FC2ブログ

ルリビタキのオス&メス

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの丘陵で目にしたルリビタキをご紹介します。

先日もご紹介したルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、先日の雪がまだ少し残る谷戸では、その愛嬌ある愛らしい姿を見せてくれました。こちらは風切外弁にまだ褐色みが残っているオス。すべてが青色になるには4年以上かかると言われていますが、この個体は何年目ぐらいでしょうか?

4S3A1687.jpg

4S3A1717.jpg

4S3A1722.jpg

4S3A1731.jpg

4S3A1742.jpg

4S3A1739.jpg

こちらは腰と尾羽だけに青色みがあるメス。先ほどのオスとは100mも離れていない場所にいましたが、それぞれが縄張りを持って生活しているようでした。

4S3A1608.jpg

4S3A1610.jpg

4S3A1611.jpg

4S3A1621.jpg

今日はルリビタキのオスとメスをご紹介しましたが、英名は「脇が赤色で尾が青色」という特徴から名付けられていますが、オス、メス両者に共通するその特徴をよく表していると思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる