FC2ブログ

オナガガモも入ってきました

昨日の続きで、今日も同じく散歩の途中、地元の貯水池で目にしたオナガガモをご紹介します。

オナガガモ(Northern Pintail)はユーラシア北部と北アメリカ北部の寒帯から亜寒帯にかけての地域で繁殖し、冬季はユーラシアおよび北アメリカの温帯から熱帯地域やアフリカ北部に渡り越冬する体長53~75cmのカモ科マガモ属の鳥で、カモ類の中ではマガモ、コガモ、ハシビロガモと並んで分布域が広く、日本では全国に冬鳥として多数渡来することが知られています。

マガモのオスと一緒に泳いでいたオナガガモのオス。オスは頭部が黒褐色で、頸から胸、腹まで白色で、その境界では白い帯が頸の側面から後頭部に切れこみ、上面と脇は灰色で細かい黒色横斑が密で、背中に蓑のような黒い肩羽があり、中央尾羽は名前のように黒色で細長く、腰に黄白色の太い帯が入るほか、嘴は中央が黒く、側面が青灰色をしているのが特徴です。

20181107-DSC01010.jpg

20181107-DSC01015.jpg

中央はオス。その前後のメスのように見える個体は嘴の両側が青灰色みを帯びているようにも見えますので、ひょっとするとオスのエクリプスかも知れません。

20181107-DSC01024.jpg

20181107-DSC01022.jpg

群れで泳いでいたメスタイプのオナガガモ。鳥まで距離がありはっきりしませんが、ひょっとするとオスのエクリプスが混じっているかも知れません。

20181107-DSC01090.jpg

今日は地元の貯水池で目にしたオナガガモをご紹介しましたが、この時期、エクリプスが混じっていることが多いため、エクリプスなのかメスなのか、識別は困難を極めます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

スポンサーサイト

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる