色鮮やかなロクショウヒタキ

ベトナムシリーズの続きで、今日はロクショウヒタキをご紹介します。

ロクショウヒタキ(Verditer Flycatcher)はヒマラヤから中国中部・南部、ミャンマー、タイ、インドシナ、マレー半島、スマトラ、ボルネオにかけて分布する体長15~17cmのヒタキ科アイイロヒタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのは分布域から考え、ヒマラから中国中部・南部、ミャンマー中部、タイ北部、インドシナに分布する基亜種Eumyias thalassinus thalassinus と思われます。

ベトナム南部の山岳地帯で目にしたロクショウヒタキ。目先が黒く、体全体も緑青色が濃いことからオスと思われます。

ロクショウヒタキ3

ロクショウヒタキ4

こちらは少し離れた小木にとまった別のオス。尾羽裏側が黒色なのもオスの特徴のようです。

ロクショウヒタキ12

ロクショウヒタキ13

ロクショウヒタキ14

ロクショウヒタキ15

ロクショウヒタキ16

しばらく様子を見ていると、突然小鳥がやって来ました。よく見ると当地で越冬中のキマユムシクイ(Yellow-browed Warbler)のようです。キマユムシクイは体長11~11.5cmと小さく、大きさの違いがよく分かります。

ロクショウヒタキ9

今日は名前の通り体全体が鮮やかな緑青色のロクショウヒタキをご紹介しましたが、今まで目にしたのは逆光や暗い木の中であり、本来の美しい色合いを目にしたのは今回が初めてでした。淡い光線の中で見るロクショウヒタキはこの世のものとは思えない美しさがありました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ
スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


    ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる