FC2ブログ

エトピリカ

昨日の続きで、今日は同じく北太平洋クルーズで目にしたエトピリカをご紹介します。

エトピリカ(Tufted Puffin)はオホーツク海とベーリング海沿岸、千島列島、アリューシャン列島等の島嶼で繁殖し、冬季はやや南側の海域で越冬する体長約39cmのウミスズメ科ツノメドリ属の海鳥で、日本では北海道ユルリ島、モユルリ島、霧多布小島で少数が繁殖し周辺海域で見られるほか、冬季は本州北部以北の海上で見られ、ツノメドリ同様、早春の能登沖でも少数が観察されているようです。

アリューシャン列島に入り何度も目にするようになった冬羽に換羽中のエトピリカ。この個体はまだ夏羽がかなり残っていますが、眼の上から垂れ下がる黄白色の房状の飾り羽はかなり短くなっています。

エトピリカ30

こちらはかなり冬羽になってきた個体。眼の周辺がまだら状に褐色みを帯び、飾り羽もなくなっています。

エトピリカ37

エトピリカ35

エトピリカ14

エトピリカ17

エトピリカ18

エトピリカ19

エトピリカ21

こちはエトピリカの幼鳥。体上面は暗褐色で、眼の周囲と体下面はやや淡色。嘴は細く、黒みを帯びたオレンジ色をしています。

エトピリカ40

エトピリカ41

エトピリカ43

今日はクルーズ中、何度も目にしたエトピリカをご紹介しましたが、冬羽に移行中のこの時期はいろいろな段階の個体を見ることができ、そういう意味では貴重な体験をすることができました。なお、繁殖地のエトピリカについては、以前訪れたアラスカ・セントポール島の記事をご参考までにご紹介します・・・

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1068.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる