FC2ブログ

オオヒメコノハドリ、ヒメコノハドリ

ベトナムシリーズの続きで、今日はオオヒメコノハドリとヒメコノハドリをご紹介します。

最初はオオヒメコノハドリです。

オオヒメコノハドリ(Great Iora)はミャンマー南部からタイ、中国南部、ラオス南部、カンボジア、ベトナム、マレー半島に分布する体長15.5~17cmのヒメコノハドリ科ヒメコノハドリ属の鳥で、全部で3亜種に分かれており、今回目にしたのはカンボジアとベトナム南部に分布する亜種Aegithina lafresnayei xanthotisと思われます。

カッティエン国立公園で目にしたオオヒメコノハドリ。同じヒメコノハドリ属のヒメコノハドリに比べ、体も一回り大きく、嘴も太く長く、翼には翼帯がないのが特徴で、今回目にしたのは顔から体下面が鮮やかな黄色で、上面が明るい黄緑色をしていることからオスと思われます。

オオヒメコノハドリ

オオヒメコノハドリ2

オオヒメコノハドリ3

次はヒメコノハドリです。

ヒメコノハドリ(Common Iora)はインド、ヒマラヤ、中国中南部から東南アジアにかけて広く分布する体長12~14.5cmのヒメコノハドリ科ヒメコノハドリ属の鳥で、生息域により11亜種に分類されており、今回目にしたのはタイ南東部、カンボジア、ベトナム南部に分布する亜種Aegithina tiphia cambodianaと思われます。

同じくカッティエン国立公園で目にしたヒメコノハドリ。体色が緑色のコノハドリ科の鳥とは異なり、体色は黄色で、嘴は短く、翼に白い2本の翼帯があるのが特徴で、この個体は体下面が鈍い黄色であることからメスの可能性が高いと思われます。

ヒメコノハドリ1

ヒメコノハドリ2

今日は、かってはコノハドリ科ヒメコノハドリ属に分類されていたオオヒメコノハドリとヒメコノハドリをご紹介しましたが、ヒメコノハドリ科の鳥は何れも体色が黄色であり、体色が緑色のコノハドリ科の鳥とは見た目も大きく異なることから、やはり別科であるほうが納得がいきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

鳥写真 ブログランキングへ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる