FC2ブログ

チョウゲンボウもやって来ました

毎年、冬になるとクラインガルテン近くに姿を見せるチョウゲンボウですが、今年一番の冷え込みの朝、今年もその姿を見せてくれました。

チョウゲンボウ(Common Kestrel)はユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布するハヤブサ科ハヤブサ属の猛禽で、分布域により11亜種に分類されており、寒冷地で繁殖した個体は冬季に南方へ渡り越冬することが知られています。日本ではヒマラヤから日本、インドシナにかけて繁殖し、冬季、東アジア、南アジア、フィリンピンに渡り越冬する亜種チョウゲンボウ(Falco tinnunculus interstinctus)が主に北海道、本州中部以北で繁殖(西日本では主に冬鳥)しているほか、シベリア北東部、中国北東部、朝鮮半島で繁殖する亜種チョウセンチョウゲンボウ(Falco tinnunculus perpallidus)が冬季、稀に渡来することが知られています。

ガルテン近くの農耕地わきの電柱にとまり、獲物を探していた亜種チョウゲンボウのメス。

名称未設定 (6 - 24)

名称未設定 (7 - 24)

名称未設定 (5 - 24)

遠くから撮影していたのですが、こちらに気付いたのか、ちょっと目を離した隙に飛び出しました。あいにく逆光で鮮明な写真が撮れません・・・

名称未設定 (1 - 24)

名称未設定 (2 - 24)

名称未設定 (3 - 24)

今日は今年もクラインガルテン近くの農耕地に姿を見せてくれたメスのチョウゲンボウをご紹介しましたが、これから春先にかけては、オスも含め、私たちの目を楽しませてくれるものと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ