FC2ブログ

夏羽のヘラサギ

スペイン/アフリカシリーズの続きで、今日は夏羽のヘラサギをご紹介します。

ヘラサギ(Eurasian Spoonbill)はヨーロッパから紅海沿岸、インド、スリランカ、中国北部にかけてと、モーリタニア、ソマリアなどで繁殖し、冬季、北方の個体はアフリカ北部、アジア南部に渡り越冬する体長80~93cmのトキ科ヘラサギ属の鳥で、日本では数少ない冬鳥または旅鳥として、北海道から南西諸島まで各地で記録があります。そんなヘラサギですが、今回訪れたスペイン南部やモロッコの湿地帯では何度もその魅力的な姿を目にすることができました。

モロッコの湿地帯で目にした夏羽のヘラサギの群れ。(手前右端はゴイサギ)夏羽では後頭に黄金色の冠羽があり、喉や胸も黄金色を帯び、下嘴基部と眼先、眼の周りの裸出部は黄色になり、虹彩は赤くなるのが特徴のようです。

ヘラサギ4

手前右側は夏羽のアマサギ。

ヘラサギ6

ヘラサギ14

長い冠羽が印象的です・・・

ヘラサギ9

ヘラサギ12

何やら昆虫を捕えていたこの個体はバンディングされていました・・・

ヘラサギ19

ヘラサギ20

今日はスペイン南部からジブラルタル海峡を隔てて目と鼻の先にあるアフリカ・モロッコで目にした夏羽のヘラサギをご紹介しましたが、日本で稀に目にする冬羽のヘラサギに比べると華やかさがあり、その魅力をたっぷり堪能してきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる