の里山にやって来てくれました。

アオジ (1 - 9)

アオジ (2 - 9)

アオジ (3 - 9)

次は今秋初めて見たカシラダカです。

カシラダカ(Rustic Bunting)はスカンジナビア半島からカムチャッカ半島までのユーラシア大陸高緯度地域と、アリューシャン列島で繁殖し、冬季、中国東部から日本にかけて越冬する体長約15cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、日本では冬鳥として九州以北に渡来することで知られています。

梅林で目にした冬羽のカシラダカ。和名のごとく頭頂の短い冠羽が印象的です・・・

ノスリ (24 - 27)

ノスリ (25 - 27)

ノスリ (26 - 27)

最後は先日もご紹介したジョウビタキ(Daurian Redstart)です。

今回はオスが目の前に現れ楽しませてくれました。なお、ちょっと変わった和名の由来ですが、ジョウ(尉)は銀髪を意味し、頭頂が白色のであることから名付けられています。

ジョウビタキ1

ジョウビタキ2

ジョウビタキ4

今日は山梨クラインガルテン周辺で目にした冬鳥や漂鳥たちをご紹介しましたが、日を追うごとに冬鳥たちが増えており、この先どんな鳥たちが入ってくるのか楽しみの日々が続きます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノスリとカラス

今日はお散歩カメラを携えて、山梨クラインガルテン近くを散策した際、目にしたノスリをご紹介します。

ノスリ(Eastern Buzzard)は中央・南シベリア、モンゴル、中国、日本に分布し、夏季は亜寒帯や温帯域で繁殖し、冬季は熱帯や温帯へ渡り越する体長50~60cmのタカ科ノスリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本ではすでに絶滅しているとされる亜種ダイトウノスリ(Buteo japonicus oshiroi))を除き、基亜種ノスリ(Buteo japonicus japonicus)と亜種オガサワラノスリ(Buteo japonicus toyoshimai)が生息し、亜種ノスリは、北海道、本州中部以北、四国の山地で留鳥として生息するほか、南西諸島を除く全国に冬鳥として飛来します。

そんな亜種ノスリですが、早朝、朝日を浴びアカマツのてっぺんにとまっていました。

ノスリ (11 - 27)

その後、ノスリを追い払おうとしてか、どこからともなく1羽のハシブトガラスがやってきノスリにちょっかいを出し始めました・・・

ノスリ (10 - 27)

そんなカラスに嫌気がさしたのか、突然飛び出したノスリ。さすが猛禽、飛び出しの姿は迫力があります・・・

ノスリ (12 - 27)

ノスリ (13 - 27)

ノスリ (14 - 27)

ノスリ (16 - 27)

ノスリ (19 - 27)

その後、ハシブトガラスに執拗に追跡されるノスリ。

ノスリ (20 - 27)

ノスリ (21 - 27)

ノスリ (22 - 27)

今日はハシブトガラスに追い出されたノスリをご紹介しましたが、今回のノスリに限らずオオタカやトビなど、本来はカラスより強いと思われる猛禽たちも度々カラスに追われる光景を目にします。彼らにとってはカラスといえども、執拗な攻撃により最も大切は羽根や体が傷つくことを恐れているものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミズキの実にやって来たイカル

昨日の続きで、今日は同じく高原の森で目にしたイカルをご紹介します。

イカル(Japanese Grosbeak)はロシア東部の沿海州方面から日本にかけて繁殖し、北方の個体は冬季に中国南部に渡り越冬する体長約23cmのアトリ科イカル属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖する亜種イカル(Eophona personata personata)が留鳥または漂鳥として分布し、北日本の個体は冬季、本州以南の暖地に移動するようです。

たわわに実ったミズキの実にやって来たイカル。額から頭頂、腮から目先は青色光沢のある黒色で、ひときわ大きな嘴は黄色でインパクトがあります。

イカル1

夢中でミズキの実を食べるイカル。

イカル2

イカル3

イカル5

イカル7

イカル8

イカル9

今日はこの時期、高原の森にやって来たイカルをご紹介しましたが、イカルというこのちょっと変わった名前は、鳴き声が「イカルコキー」と聞こえるからとも言われていますが、その真偽のほどは定かではないようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカゲラとカケス

バンクーバーの鳥たちの途中ですが、山梨クラインガルテンから少し足を延ばし高原の森を散策しましたので、今日はその時目にしたアカゲラとカケスをご紹介します。

最初は突然目の前の木にやって来たアカゲラです。

アカゲラ(Great spotted Woodpecker)はヨーロッパ、北アフリカの一部、ロシア、モンゴル、オホーツク、カムチャツカ半島、中国北東部、朝鮮半島、日本、ミャンマー、インドシナ半島北部に分布する体長約24cmのキツツキ科アカゲラ属の鳥ですが、分布域により15亜種に分類されており、日本では、①北海道に亜種エゾアカゲラが、②本州、四国に亜種アカゲラが留鳥として周年生息するほか、③アジア大陸北部・樺太に生息する亜種ハシブトアカゲラが春秋の渡りの時期に日本海の離島(見島、舳倉島)で観察されています。

こちらは後頭部が黒色の亜種アカゲラのメス。

アカゲラ1

アカゲラ2

その後、その近くに亜種カケスもやって来ました。

カケス(Eurasian Jay)はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて広く分布する体長32~35cmのカラス科カケス属の留鳥ですが、分布域により34亜種に分類されており、日本では4亜種が分布し、そのうち本州から九州にかけては亜種カケス(Garrulus glandarius japonicus)が分布しています。

アカゲラ3

その後、アカゲラのメスは飛び立ってしまいましたが、代わりに後頭部が赤色なオスのアカゲラがやって来ました。

アカゲラ10

アカゲラ5

アカゲラ11

今日はアカゲラとカケスのツーショットをご紹介しましたが、普段は警戒心の強いカケスも、先にアカゲラがいたせいか心なしか安心しているように見受けられました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ホシワキアカトウヒチョウ

昨日の続きで、今日はバンクーバーで目にしたホシワキアカトウヒチョウをご紹介します。

ホシワキアカトウヒチョウ(Spotted Towhee)はカナダ南西部からアメリカ、メキシコ、グアテマラにかけて分布する体長約21cmのホオジロ科トウヒチョウ属の鳥で、分布域により実に21亜種に分けられており、今回目にしたのはカナダ南西部からアメリカ・オレゴン州南西部にかけて分布する亜種Pipilo maculatus oregonusと思われました。また、ちょっと変わった名前の由来ですが、ホシワキアカは脇腹が赤茶色で暗黒色の背面に白色の斑点模様があることから、また、トウヒは英名(鳴き声から命名?)をそのまま命名したものと思われます。

スタンレーパークで目にしたホシワキアカトウヒチョウのオス。

ホシワキアカトウヒチョウ1

ホシワキアカトウヒチョウ2

ホシワキアカトウヒチョウ3

ホシワキアカトウヒチョウ4

こちらは頭部から胸、背面、尾羽がオスに比べ褐色みを帯びていることからメスと思われます。

ホシワキアカトウヒチョウ5

ホシワキアカトウヒチョウ6

ホシワキアカトウヒチョウ7

今日はバンクーバーで目にしたホシワキアカトウヒチョウをご紹介しましたが、それにしても分布域により21亜種に分類されているということは、それぞれの生息域ではあまり移動せず留鳥化することにより、それぞれ独自の進化(分化)をしてきたということでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミヤマシトド

昨日の続きで、今日はバンクーバーで目にしたミヤマシトドをご紹介します。

ミヤマシトド(White-crowned Sparrow)はアラスカ、カナダ、アメリカ北部と西部で繁殖し、冬季はアメリカ南西部からメキシコに渡り越冬する体長16~17cmのホオジロ科ミヤマシトド属の鳥で、全部で5亜種に分かれており、今回目にしたのはカナダ南西部とアメリカ北西部で繁殖し、冬季はアメリカ南西部で越冬する亜種Zonotrichia leucophrys pugetensisと思われました。なお、日本では迷鳥として北海道、本州、飛島、舳倉島、四国、見島、九州で記録があるようです。

ライフェル保護区で目にしたミヤマシトドの第1回冬羽と思われる個体。全体的に褐色みを帯び、頭央線、頭側線は褐色で、眉斑は淡褐色。嘴、足は橙褐色なのが特徴のようです。

ミヤマシトド6

ミヤマシトド7

ミヤマシトド8

ミヤマシトド9

こちらはスタンレーパークで目にしたミヤマシトド。

ミヤマシトド10

今日は第1回冬羽と思われるミヤマシトドをご紹介しましたが、以前、3月に当地を訪れた時には美しい夏羽個体を見ることができました。美しさという点ではやはり夏羽に軍配が上がりますが、野鳥の生態を知る上では冬羽も価値があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ゴマフスズメ、イエスズメ

昨日に続き、今日は同じくバンクーバーで目にしたゴマフスズメとイエスズメをご紹介します。

最初はゴマフスズメです。

ゴマフスズメ(Fox Sparrow)は従来、アリューシャン列島からアラスカ、カナダ、北アメリカの西部で繁殖し、冬季は北アメリカの南部からメキシコ北部へ移動し越冬する体長17~18cmのホオジロ科ゴマフスズメ属の鳥として知られていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では本種を以下の4種に分離独立させており、今回目にしたの分布域から考え、Sooty Fox Sparrow(ゴマフスズメ)7亜種のうち、アラスカ南東部からアメリカ北西部の海岸線で繁殖し、カナダ・ブリティッシュコロンビア州南西部からカリフォルニアにかけて越冬する亜種Passerella unalaschcensis fuliginosaと思われました。

・Red Fox Sparrow(2亜種)・・・アラスカ北東部・中央部からカナダ東部で繁殖し、アメリカ中南部・東南部で越冬
・Sooty Fox Sparrow(ゴマフスズメ:7亜種)・・・アリューシャン列島、アラスカ南西部、カナダ北西部で繁殖し、カナダ南西部からカリフォルニア南部で越冬
・Slate-colored Fox Sparrow(5亜種)・・・カナダ南西部からアメリカ中西部で繁殖し、カリフォルニアとアリゾナ南部で越冬
・Thick-billed Fox Sparrow・・・オレゴン南西部、カリフォルニアで繁殖し、カリフォルニア南部からメキシコ北西部で越冬

なお、ゴマフスズメは日本では迷鳥として1935年に栃木県、1985年に北海道で記録されています。

ライフェル保護区で目にしたゴマフスズメ。頭部から体上面は灰褐色。顎線、胸、脇に灰褐色の斑が密集しているのが特徴で、和名はこのゴマフ状の斑から名付けられたようです。

ゴマフスズメ1

ゴマフスズメ2

次はイエスズメです。

イエスズメ(House Sparrow)は南極を除く全大陸に分布する体長14~16cmのスズメ科スズメ属の鳥で、世界一分布域の広い鳥類として知られていますが、東アジアは分布の空白域になっており、朝鮮半島、日本、台湾、フィリピン、インドネシアには自然分布していません。なお、イエスズメは分布域により12亜種に分類されており、今回目にしたのはヨーロッパ西部・北部からアジア北部、シベリア北東部にかけて自然分布し、南北アメリカ、アフリカ南部、オーストラリアに移入された亜種Passer domesticus domesticusと思われます。なお、日本では迷鳥として北海道、利尻島、天売島、舳倉島、見島で記録があり、利尻島ではスズメと交雑し繁殖した記録があるようです。

ライフェル保護区で目にしたイエスズメのオス。スズメとよく似ていますが、額から後頸が灰色で眼の後方に小さい白斑があり、眼先から眼の後方、腮から胸は黒色なのが特徴です。

イエスズメ2

こちらはメス。頭頂、頬以下の体下面は灰褐色で、淡黄褐色の眉斑があるのが特徴です。

イエスズメ1

今日はバンクーバーで目にしたゴマフスズメとイエスズメをご紹介しましたが、中でもゴマフスズメについては近年IOCでは4種に分離しており、常に最新のリストを見ておく必要を感じさせられました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ウタスズメ

昨日の続きで、今日は同じくバンクーバーで目にしたウタスズメをご紹介します。

ウタスズメ(Song Sparrow)はアリューシャン列島からアラスカ、カナダ、北アメリカ、メキシコ中部にかけて広く分布する体長約16cmのホオジロ科ウタスズメ属の鳥で、分布域により実に24亜種に分かれており、今回目にしたのは分布域から考え、カナダ・ブリティッシュコロンビア州中・南西部からアメリカ・オレゴン州北西部にかけて分布する亜種Melospiza melodia morphnaと思われました。また、本種は日本では迷鳥として2007年に山口県見島で1例記録があるのみです。

スタンレーパークで目にしたウタスズメ。頭側線、眼の後方、翼、尾は茶褐色で、汚白色の体下面に黒褐色の縦斑があるのが特徴です。

ウタスズメ20

ウタスズメ21

ウタスズメ22

ウタスズメ24

ウタスズメ25

ウタスズメ26

こちらは赤い実を食べにきたウタスズメの若い個体。

ウタスズメ14

ウタスズメ15

ウタスズメ16

今日は日本では過去1例しか記録のないウタスズメをご紹介しましたが、やはり北米の鳥、訪れたバンクーバーの公園などではごく普通に見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アメリカズグロカモメ

昨日の続きで、今日は同じくバンクーバーで目にしたアメリカズグロカモメの幼鳥と思われる個体をご紹介します。

アメリカズグロカモメ(Franklin's Gull)はカナダ中南部からアメリカ北部で繁殖し、冬季は中央アメリカ・南アメリカ西海岸へ渡り越冬する体長約36cmのカモメ科カモメ属の鳥で、日本では迷鳥として本州以南で数例の報告があるようです。

スタンレーパークの池で遠くに浮かんでいたアメリカズグロカモメの幼鳥と思われる個体(右側)。左側のやや大きいカモメは丸みを帯びた頭の形などからするとカルフォルニアカモメでしょうか・・・

アメリカズグロカモメ0

更に大きくトリミングしてみました。背からの上面は暗褐色ですが、頭部と顔は頭巾状に黒褐色斑で覆われています。

アメリカズグロカモメ1

アメリカズグロカモメ2

今日はアメリカズグロカモメの幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、今度は是非、成鳥の夏羽個体を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる