FC2ブログ

カンムリオウチュウ

ベトナムシリーズの続きで、今日は日本では迷鳥として舳倉島、トカラ列島、琉球諸島で記録があるカンムリオウチュウをご紹介します。

カンムリオウチュウ(Hair-crested Drongo)はインドから中国中部・南部、ミャンマー、インドシナ、ボルネオ、スラウェシ、ジャワ、バリ、、フィリピンなどに広く分布する体長約29~33cmのオウチュウ科オウチュウ属の鳥で、分布域により14亜種に分かれており、今回ベトナム南部で目にしたのはインドからミャンマー中部、インドシナ南部にかけて分布する基亜種Dicrurus hottentottus hottentottusと思われます。

カッティエン国立公園で高い木の枝にとまっていたカンムリオウチュウ。名前のごとく額に細い冠羽が見られ、後頸から側頸、喉と翼に緑色光沢があり美しく光って見えます・・・

カンムリオウチュウ1

オウチュウの仲間では尾羽が最も太いのもカンムリオウチュウの特徴です。

カンムリオウチュウ4

カンムリオウチュウ5

カンムリオウチュウ7

カンムリオウチュウ9

カンムリオウチュウ11

太い尾羽を扇形に広げてくれました・・・

カンムリオウチュウ6

今日は日本でも記録のあるカンムリオウチュウをご紹介しましたが、和名のカンムリオウチュウというと頭に冠羽があるイメージを持ってしまいますが、実際は額に細い冠羽があるだけであり、英名のHair-crestedのほうがよりその特徴を表しているように思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる