FC2ブログ

キビタイコノハドリ

タイシリーズの続きで、今日はキビタイコノハドリをご紹介します。

キビタイコノハドリ(Golden-fronted Leafbird)はインド、スリランカ、ヒマラヤ東部、中国南西部から東南アジアにかけ広く分布する体長18~19cmのコノハドリ科コノハドリ属の鳥で、全部で6亜種に分かれており、今回目にしたのはタイ、カンボジア、ベトナム南部に分布する亜種Chloropsis aurifrons inornataと思われます。名前のごとく全身木の葉のような黄緑色で、額に鮮やかな黄斑があるのが特徴です。

ケンガチャン国立公園近くのロッジで目にしたキビタイコノハドリのオス。オスでは目先から喉にかけ濃藍色の斑があるのが特徴です。

キビタイコノハドリ2

キビタイコノハドリはバナナが好物のようで、盛んに果肉を突いていました。

キビタイコノハドリ6

キビタイコノハドリ5

キビタイコノハドリ3

キビタイコノハドリ8

キビタイコノハドリ1

キビタイコノハドリ7

かってはコノハドリ科のコノハドリ属、ルリコノハドリ属、ヒメコノハドリ属に分類されていたコノハドリの仲間ですが、現在、それぞれ属が科として分類され、コノハドリ科(Chloropsis)、ルリコノハドリ科(Irenidae)、ヒメコノハドリ科(Aegithinidae) の3科となっています。そのうち、コノハドリ科の鳥が木の葉と同じ全身黄緑色の羽色であるのに対し、ルリコノハドリ科は青色、ヒメコノハドリ科は黄色であり、そういう意味ではコノハドリ科の鳥だけが英名でLeafbirdというのも何となく納得がいきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる