FC2ブログ

(旧称)アオバズク

ベトナムシリーズの続きで、今日は(旧称)アオバズクをご紹介します。

従来、アオバズク(Brown Hawk-owl)はインド、ネパールから中国南部、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、フィリピン、シベリア南東部、中国北東部・東部、朝鮮半島、日本、台湾にかけて分布する体長約30cmのフクロウ科アオバズク属の鳥(12亜種)として分類されていましたが、現在IOC(国際鳥類学会議)ではそのうちシベリア南東部、中国北東部・東部、朝鮮半島、日本、台湾で繁殖し、冬季、南アジア、フィリピン、インドネシアに渡り越冬する3亜種をアオバズク(英名Northern Boobook、学名Ninox japonica)として分離し、残る9亜種にについては日本名なし(英名Brown Hawk-owl、学名Ninox scutulata)としています。

カッティエン国立公園で日没後、ロッジ近くの木にやって来たアオバズク(旧称)。見た目には日本にやってくるアオバズクとよく似ていますが、当地の個体は現分類では、インド北東部から中国南部、インドシナ、タイにかけて分布する亜種Ninox scutulata burmanicaになるかと思われます。

アオバズク1

アオバズク2

アオバズク3

アオバズク4

今日はベトナム南部のカッティエン国立公園で目にした(旧称)アオバズクをご紹介しましたが、現地ガイド氏によれば、当地の個体は亜種Ninox scutulata burmanicaとは鳴き声も異なり、近い将来ベトナムの固有種あるいは固有亜種となる可能性が高いと話していました。一般的にベトナムは固有種あるいは固有亜種が多く、今回の(旧称)アオバズクについても近い将来そのようになる可能性を思い浮かべながら夜の観察を楽しみました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ