FC2ブログ

ホシワキアカトウヒチョウ

昨日の続きで、今日はバンクーバーで目にしたホシワキアカトウヒチョウをご紹介します。

ホシワキアカトウヒチョウ(Spotted Towhee)はカナダ南西部からアメリカ、メキシコ、グアテマラにかけて分布する体長約21cmのホオジロ科トウヒチョウ属の鳥で、分布域により実に21亜種に分けられており、今回目にしたのはカナダ南西部からアメリカ・オレゴン州南西部にかけて分布する亜種Pipilo maculatus oregonusと思われました。また、ちょっと変わった名前の由来ですが、ホシワキアカは脇腹が赤茶色で暗黒色の背面に白色の斑点模様があることから、また、トウヒは英名(鳴き声から命名?)をそのまま命名したものと思われます。

スタンレーパークで目にしたホシワキアカトウヒチョウのオス。

ホシワキアカトウヒチョウ1

ホシワキアカトウヒチョウ2

ホシワキアカトウヒチョウ3

ホシワキアカトウヒチョウ4

こちらは頭部から胸、背面、尾羽がオスに比べ褐色みを帯びていることからメスと思われます。

ホシワキアカトウヒチョウ5

ホシワキアカトウヒチョウ6

ホシワキアカトウヒチョウ7

今日はバンクーバーで目にしたホシワキアカトウヒチョウをご紹介しましたが、それにしても分布域により21亜種に分類されているということは、それぞれの生息域ではあまり移動せず留鳥化することにより、それぞれ独自の進化(分化)をしてきたということでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる