FC2ブログ

チュウヒワシ

スペインシリーズの続きで、今日はチュウヒワシをご紹介します。

チュウヒワシ(Short-toed Snake Eagle)は夏季にヨーロッパ南西部から中央アジア、中国北西部、インドにかけてと小スンダ列島で繁殖し、冬季はアフリカとアジア南部から東南アジアに渡り越冬する体長62~69cmのタカ科チュウヒワシ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南西部から中央アジア、中国北西部、インドにかけて繁殖している基亜種Circaetus gallicus gallicusと思われます。

スペイン南部の草原地帯で目にしたチュウヒワシ。この個体は頭部が暗褐色で、白色の体下面には黒褐色のはっきりとした斑が見られることから成鳥と思われます。

チュウヒワシ3

チュウヒワシ2

チュウヒワシ1

こちらは頭部が白く、前胸部に暗褐色の斑があるチュウヒワシの幼鳥。

チュウヒワシ5

チュウヒワシ7

こちらは頭部から体下面がほぼ真っ白なタイプの幼鳥。

チュウヒワシ9

チュウヒワシ11

チュウヒワシ12

チュウヒワシ13

チュウヒワシ14

今日はスペイン南部の草原地帯で目にしたチュウヒワシの成鳥と幼鳥(2タイプ)をご紹介しましたが、本種は英名からも分かるように、食性はヘビ類を専門にしており、大きな頭に、金色の目、ヘビを殺すのに適した短い足趾を持っているのが特徴で、和名はヘビを獲るためにチュウヒのように草原でホバリングするところから名付けられたと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる