FC2ブログ

巣材運びに忙しいイワツバメ

今日は散歩の途中目にしたイワツバメをご紹介します。

イワツバメ(Asian House Martin)はヒマラヤからシベリア中南部、中国、朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季、インド、東南アジア、大スンダ列島、フィリピンなどに渡り越冬する体長約13cmのツバメ科イワツバメ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはシベリア中南部から中国北東部、朝鮮半島、日本で繁殖し、冬季は大スンダ列島、フィリピンなどに渡り越冬する基亜種イワツバメ(Delichon dasypus dasypus)が夏鳥として北海道から九州にかけて渡来するほか、西日本では越冬する個体もいるようです。

クラインガルテン近くの田圃で目にしたイワツバメ。例年、この近くにある長いコンクリート橋で営巣しており、今回もその巣材である泥をせっせと採取しているようでした。

20180517-DSC05952.jpg

泥を口に咥え、次々に飛び出していくイワツバメ。特徴である腰の白色部分が印象的です・・・

20180517-DSC05953.jpg

20180517-DSC05959.jpg

20180517-DSC05965.jpg

20180517-DSC05967.jpg

20180517-DSC05980.jpg

コンクリート橋に向かって飛翔するイワツバメ。

20180517-DSC05859.jpg

20180517-DSC05863.jpg

今日は巣作りに忙しいイワツバメをご紹介しましたが、昨日のオオヨシキリもそうですが、遠く離れたファイリピンや大スンダ列島から繁殖のためはるばると日本にやって来てくれたことを考えると、無事、子育てを成功させ、来年も元気な姿を見せてほしいと思わずにはいられません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

散歩の途中目にしたオオヨシキリ

今日はクラインガルテンで、散歩の途中目にしたオオヨシキリをご紹介します。

オオヨシキリ(Oriental Reed Warbler)は夏季にはモンゴル中部、ロシア南東部から中国北部・東部、朝鮮半島、日本で繁殖し、冬季は東南アジア、オーストラリアに渡り越冬する体長約18cmのヨシキリ科ヨシキリ属の鳥で、日本では夏鳥として九州以北の葦原などに渡来することが知られています。

ガルテン近くの田圃横の葦原で目にしたオオヨシキリ。オオヨシキリは「ギョギョシ ギョギョシ」と大きな声で囀るため、遠くからでもすぐに分かります・・・

20180517-DSC05723.jpg

嘴を上に向け、大きく喉を膨らませて囀るオオヨシキリ。

20180517-DSC05736.jpg

20180517-DSC05748.jpg

20180517-DSC05753.jpg

20180517-DSC05825.jpg

大きく口を開けると、口内が鮮やかな橙色であることがよく分かります・・・

20180517-DSC05823.jpg

今日は散歩の途中目にしたオオヨシキリをご紹介しましたが、この時期、繁殖のため東南アジアなどからはるばる来てくれたことを考えると、何とか無事子育てを成功させ、来年もまた元気な姿を見せてほしいと願うばかりです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

山では夏鳥のアカハラ

夏鳥シリーズの続きで、今日はアカハラをご紹介します。

アカハラ(Brown-headed Thrush)はサハリン、千島、日本で繁殖し、冬季は日本、台湾、中国南東部、フィリピンに渡り越冬する体長約24cmのヒタキ科ツグミ属の鳥で、分布域により次の2亜種に分かれています。①基亜種アカハラ(Turdus chrysolaus chrysolaus)は北海道から本州中部で繁殖し、冬季になると本州中部以西や中国南東部、台湾、フィリピン北東部へ南下し越冬。また、これとは別の②亜種オオアカハラ(Turdus chrysolaus orii)はサハリン、南千島で繁殖し留鳥とされていますが、冬季、本州や南西諸島でも越冬することがあるため、冬場に見られるアカハラはどちらの亜種なのか識別が必要となります。

林道わきで目にした亜種アカハラのオス成鳥。顔に黒みがあり、全体的に暗色であることから最初見たときには亜種オオアカハラかとも思いましたが、亜種オオアカハラであれば顔がもう少し黒く、嘴もやや太く長く、蹠もやや長く太いことから、やはり亜種アカハラと思われます。

20180502-KX0A6997.jpg

20180502-KX0A7000.jpg

この写真では跗蹠が長くないことが分かります。

20180502-KX0A7013.jpg

今日は亜高山帯で目にした亜種アカハラのオス成鳥をご紹介しましたが、初夏に本州中部以北の山地にやって来るアカハラは亜種アカハラと考えて、ほぼ間違いなさそうです・・・


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コマドリ

夏鳥シリーズの続きで、今日はコマドリをご紹介します。

コマドリ(Japanese Robin)は英名からも分かるように、夏季に日本の九州以北、サハリン、南千島で繁殖し、冬季になると中国南部へ南下し越冬する亜種コマドリのほか、伊豆諸島、種子島、屋久島に分布する亜種タネコマドリの2亜種の存在が知られています。そんな亜種コマドリですが、今年もまた繁殖ため日本にやってきてくれました。

林道わきに姿を見せてくれたコマドリのオス。頭頂から体上面は橙褐色で、額から顔、胸が赤橙褐色。胸は黒灰色で腹以下はやや淡い灰黒色なのが特徴です。

20180502-KX0A6945.jpg

20180502-KX0A6931.jpg

20180502-KX0A6937.jpg

20180502-KX0A6964.jpg

20180502-KX0A6973.jpg

20180502-KX0A6950.jpg

20180502-KX0A6894.jpg

今日は移動の途中に立ち寄った林道わきのコマドリをご紹介しましたが、鳴き声、容姿ともに美しいコマドリはやはり年に一度は会っておきたい魅力的な鳥です・・・


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

美しいコルリ

昨日の続きで、今日は同じく夏鳥、コルリをご紹介します。

コルリ(Siberian Blue Robin)は夏季にはシベリア、モンゴルから中国北東部、朝鮮半島、樺太、千島列島、日本などで繁殖し、冬季は中国南部や東南アジアへ南下し越冬する体長13.5~14.5cmのヒタキ科の鳥で、従来はノゴマ属に分類されていましたが、近年、IOC(国際鳥類学会議)ではコマドリ属に変更しており、亜種についても3亜種に分類し、日本にやって来る亜種は樺太、千島列島、日本で繁殖するLarvivora cyane nechaeviとしています。

山の水場に現れたコルリのオス。種小名cyane(暗青色の意)のごとく上面は暗青色で、下面が白い羽毛で覆われ、そのコントラストが実に美しいです。

20180502-KX0A7041.jpg

20180502-KX0A7042.jpg

20180502-KX0A7038.jpg

今日は山の水場にやって来たコルリをご紹介しましたが、日本に渡来するコルリは日本鳥類目録改訂第7版では亜種Luscinia cyane bochaiensisとされていますが、IOCの最新分類によれば別亜種Larvivora cyane nechaevi(コマドリ属に変更のため属名Lusciniaは属名Larvivoraに変更)とされています。亜種としてはどちらが正しいのでしょうか?次期改訂版での結果が待たれます・・・


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ナルシストなキビタキ

夏鳥の続きで、今日は山の水場で目にしたキビタキをご紹介します。

キビタキ(Narcissus Flycatcher)はサハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオなど東南アジアへ渡り越冬するヒタキ科キビタキ属の鳥で、分布域により以下の3亜種に分類されていますが、
①夏鳥としてサハリンや日本全土で繁殖する基亜種キビタキ(Ficedula narcissina narcissina)
②屋久島から南西諸島にかけて分布する亜種リュウキュウキビタキ(Ficedula narcissina owstoni)
③夏鳥として中国東北部の河北省で繁殖し、タイやマレー半島で越冬する亜種キムネビタキ (Ficedula narcissina elisae)
現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種キムネビタキを別種キムネビタキ(Green-backed Flycatcher、Ficedula elisae)として独立させていますので、それに従えば2亜種ということになります。

今年も姿を見せてくれた亜種キビタキのオス。学名、英語はともに「水仙」を意味しますが、これは美少女ナルシスが自分の姿に見とれて泉の近くで水仙になったというギリシャ神話に由来しているとかで、まさにナルシスト的なキビタキの生態をよく捉えた名前といえます。

20180502-KX0A7135.jpg

20180502-KX0A7068.jpg

20180502-KX0A7072.jpg

20180502-KX0A7063.jpg

地面に降りたキビタキ。

20180502-KX0A7091.jpg

20180502-KX0A7102.jpg

20180502-KX0A7106.jpg

今日は夏鳥を代表するキビタキをご紹介しましたが、彼らがやってくると新緑の森が急に華やかになってきます・・・


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

高原のクロツグミ

夏鳥真っ盛りの時期になってきましたが、今日は高原の森で目にしたクロツグミをご紹介します。

クロツグミ(Japanese Thrush)は夏季には主に日本の本州中部以北や中国の長江中流域などで繁殖し、冬季は中国南部や東南アジアに渡って越冬する体長21~22cmのヒタキ科ツグミ属の鳥ですが、西日本では一部越冬する個体もいるようです。

今年もこの森にやって来てくれたクロツグミのオス。この鳥に出会うと夏の到来を感じさせてくれます。

20180501-KX0A6473.jpg

20180501-KX0A6443.jpg

20180501-KX0A6483.jpg

20180501-KX0A6488.jpg

20180501-KX0A6609.jpg

地面に降り、盛んに餌を探していた別のオス。

20180501-KX0A6618.jpg

20180501-KX0A6629.jpg

20180501-KX0A6636.jpg

今年も高原の森にやって来たクロツグミをご紹介しましたが、英名からも分かるように日本を主な繁殖地とするクロツグミは容姿、囀りともに素晴らしく、この鳥に出会うと思わず嬉しくなってしまいます・・・


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アリスイ

南西諸島シリーズの続きで、今日はアリスイをご紹介します。

アリスイ(Eurasian Wryneck)はヨーロッパから極東アジアの中緯度地域で繁殖し、冬季、北東アジア、南アジア、東南アジア、アフリカに渡り越冬する体長約18cmのキツツキ科アリスイ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、従来、日本では夏鳥として北海道と東北地方の一部に渡来し、冬季は本州中部以西で越冬する亜種アリスイ(Jynx torquilla japonica)のほか、亜種シベリアアリスイ(Jynx torquilla chinensis)も渡来するとされていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種Jynx torquilla japonicaを亜種Jynx torquilla chinensisに吸収させているようです。

トカラ列島で目にしたアリスイ。全身灰褐色で黒褐色や茶褐色の細かい複雑な斑があり、後頭から背にかけて黒褐色の縦斑があるのが特徴です。

20180418-KX0A4458.jpg

20180418-KX0A4456.jpg

20180418-KX0A4468.jpg

20180418-KX0A4479.jpg

20180418-KX0A4447.jpg
ご訪問ありがとうございました。

今日はトカラ列島で目にしたアリスイをご紹介しましたが、当地に立ち寄ったアリスイは越冬地の東南アジアから、繁殖地である中国中部、北東部、シベリア東部などへの渡りの途中に立ち寄った個体と思われ、いわゆる従来の亜種シベリアアリスイ(Jynx torquilla chinensis)と言われるものかも知れませんが、IOCの分類に従えば、どのみちシベリアアリスイということになってしまいます・・・


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

リュウキュウツバメ

南西諸島シリーズの続きで、今日はリュウキュウツバメをご紹介します。

リュウキュウツバメ(Pacific Swallow)はアジア南東部からニューギニア、ソシエテ諸島(南太平洋)にかけて分布する体長約14cmのツバメ科ツバメ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、日本では亜種リュウキュウツバメ(Hirundo tahitica namiyei)が留鳥として奄美大島以南から台湾にかけて分布しています。

奄美大島の田園地帯で目にしたリュウキュウツバメ。額、腮から胸は赤褐色で、胸以下の体下面は灰褐色で、尾は短く、浅い凹尾なのが特徴です。

20180422-KX0A5287.jpg

20180422-KX0A5294.jpg

20180422-KX0A5302.jpg

20180422-KX0A5312.jpg

20180422-KX0A5313.jpg

今日は奄美大島以南に留鳥として分布するリュウキュウツバメをご紹介しましたが、本種の分布は局地的であり、どこでも見られるわけではなさそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

リュウキュウサンショウクイ

南西諸島シリーズの続きで、今日はリュウキュウサンショウクイをご紹介します。

従来、サンショウクイ(Ashy Minivet)は①シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、日本から台湾で繁殖し、冬季、東南アジアで越冬する亜種サンショウクイと、②本州、四国、九州、南西諸島に留鳥として分布する亜種リュウキュウサンショウクイの2亜種に分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種リュウキュウサンショウクイをサンショウクイから独立させ、別種リュウキュウサンショウクイとしています。

奄美大島の田園地帯で目にしたリュウキュウサンショウクイのメスと思われる個体。頭部からの体上面はサンショウクイよりも暗色で、額から眉斑の白色部が狭く、胸以下の体下面も灰褐色をしています。

20180422-KX0A5329.jpg

20180422-KX0A5331.jpg

20180422-KX0A5340.jpg

今日は近年、サンショウクイから分離独立したリュウキュウサンショウクイをご紹介しましたが、従来よりサンショウクイと同所的にいる地域で交雑例がないことからリュウキュウサンショウクイを独立種とする考え方もあったようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカガシラサギの飛翔

南西諸島シリーズの続きで、今日はトカラ列島で目にしたアカガシラサギをご紹介します。

アカガシラサギ(Chinese Pond Heron)はミャンマー東部からタイ、インドシナ、中国南東部、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、台湾、日本などに分布する体長約45cmのサギ科アカガシラサギ属の鳥で、夏季に中国中東部で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬。日本では冬季に越冬のため主に南西諸島に少数が飛来するほか、他の地域でも渡りの途中に飛来することが知られています。

島の海岸線で目にした夏羽のアカガシラサギの飛翔。夏羽では頭部から後頸が赤褐色で長い冠羽があり、嘴基部も婚姻色で青みを帯びています。

20180421-KX0A5082.jpg

飛翔時には白い翼がよく目立ちます・・・

20180421-KX0A5083.jpg

20180421-KX0A5084.jpg

20180421-KX0A5085.jpg

20180421-KX0A5086.jpg

20180421-KX0A5087.jpg

20180421-KX0A5088.jpg

20180421-KX0A5089.jpg

20180421-KX0A5090.jpg

今日は夏羽のアカガシラサギをご紹介しましたが、夏羽のアカガシラサギは頭部から後頸、胸が赤褐色で、白色の翼との対比が実に鮮やかで、見る者の心を引き付けます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロサギ(黒色型・白色型)

南西諸島シリーズの続きで、今日はクロサギの黒色型と白色型をご紹介します。

クロサギ(Pacific reef Heron)は東アジア、東南アジアからオーストラリア、ニュージーランド、ミクロネシアにかけて分布する体長約62cmのサギ科コサギ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では基亜種クロサギ(Egretta sacra sacra)が留鳥として本州以南に分布していますが、東北地方以北では夏鳥で、北海道では迷鳥だそうです。また、クロサギには黒色型と白色型があり、黒色型が一般的ですが、南西諸島以南では白色型が増えているそうです。

奄美大島のロッジ近くの汽水湖で目にした黒色型のクロサギ。全身が独特の青灰黒色をしており、羽衣の美しさを感じさせます。

20180424-4S3A0140.jpg

20180424-4S3A0148.jpg

20180424-4S3A0155.jpg

湖面を低空飛翔するクロサギ。

20180424-4S3A0166.jpg

20180424-4S3A0170.jpg

こちらは海岸線で目にした白色型のクロサギ。カラシラサギにも似ていますが、クロサギは冠羽や飾り羽が短く、嘴は太く、足は短いのが特徴です。

20180424-4S3A0220.jpg

20180424-4S3A0222.jpg

20180424-4S3A0225.jpg

20180424-4S3A0226.jpg

今日は奄美大島で目にした黒色型と白色型のクロサギをご紹介しましたが、このように羽衣の色が異なるのは周りの環境に適応した結果と考えられており、黒色型は九州以北に多い黒い岩場に適応し、白色型は南西諸島に多い白い砂浜・サンゴ礁に適応したためと考えられているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種カラスバト

南西諸島シリーズの続きで、今日は亜種カラスバトをご紹介します。

カラスバト(Japanese Wood Pigeon)は日本と朝鮮半島南部の海岸、済州島、鬱陵島にのみ分布する体長約40cmのハト科カワラバト属の鳥で、日本では留鳥として本州中部以南の島嶼に分布し、春秋の渡りの時期には日本海側の離島で観察されることが多いことで知られています。なお、カラスバトは以下の3亜種が認められており、①亜種カラスバト(本州中部以南の島嶼、朝鮮半島南部の海岸と島嶼)、②亜種アカガシラカラスバト(小笠原諸島、硫黄列島)、③亜種ヨナグニカラスバト(先島諸島)、今回トカラ列島で目にしたのは亜種カラスバトでした。

道路わきの樹木にとまっていた亜種カラスバト。全身黒色で、キジバトより大きく、体のわりに頸は長く、頭は小さく見え、頭部、後頸、背には赤紫色、頸と胸には緑色の金属光沢があるのが特徴です。

20180420-KX0A5016.jpg

突然飛び出しました・・・

20180420-KX0A5017.jpg

20180420-KX0A5018.jpg

今日は本州中部以南の島嶼、朝鮮半島南部の海岸と島嶼に分布する亜種カラスバトをご紹介しましたが、カラスバトが主に島嶼や海岸に分布するのは食性が植物食傾向の強い雑食であり、海岸や島嶼の常緑広葉樹林に成る果実や花などを主食としていることと関係があるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種ズアカアオバト

南西諸島シリーズの続きで、今日は亜種ズアカアオバトをご紹介します。

ズアカアオバト(Whistling Green Pigeon)は屋久島から南西諸島、台湾、フィリピン北部に分布する体長約35cmのハト科アオバト属の鳥で、全部で4亜種に分かれており、日本には亜種ズアカアオバト(屋久島、種子島、トカラ列島、奄美大島、沖縄諸島)と亜種チュウダイズアカアオバト(先島諸島)の2亜種が生息してり、両者の違いは体の大きさで、亜種ズアカアオバトの方が一回り大きいようです。なお、和名の由来ですが、日本の亜種には頭の上部に赤色部分がありませんが、台湾の基亜種Treron formosae formosaeには赤色部分があることからズアカアオバトと名付けられているようです。

宿泊したロッジの裏山にやって来た亜種ズアカアオバト。右側の個体は雨覆が淡い赤紫色であることからオス、左側の個体は緑褐色であることからメスと思われます。

20180423-4S3A9899.jpg

20180423-4S3A9906.jpg

20180423-4S3A9935.jpg

20180423-4S3A9937.jpg

この小さなイチジクのような実が好物のようで、細枝にとまり美味しそうに食べていました・・・

20180423-4S3A9892.jpg

20180423-4S3A9962.jpg

20180423-4S3A9959.jpg

こちらはオスでしょうか・・・

20180422-KX0A5691.jpg

突然飛び出しました。

20180422-KX0A5694.jpg

下尾筒の暗緑褐色の軸斑が太く、印象的です・・・

20180422-KX0A5695.jpg

今日は奄美大島で目にした亜種ズアカアオバトをご紹介しましたが、英名は笛を吹くように鳴くことから名付けられており、鳴き声がアオバトとは異なり、「ボアーオ ボアーオ」と尺八に似た声で鳴くことから、一部の地域では「シャクハチバト」と呼ぶところもあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種リュウキュウコノハズク

南西諸島シリーズの続きで、今日は同じく夜の探鳥で目にした亜種リュウキュウコノハズクをご紹介します。

リュウキュウコノハズク(Ryukyu Scops Owl)は日本の南西諸島からフィリピンにかけて分布する体長約22cmのフクロウ科コノハズク属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、その内、日本では南大東島に亜種ダイトウコノハズク(Otus elegans interpositus)、筑前沖ノ島、トカラ列島以南の南西諸島には基亜種リュウキュウコノハズク(Otus elegans elegans)が分布することが知られています。

林道わきの樹上で「コホォ コホォ」と繰り返し鳴いていた亜種リュウキュウコノハズク。体長18~21cmのコノハズクよりも大きく、全身、暗褐色、赤褐色、灰褐色などの細かくて複雑な模様があるのが特徴のようです。

20180423-4S3A9975-2.jpg

20180423-4S3A9988-2.jpg

20180423-4S3A9998-2.jpg

20180423-4S3A9992-2.jpg

昨日に続き、夜の探鳥で目にした亜種リュウキュウコノハズクをご紹介しましたが、昼間にはなかなかお目にかかれないこのような鳥たちも夜には出会えるチャンスがあり、夜の探鳥は何に出会うか分からないというワクワクする魅力があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アマミヤマシギ、アマミノクロウサギ

南西諸島シリーズの続きで、今日は夜の探鳥で目にしたアマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介します。

最初はアマミヤマシギです。アマミヤマシギ(Amami Woodcock)は奄美群島及び沖縄諸島に生息する体長約36cmのシギ科ヤマシギ属の日本の固有種として知られています。奄美大島、加計呂麻島、請島、与路島、徳之島では繁殖が確認されていますが、喜界島、沖永良部島、沖縄本島、慶良間列島、久米島などでは繁殖は確認されておらず、越冬のため渡って来ていると考えられています。

暗くなった森の林道に出てきたアマミヤマシギ。アマミヤマシギは近縁種のヤマシギとよく似ていますが、体全体が赤褐色みに欠け、頭部の尖りも少なく、頭頂の黒斑は最前のものが細く、2番目から太くなるのが特徴です。

20180422-KX0A5865-2.jpg

次は鳥ではありませんが、夜の探鳥で目にしたアマミノクロウサギです。

アマミノクロウサギ(Amami Rabbit)は奄美大島、徳之島にのみ生息する体長42~51cmのウサギ科アマミノクロウサギ属の日本の固有種で、和名の通り背面は光沢のある黒や暗褐色の体毛(腹面は灰褐色)で覆われており、形態およびDNAによる分子系統学的解析、生態からウサギ科の中でも原始的形態を残した種と考えられているそうです。

道路脇で固まっていたアマミノクロウサギ。ライトの明かりのためあまり黒く見えませんが、実際はもう少し黒っぽいようです。

20180423-4S3A0018-2.jpg

こちらは別の場所で目にしたアマミノクロウサギ。道路わきの柔らかそうな草を食んでいました。

20180423-4S3A0051-2.jpg

20180423-4S3A0057-2.jpg

今日は何れも奄美の名が付く日本の固有種、アマミヤマシギとアマミノクロウサギをご紹介しましたが、先にご紹介したオーストンオオアカゲラやルリカケスをはじめ、奄美群島にはこのように固有種が多く生息しています。その理由として、南西諸島が大陸とつながっていた太古の時代に動植物が入り込み、その後、島として分離され、その島固有の姿や生態を維持してきたためと考えられています。このことは他の南西諸島の島々や伊豆諸島などに固有種が多いことと共通しているのではないかと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種オーストンオオアカゲラ

南西諸島シリーズの続きで、今日は奄美大島で目にした亜種オーストンオオアカゲラをご紹介します。

オオアカゲラ(White-backed Woodpecker)はヨーロッパ東部、スカンジナビア南部、コーカサス、シベリア南部、モンゴル、中国東北部、ウスリー地方、朝鮮半島、樺太、日本、台湾、中国東南部などに幅広く生息する体長約28cmのキツツキ科アカゲラ属の鳥で、分布域により12亜種に分けられており、そのうち、日本では4亜種(エゾオオアカゲラ、オオアカゲラ、ナミエオオアカゲラ、オーストンオオアカゲラ)が 留鳥として周年生息することが知られており、中でも奄美群島の固有亜種オーストンオオアカゲラは生息数が少なく、国の天然記念物と希少野生動植物種に指定されています。

雛に与える餌を口に咥えてやって来た亜種オーストンオオアカゲラのオス。体上面は風切の一部に小さい白斑がある以外はほとんど黒く、頭頂と腹以下の体下面は赤色で、胸脇から腹の黒褐色の縦斑は胸脇で大きくつながっています。

20180422-KX0A5451.jpg

その後、巣穴近くに降り・・・

20180422-KX0A5480.jpg

雛に餌を与えていました。

20180422-KX0A5503.jpg

20180422-KX0A5506.jpg

こちらはオスとメスが入れ替わり、今度はメスが餌を運んできました。メスのほうは頭頂が黒いのが特徴です。

20180422-KX0A5664.jpg

20180422-KX0A5662.jpg

巣穴の中の様子を覗き込んだ後・・・

20180422-KX0A5668.jpg

突然、オスが飛び出していきました。

20180422-KX0A5669.jpg

20180422-KX0A5683.jpg

今日は奄美群島の固有亜種オーストンオオアカゲラをご紹介しましたが、この貴重な種が絶えることがないよう暖かく見守っていきたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリカケス

南西諸島シリーズの続きで、今日はルリカケスをご紹介します。

ルリカケス(Lidth's Jay)は奄美大島、加計呂麻島、請島にのみ生息する体長約38cmのカラス科カケス属の固有種で、和名のごとく頭部から頸部にかけてと尾羽や翼が大変美しい瑠璃色なのが特徴です。

宿泊したロッジの裏山で目にしたルリカケス。風切と尾の先端が白色なのも本種の特徴です。

20180423-4S3A9818.jpg

20180423-4S3A9819.jpg

20180423-4S3A9822.jpg

20180423-4S3A9821.jpg

20180423-4S3A9820.jpg

今日は奄美大島周辺にのみ生息する固有種ルリカケスをご紹介しましたが、ルリカケスはその美しい羽衣と固有種ということもあり人気が高く、奄美を代表する鳥としても知られています。オオルリ、コルリ、ルリビタキなどもそうですが、日本人にとって瑠璃色の鳥は好感度が高いようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種アカヒゲ

春の渡りのこの時期、南西諸島に行ってきましたので、今日はその時目にしたアカヒゲをご紹介します。

アカヒゲ(Ryukyu Robin)は留鳥または一部夏鳥として男女群島、種子島、屋久島、南西諸島に分布する体長約14cmのヒタキ科ノゴマ属の鳥として、分布域により亜種アカヒゲ(男女群島、薩南諸島に分布し、冬季に一部が南に移動)、亜種ホントウアカヒゲ(沖縄諸島)、亜種 ウスアカヒゲ(八重山諸島)の3亜種に分類されていましたが、近年、IOC(国際鳥類学会議)ではヒタキ科コマドリ属に変更し、亜種についても亜種アカヒゲ(南西諸島北部)、亜種ホントウアカヒゲ(沖縄諸島)の2亜種に分類しています。

ガジュマルの生い茂った薄暗い森で目にした亜種アカヒゲのオス。沖縄で見られる亜種ホントウアカヒゲとは異なり、額や体側面に黒色斑が入っています。

20180418-4S3A9662.jpg

20180418-4S3A9665.jpg

20180418-4S3A9666.jpg

20180418-4S3A9671.jpg

こちらは顔から体下面が灰褐色で、黒褐色の斑がある亜種アカヒゲのメス。

20180419-4S3A9727.jpg

20180419-4S3A9729.jpg

20180418-KX0A4360.jpg

20180418-KX0A4331.jpg

今日は男女群島、種子島、屋久島、南西諸島に分布するアカヒゲの基亜種アカヒゲをご紹介しましたが、IOC(国際鳥類学会議)では従来ノゴマ属だったコマドリ、アカヒゲ、コルリ、シマゴマなど6種をコマドリ属に変更しており、日本鳥類目録の次期改訂版においては本種についても分類の見直しが検討されるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ウズラ

ベトナムシリーズの途中ですが、先日ウズラを見る機会がありましたので、今日はそんなウズラをご紹介します。

ウズラ(Japanese Quail)は夏季にモンゴル、シベリア東部、日本、朝鮮半島などで繁殖し、冬季、中国南部、東南アジアなどに渡り越冬する体長約20㎝のキジ科ウズラ属の鳥で、日本では夏鳥として本州中部以北で繁殖し、冬季、本州中部以南で越冬することが知られていますが、全国的に減少傾向にあり、見かけることが少なくなっているようです。

都市公園の水辺近くの草原で目にしたウズラ。顔は淡褐色で喉も白く、また全体的に白っぽいことからメスと思われます。

20180415-KX0A4150.jpg

20180415-KX0A4178.jpg

20180415-KX0A4170.jpg

草をかき分け、何やら草の実のようなものを食べていました・・・

20180415-KX0A4222.jpg

20180415-KX0A4223.jpg

20180415-KX0A4224.jpg

20180415-KX0A4260.jpg

今日は近年めっきり見かけることが少なくなったウズラをご紹介しましたが、日本国内の標識調査の例では北海道・青森県で繁殖した個体は主に関東地方・東海地方・紀伊半島・四国などの太平洋岸で越冬し、九州で越冬する個体は主に朝鮮半島で繁殖した個体とされているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オウチュウカッコウ

ベトナムシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるオウチュウカッコウをご紹介します。

オウチュウカッコウ(Square-tailed Drongo-Cuckoo)はヒマラヤ北西部から中国南東部、タイ、マレーシア、大スンダ列島、パラワンにかけて分布する体長約25cmのカッコウ科オウチュウカッコウ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのは ヒマラヤ北西部からインド北東部、バングラデシュ、ミャンマー、タイ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、パラワンにかけて分布する亜種Surniculus lugubris brachyurusと思われます。

カッティエン国立公園で目にしたオウチュウカッコウの成鳥。竹が被っており全身が見えませんが、よく似たオウチュウに比べ嘴が細長く湾曲しており、尾羽の切れ込みもオウチュウほど深くはありません。

オウチュウカッコウ3

さらにトリミング・・・

オウチュウカッコウ1

日本では迷鳥として過去3例しか記録がないというオウチュウカッコウですが、今回、竹の向こう側で全身は見ることができませんでしたが、何とかオウチュウカッコウと分かるその姿を目にすることができました。次回は是非、すっきりとした全身像を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スミレテリカッコウ

昨日の続きで、今日は同じくテリカッコウの仲間、スミレテリカッコウの幼鳥をご紹介します。

スミレテリカッコウ(Violet Cuckoo)はインド、東南アジアからフィリピンにかけて広く分布する体長16~17cmの小型のカッコウ科テリカッコウ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはフィリピン以外の全域で見られる基亜種Chrysococcyx xanthorhynchus xanthorhynchusと思われます。なお、オスでは頭から上面が金属光沢の濃紫色で名前の由来になっています。

カッティエン国立公園で目にしたスミレテリカッコウ。この個体は上面が赤褐色で、嘴は黒みがあり、顔から腹にかけては黒褐色の横斑があることから幼鳥と思われます。

スミレテリカッコウ2

スミレテリカッコウ1

スミレテリカッコウ5

スミレテリカッコウ6

スミレテリカッコウ8

今日はスミレテリカッコウの幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに、以前タイで目にした若いオス個体についてのブログをご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1788.html


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミドリテリカッコウ

ベトナムシリーズの続きで、今日はミドリテリカッコウをご紹介します。

ミドリテリカッコウ(Asian Emerald Cuckoo)はヒマラヤから中国中南部、マレー半島にかけて分布する体長約17cmのカッコウ科テリカッコウ属の鳥で、オスでは名前のように頭部から上面は金属光沢の美しいエメラルド色に覆われているのが特徴です。

カッティエン国立公園で目にしたミドリテリカッコウ。上面のエメラルド色がまだら模様で、頭部は灰褐色で暗色の横斑があることから幼鳥と思われます。

ミドリテリカッコウ7

幼鳥とはいえ、陽を浴びると上面のエメラルド色が光り輝きます・・・

ミドリテリカッコウ9

ミドリテリカッコウ11

ミドリテリカッコウ5

ミドリテリカッコウ6

ミドリテリカッコウ12

ミドリテリカッコウ13

カッコウ科の中で特に美しいテリカッコウ属の鳥として、東南アジアではスミレテリカッコウとミドリテリカッコウの2種が知られています。昨年訪れたタイではスミレテリカッコウのオスを目にすることができましたが、今回は幼鳥ではありますがミドリテリカッコウを目にすることができたのは大変幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメフクロウ

ベトナムシリーズの続きで、今日はヒメフクロウをご紹介します。

ヒメフクロウ(Collared Owlet)はヒマラヤから中国南部、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、台湾に分布する体長16~16.5cmのフクロウ科スズメフクロウ属の鳥で、分布域により3種に分かれており、今回目にしたのはヒマラヤから中国南部、インドシナ、マレー半島にかけて分布する基亜種Glaucidium brodiei brodieiと思われます。

ベトナム南部の登山道で目にしたヒメフクロウ。体全体がバフ色で、頭部は暗褐色の斑があり、体下面にはバフ色と白色の縞模様が見られます。

ヒメフクロウ3

ヒメフクロウ1

ヒメフクロウ7

ヒメフクロウ4

横を向いたヒメフクロウ。ヒメフクロウは頭の後ろに目のような模様があり、横を向くとこのように後ろにも顔模様が見えてきます。

ヒメフクロウ5

更に後ろを向いたところ。まるで後ろにも顔があるように見えます。

ヒメフクロウ6

今日は体長16~16.5cmと極めて小さいヒメフクロウをご紹介しましたが、本種は顔の後ろにも別の顔模様がある不思議なフクロウで、以前、アフリカで目にした同じスズメフクロウ属のアフリカスズメフクロウ(Pearl-spotted Owlet)も同じように顔の後ろに別の顔模様を持っていました。これは天敵に後ろから攻撃されないようにするための一種の自衛策なのでしょうか?何とも不思議です。
ご参考までにアフリカスズメフクロウのブログを以下にリンクします。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-351.html

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

(旧称)アオバズク

ベトナムシリーズの続きで、今日は(旧称)アオバズクをご紹介します。

従来、アオバズク(Brown Hawk-owl)はインド、ネパールから中国南部、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、フィリピン、シベリア南東部、中国北東部・東部、朝鮮半島、日本、台湾にかけて分布する体長約30cmのフクロウ科アオバズク属の鳥(12亜種)として分類されていましたが、現在IOC(国際鳥類学会議)ではそのうちシベリア南東部、中国北東部・東部、朝鮮半島、日本、台湾で繁殖し、冬季、南アジア、フィリピン、インドネシアに渡り越冬する3亜種をアオバズク(英名Northern Boobook、学名Ninox japonica)として分離し、残る9亜種にについては日本名なし(英名Brown Hawk-owl、学名Ninox scutulata)としています。

カッティエン国立公園で日没後、ロッジ近くの木にやって来たアオバズク(旧称)。見た目には日本にやってくるアオバズクとよく似ていますが、当地の個体は現分類では、インド北東部から中国南部、インドシナ、タイにかけて分布する亜種Ninox scutulata burmanicaになるかと思われます。

アオバズク1

アオバズク2

アオバズク3

アオバズク4

今日はベトナム南部のカッティエン国立公園で目にした(旧称)アオバズクをご紹介しましたが、現地ガイド氏によれば、当地の個体は亜種Ninox scutulata burmanicaとは鳴き声も異なり、近い将来ベトナムの固有種あるいは固有亜種となる可能性が高いと話していました。一般的にベトナムは固有種あるいは固有亜種が多く、今回の(旧称)アオバズクについても近い将来そのようになる可能性を思い浮かべながら夜の観察を楽しみました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コウライウグイスの幼鳥

ベトナムシリーズの続きで、今日はコウライウグイスの幼鳥をご紹介します。

コウライウグイス(Black-naped Oriole)はインド、インドネシア、カンボジア、シンガポール、韓国、中国、台湾、北朝鮮、バングラデシュ、フィリピン、ベトナム、ミャンマー、ラオス、ロシアなどに分布する体長約26cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により全部で20亜種に分類されていますが、今回目にしたのは東アジアに分布し、日本でも数少ない旅鳥として渡来する亜種コウライウグイス(Oriolus chinensis diffusus)が越冬のためやって来たものと思われます。

カッティエン国立公園で目にしたコウライウグイス。全身黄色で、黒色の過眼線はなく、体下面には黒褐色の縦斑が見られ、嘴には赤色み(よく似たミナミコウライウグイスの幼鳥は嘴が黒色)があることからコウライウグイスの幼鳥と思われます。

コウライウグイス1

コウライウグイス2

コウライウグイス3

今日はコウライウグイスの幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、今まで国内で目にしたコウライウグイスは成鳥あるいは亜成鳥ばかりであり、そういう意味では今回幼鳥を目にすることができたのは大変貴重な経験でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミナミコウライウグイス

ベトナムシリーズの続きで、今日はミナミコウライウグイスをご紹介します。

ミナミコウライウグイス(Slender-billed Oriole)はヒマラヤ東部から中国南部、インドシナにかけて分布する体長23~26cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはベトナム南部にのみ分布する亜種Oriolus tenuirostris invisusと思われます。英名のように嘴はコウライウグイスに比べて細く、黒色の過眼線も鉢巻状に後頭部で繋がっていますが、コウライウグイスのように後頸部までは伸びていません。

カッティエン国立公園で目にしたミナミコウライウグイス。黒色の過眼線が明瞭で、体下面に不鮮明な縦斑が見られないことから成鳥のオスと思われます。

ミナミコウライウグイス1

ミナミコウライウグイス2

ミナミコウライウグイス3

ミナミコウライウグイス5

ミナミコウライウグイス7

ミナミコウライウグイス8

しばらく周りの様子を伺っていましたが、突然飛び出しました・・・

ミナミコウライウグイス9

今日はネパール東部から中国南部、インドシナにかけて分布するミナミコウライウグイスをご紹介しましたが、和名は日本に渡来するコウライウグイスが東南アジアから東アジアにかけ、どちらかというと東アジア寄りに分布するのに対し、ミナミコウライウグイスはネパール東部から東南アジアにかけて分布することから名付けられたものと思われますが、英名のほうがその特徴をよく捉えており何となく納得がいきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ズグロコウライウグイス

ベトナムシリーズの続きで、今日はズグロコウライウグイスをご紹介します。

ズグロコウライウグイス(Black-hooded Oriole)はインド北部から東南アジア、ボルネオにかけて分布する体長22~25cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは先日タイ中部で目にした亜種と同じく、インド北部からマレー半島北部、インドシナに分布する基亜種Oriolus xanthornus xanthornusと思われます。名前のように頭部は黒く頭巾のように覆われ、黒い翼と黄色い体色、ピンク色みのある赤い嘴との対比が鮮やかです。

カッティエン国立公園で目にしたズグロコウライウグイス。全体的に黄色が濃く、頭部の黒い頭巾が胸まで伸びていることからオスと思われます。

ズグロコウライウグイス1

ズグロコウライウグイス2

ズグロコウライウグイス3

ズグロコウライウグイス4

こちらは別の場所で目にしたズグロコウライウグイス。この個体は背中側(メスは腰が黄色)が見えませんが、頭の黒い頭巾が頸のあたりまでしかないことからメスと思われます。

ズグロコウライウグイス10

ズグロコウライウグイス11

ズグロコウライウグイス12

今日はインド北部からマレー半島北部、インドシナに分布する基亜種ズグロコウライウグイスのオスとメスをご紹介しましたが、東南アジアには他にもコウライウグイスやミナミコウライウグイスなど、コウライウグイスの仲間が多く分布しています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオミミゴシキドリ(仮称)

ベトナムシリーズの続きで、今日はアオミミゴシキドリ(仮称)をご紹介します。

アオミミゴシキドリ(仮称)(Blue-eared Barbet)はインド北東部、ネパール東部から中国南部、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオにかけて分布する体長17~18cmのオオゴシキドリ科オオゴシキドリ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、今回目にしたのはタイ東部・南東部からインドシナにかけて分布する亜種Psilopogon duvaucelii orientalisと思われます。名前のように耳羽の辺りに青色部分があるのが特徴のようです。

カッティエン国立公園で遠くの竹にとまっていたアオミミゴシキドリ(仮称)。前頭部の黒色部の範囲が狭いことからメスと思われます。

アオミミゴシキドリ1

アオミミゴシキドリ2

アオミミゴシキドリ3

アオミミゴシキドリ4

アオミミゴシキドリ5

今日は名前のとおり耳羽に青色部があるアオミミゴシキドリ(仮称)をご紹介しましたが、アオミミゴシキドリ(仮称)は従来Yellow-eared Barbet (アオミミゴシキドリ:Psilopogon australis)に含まれていましたが、近年、Yellow-eared Barbetから分離しBlue-eared Barbet(Psilopogon duvaucelii )として独立種(6亜種)となったものです。その結果、従来のYellow-eared Barbet(Psilopogon australis) のうちジャワとバリに分布する個体群をYellow-eared Barbet(アオミミゴシキドリ:Psilopogon australis)としており、和名が混乱する原因となっています。この際、Blue-eared Barbet(Psilopogon duvaucelii )をアオミミゴシキドリ、Yellow-eared Barbet(Psilopogon australis) をキミミゴシキドリとでも改名すればすっきりすると思うのですが・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドブッポウソウ

ベトナムシリーズの続きで、今日はインドブッポウソウをご紹介します。

インドブッポウソウ(Indian Roller)はイラク東部からインド、スリランカ、東南アジアにかけて分布する体長31.5~34.5cmのブッポウソウ科ニシブッポウソウ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはインド北東部から中国中南部、マレー半島北部、インドシナに分布する亜種Coracias benghalensis affinisと思われます。

カッティエン国立公園で目にしたインドブッポウソウ。日本に渡来するブッポウソウよりやや大きく、背面は褐色ですが冠羽と翼、尾羽は明るい青緑色で、嘴は黒くて細長いのが特徴です。

インドブッポウソウ2

インドブッポウソウ3

インドブッポウソウ7

インドブッポウソウ8

今回は遠くの木の枝に泊まっていたインドブッポウソウをご紹介しましたが、残念ながら動きがなく、そのトルコ石色と言われる飛翔時の明るい青緑色の翼は見ることができませんでした。次回は是非その美しい飛翔姿を目にしたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる