FC2ブログ

タイワンヒメマルハシ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾の固有種タイワンヒメマルハシをご紹介します。

ヒメマルハシ(Taiwan Scimitar Babbler)はかってはインド、ネパール、ブータン、中国、ミャンマー、ラオス、ベトナム、台湾などに分布するアカガシラチメドリ科マルハシ属(アメリカ鳥学会ではチメドリ科アカガシラチメドリ亜科マルハシ属として分類)のヒメマルハシ(Streak‐breasted Scimitar Babbler)の台湾亜種とされていましたが、近年大陸の亜種から分離し、別種として扱われています。体長は約20cmで、旧英名のように胸に縦斑があり、三日月刀(Scimitar)のように湾曲した嘴に特徴があります。

山岳地帯で目にしたタイワンヒメマルハシ。黒く太い過眼線と下に湾曲した嘴、黄色い虹彩がちょっと悪役っぽい雰囲気を醸し出しています・・・

ヒメマルハシ3

ヒメマルハシ1

ヒメマルハシ2

ヒメマルハシ5

ヒメマルハシ7

今日は従来の亜種から別種に変更になったタイワンヒメマルハシをご紹介しましたが、近年、遺伝子レベルでの研究が進むにつれ鳥類の分類も大きく変化し、従来の亜種が別種として分離独立するケースも増えおり、最新のIOC(国際鳥類学会議)リストから目が離せません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カンムリチメドリ

台湾シリーズの続きで、今日はカンムリチメドリをご紹介します。

カンムリチメドリ(Taiwan Yuhina)は台湾の中高海抜の山地に生息する体長約13cmの台湾の固有種で、かってはチメドリ科に分類されていましたが、現在は分類が変わり、メジロ科カンムリチメドリ属に分類されています。

山岳地帯のロッジ前で目にしたカンムリチメドリ。和名のように頭頂が茶褐色の立派な冠羽があるのが特徴で、小さいながらも存在感があります・・・

カンムリチメドリ6

カンムリチメドリ7

カンムリチメドリ11

カンムリチメドリ12

カンムリチメドリ13

カンムリチメドリ15

カンムリチメドリ16

今日はかってのチメドリ科からメジロ科カンムリチメドリ属に分類が変わったカンムリチメドリをご紹介しましたが、チメドリ科とメジロ科には諸説あり、メジロ科をメジロ亜科 Zosteropinae としてチメドリ科に含める説もあるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

散歩の途中目にしたアトリ

昨日の続きで、今日も同じく散歩の途中目にしたアトリをご紹介します。

アトリ(Brambling)はユーラシア大陸北部の亜寒帯で繁殖し、冬季は北アフリカ、ヨーロッパから中央アジア、中国、朝鮮半島、日本などに渡り越冬する体長約16cmのアトリ科アトリ属の鳥で、日本には冬鳥としてシベリア方面から渡来しますが、渡来する個体数は年による変化が大きいと言われています。

自宅近くの公園で越冬しているアトリ。十数羽の群れが高木で休んでいましたが、頭部が黒みを帯びたバフ色なのが冬羽のオスで、頬から側頸が灰色で、黒褐色の頭側線があるのが冬羽のメス。

DSC05332.jpg

DSC05291.jpg

手前がオスで、奥はメス。

DSC05266.jpg

DSC05166.jpg

DSC04937.jpg

DSC04972.jpg

今日は自宅近くの公園で越冬しているアトリをご紹介しましたが、アトリ属を代表するアトリのこのちょっと不思議な和名の由来ですが、通常は小規模な群れで行動するアトリも、渡来直後や繁殖地への渡去直前には数千羽から数万羽の大群を作ることもあり、そんなところから集鳥(あっとり)→アトリという和名になったと言われているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

散歩の途中目にしたルリビタキ

日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬することが知られているルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、自宅近くの里山には数個体が飛来しているようで、散歩の途中、目にすることが多い鳥でもあります。そんなルリビタキですが、今日も散歩の途中、その愛らしい姿を見ることができました。

こちらは額から体上面がかなり青い成鳥のオス。オスは風切外弁すべてが青色になるには4年以上かかると言われていますが、この個体は4年目位でしょうか?

DSC04631.jpg

DSC04565.jpg

DSC04618.jpg

DSC04588.jpg

こちらは別の場所で目にしたルリビタキの若いオス。額から体上面の青色はまだ淡く、風切外弁もまだ褐色ですので、まだ2年目位でしょうか?

DSC04778.jpg

DSC04796.jpg

DSC04800.jpg

今日は散歩の途中目にしたルリビタキをご紹介しましたが、この愛嬌たっぷりの青い鳥は何度見ても飽きることがありません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

自宅近くのシロハラ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの里山で目にしたシロハラをご紹介します。

シロハラ(Pale Thrush)はロシア南東部から中国北東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季、日本や台湾、中国南東部で越冬する体長24~25cmのツグミ科ツグミ属の鳥で、日本ではほとんどが冬鳥で、本州以南の積雪のない低地で越冬しますが、西日本の山地では少数が繁殖していると考えられています。

落ち葉の中に頭を突っ込み盛んに採餌していたシロハラ。全身ほぼ灰褐色ですが、頭部が暗灰褐色であることからオスと思われます。

20190124-DSC04325.jpg

人馴れしているようで、かなり近づいても平然と採餌を続けていました・・・

20190124-DSC04339.jpg

20190124-DSC04364.jpg

20190124-DSC04396.jpg

今日は自宅近くの里山で、落ち葉の中に頭を突っ込み盛んに採餌していたシロハラをご紹介しましたが、食性は雑食で、ツグミなどと同じく、地面に降りて昆虫やミミズなどの小動物を捕食するほか、木の実などにもよくやって来ます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

自宅近くのミソサザイ

台湾シリーズの続きですが、今日は自宅近くの里山で目にしたミソサザイをご紹介します。

ミソサザイ(Eurasian Wren)はヨーロッパ、アフリカ北部、西アジア、中央アジアからロシア極東部、東南アジア北部、中国、台湾、朝鮮半島、日本にかけて繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡り越冬する体長10~11cmのミソサザイ科ミソサザイ属の鳥で、分布域により全部で28亜種に分かれており、そのうち日本では①千島列島南部、樺太、日本に分布する亜種ミソサザイ(Troglodytes troglodytes fumigatus)のほか、②伊豆諸島に分布する亜種モスケミソサザイ(Troglodytes troglodytes mosukei)、③屋久島、種子島に分布する亜種Troglodytes troglodytes ogawae、④ シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、対馬に分布する亜種Troglodytes troglodytes dauricusの4亜種の存在が知られています。

谷戸の木道に姿を見せた亜種ミソサザイ。繁殖期には小さな体に似合わず、大きな声で美しい囀りを奏でてくれますが、この時期は鳴き声もなくひっそりと行動していました。

20190122-KX0A6574.jpg

20190122-KX0A6576.jpg

20190122-KX0A6580.jpg

20190122-KX0A6581.jpg

今日は自宅近くの谷戸で目にしたミソサザイをご紹介しましたが、夏季には亜高山帯から高山帯で繁殖するとされていますが、秋から春先にかけてはこのように低山帯や平地に降りて越冬しているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コイカル

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はコイカルをご紹介します。

コイカル(Chinese Grosbeak)はシベリア南東部から中国東部・中部、朝鮮半島などで繁殖し、冬季は中国南部から東南アジアに渡り越冬する体長約19cmのアトリ科イカル属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのは中国本土に近い金門島(ここでは留鳥)であることから、中国中部・中東部で繁殖し、冬季、中国南部で越冬する亜種Eophona migratoria sowerbyiと思われます。なお、日本ではシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島にかけて繁殖し、冬季、東南アジアに渡り越冬する基亜種コイカル(Eophona migratoria migratoria)が旅鳥または冬鳥として主に西日本を中心に渡来することが知られています。

金門島で目にしたコイカルのオス。光沢のある青黒い頭部と黄色い嘴、脇の橙褐色の対比が鮮やかです。

コイカル1

コイカル2

コイカル4

コイカル7

こちらは頭部が灰褐色のメス。

コイカル10

コイカル13

オスとメスのツーショット

コイカル15

コイカル6

今日は台湾・金門島では留鳥のコイカルをご紹介しましたが、日本では留鳥のイカルの英名がJapanese Grosbeakであるのに対し、シベリアから中国東部・中部、朝鮮半島などで繁殖するコイカルがChinese Grosbeak(かってはYellow-billed Grosbeak)と名付けられたのは何となくしっくりきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タカサゴマシコ(旧称)

台湾シリーズの続きで、今日はタカサゴマシコ(旧称)をご紹介します。

旧称タカサゴマシコ(Taiwan Rosefinch)は台湾だけに分布する体長13~16cmのアトリ科オオマシコ属の台湾の固有種で、以前はネパール、インド北部から中国中部・南部 、ミャンマー北部にかけて分布するタカサゴマシコ(Vinaceous Rosefinch)の一亜種として分類されていましたが、近年Vinaceous Rosefinchから分離し別種として分類されています。オスは同じオオマシコ属の中でも最も鮮やかなワインレッド色をしており大変美しい鳥です。

台湾本島の高山帯で目にしたタカサゴマシコ(旧称)のオス。それにしても体全体が朱紅色で何とも鮮やかです・・・

タカサゴマシコ3

タカサゴマシコ7

タカサゴマシコ8

タカサゴマシコ9

タカサゴマシコ10

こちらは全身暗褐色で、頭頂から背、胸、腹に黒色の縦斑が見られるメス。

タカサゴマシコ12

タカサゴマシコ13

タカサゴマシコ14

今日はかってのタカサゴマシコ(Vinaceous Rosefinch)の一亜種からから分離し、別種、台湾の固有種として分類されている旧称タカサゴマシコ(Taiwan Rosefinch)をご紹介しましたが、現在IOC(国際鳥類学会議)ではVinaceous Rosefinchの和名をタカサゴマシコとしているため、Taiwan Rosefinchのほうは和名なしとなっており、和名的にはちょっと困った状態になっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリチョウ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾の固有種・ルリチョウをご紹介します。

ルリチョウ(Taiwan Whistling Thrush)は台湾本島の中低海抜の森林の下層に分布する体長約30cmのヒタキ科ルリチョウ属の鳥で、和名のように全身が藍黒色で、額や翼角、胸などは紫色の光沢を帯び、目は紅色をした大変美しい鳥です。

山岳地帯のロッジの近くに姿を見せたルリチョウ。何やら虫を捕まえてきたようです。

ルリチョウ1

ルリチョウ2

見る角度によって翼角が紫色に光り輝いて見えます・・・

ルリチョウ3

ルリチョウ4

ルリチョウ5

今日は台湾の固有種・ルリチョウをご紹介しましたが、台湾・金門島には中央アジアから中国、東南アジアにかけて分布する同じくヒタキ科ルリチョウ属のオオルリチョウ(Blue Whistling Thrush)が留鳥として分布しており、注意が必要です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シキチョウ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はシキチョウをご紹介します。

シキチョウ(Oriental Magpie-Robin)はパキスタン北東部、インドから中国南部・東部、台湾、東南アジアにかけて広く分布する体長約19cmのヒタキ科シキチョウ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのはパキスタン北東部、インドから中国南部・東部、台湾、タイ、インドシナにかけて分布する基亜種シキチョウ(Copsychus saularis saularis)と思われます。翼に大きな白斑があるのが特徴で、この羽衣がカササギ(Magpie)に似ていることが英名の由来ともなっています。

金門島のロッジ近くで目にした2羽のシキチョウ。左側はオスの成鳥で、頭から胸、背、尾羽は青みを帯びた黒色で、美しい金属光沢を放っていました。右側の個体は全体に青灰色みを帯び、胸に不鮮明な黒褐色の縦斑があることからオスの幼鳥と思われます。

シキチョウ7

シキチョウ5

シキチョウ2

シキチョウ4

それぞれを大きくトリミングしてみました。さすがMagpie-Robin、長い尾羽を何度も立ててくれました。

シキチョウ1

シキチョウ6

今日は台湾・金門島で目にしたシキチョウをご紹介しましたが、シキチョウは台湾本島では篭脱けが繁殖しており、公園などで普通に見ることができますが、今回目にしたのは中国本土に近い金門島であり、ここでは留鳥として自然分布しています。シキチョウに罪はありませんが、やはり自然分布個体のほうを何となく応援してしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロウタドリ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は日本では数少ない旅鳥または冬鳥として記録のあるクロウタドリをご紹介します。

クロウタドリ(Chinese Blackbird)は中国中部から東部にかけて分布する体長23.5~29cmのヒタキ科ツグミ属の鳥で、かってはヨーロッパから北西アフリカ、中近東、中央アジアの山岳地帯、アフガニスタン北部、インド、スリランカ、ヒマラヤ、パキスタン、チベット、中国中東部にかけて分布する全体をクロウタドリ(Common Blackbird)としていましたが、近年、遺伝子解析が進むとともに、次の3種を別種として独立させています。

・クロウタドリ(Chinese Blackbird)・・・中国中東部に分布(2亜種)。 日本に渡来するのは基亜種クロウタドリ(Turdus mandarinus mandarinus)。
・チベットクロウタドリ(Tibetan Blackbird)・・・ヒマラヤからパキスタン北部、チベット北東部に分布。
・インドクロウタドリ(Indian Blackbird)・・・インド、スリランカに分布(4亜種)。

中国本土に近い金門島で目にしたクロウタドリ。全身黒褐色ですが、目の周りに白色部があり、腮から胸にかけて淡褐色であることからのオスの幼鳥と思われます。なお、金門島で見られるクロウタドリは日本にも渡来する基亜種クロウタドリ(Turdus mandarinus mandarinus)とされています。

クロウタドリ2

クロウタドリ1

クロウタドリ3

今日はかってのクロウタドリ(Common Blackbird)から別種として独立したクロウタドリ(Chinese Blackbird)をご紹介しましたが、近年、遺伝子解析の結果に伴い分類の見直しも進んでおり、今回のクロウタドリもそうですが、いつの間にやら種名が変わったりしており、常に最新の情報を調べる必要がありそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カワビタキ

台湾シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介します。

カワビタキ(Plumbeous Water Redstart)はアフガニスタン東部から東南アジア、中国東部、台湾などに分布する体長約14cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、台湾では固有亜種Phoenicurus fuliginosus affinisが分布しています。また、日本でも迷鳥として山口県、栃木県、長崎県などで記録があり、英名は”鉛色をした水辺のジョウビタキ”から、和名は”水辺にいるヒタキ”から名付けられています。

景勝地の渓流近くで目にしたカワビタキのオス。全身、鉛藍灰色で、上尾筒、下尾筒、尾羽は鮮やかな栗紅色をしています。

カワビタキ2

カワビタキ3

カワビタキ4

今日は日本でも迷鳥として記録のあるカワビタキをご紹介しましたが、日本で記録あるカワビタキは中国に分布する基亜種Phoenicurus fuliginosus fuliginosusとされており、カワビタキに限らず、やはり島国である台湾の亜種が日本にやって来る可能性はかなり低いものと思われます。なお、カワビタキはかってはルソンカワビタキとともに別属であるカワビタキ属に分類されていましたが、現在は分類が変わり、ジョウビタキと同じジョウビタキ属に分類されています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コンヒタキ

台湾シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として1度だけ記録のあるコンヒタキをご紹介します。

コンヒタキ(White-tailed Robin)はヒマラヤから中国中部、インドシナ、タイ、ミャンマー、マレー半島、台湾にかけて分布する体長約17cmのヒタキ科コンヒタキ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、そのうち、台湾には固有亜種Myiomela leucura montiumが分布しています。なお、日本では迷鳥として1997年に男女群島で捕獲された記録があるのみという珍鳥です。

薄暗い森の中で姿を見せてくれたコンヒタキのオス。名前のごとく、全身紺光沢のある黒色で、外側尾羽基部の白斑が目立ちます。

コンヒタキ5

コンヒタキ2

コンヒタキ3

コンヒタキ6

コンヒタキ7

コンヒタキ8

今日は日本でも一度だけ記録のあるコンヒタキをご紹介しましたが、日本で記録された亜種は不明だそうですが、台湾の固有亜種が飛来する可能性は低いと思われることから、分布域から考えると、ヒマラヤから中国中部、インドシナ中部、ミャンマー、マレー半島に分布する基亜種Myiomela leucura leucuraの可能性もあるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アリサンヒタキ

台湾シリーズの続きで、今日は台湾を代表する固有種、アリサンヒタキをご紹介します。

アリサンヒタキ(Collared Bush Robin)は台湾にのみ分布する体長約12cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥で、標高2,000~2,800mの高山に生息し、阿里山でよく見られたことが和名の由来になっています。

高山帯で目にしたアリサンヒタキのオス。頭から上面は濃青色で、腹以下の体下面はオリーブ黄色、白く長い眉斑と、胸と後頸、肩羽の橙紅色がアクセントになっています。なお、英名はこの襟のような橙紅色の帯から名付けられたものと思われます。

アリサンヒタキ1

アリサンヒタキ3

アリサンヒタキ4

アリサンヒタキ5

今日は台湾を代表する固有種 アリサンヒタキをご紹介しましたが、分類的には日本でもお馴染みのルリビタキと同じルリビタキ属の鳥、動きや人懐っこいところは大変よく似ています。なお、台湾では同じルリビタキ属の鳥として、ほかにもルリビタキ(台湾では冬鳥)とキクチヒタキ(台湾亜種)の2種が分布しています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒゴロモ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は台湾でも人気のヒゴロモをご紹介します。

ヒゴロモ(Maroon Oriole)はヒマラヤから東南アジア、中国南部、台湾に分布する体長24~28cmのコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、台湾には台湾の固有亜種Oriolus traillii ardensが生息しています。なお、亜種により若干違いはあるようですが、体色は和名のように緋色(英名は栗色)なのが共通の特徴です。

台湾本島の公園で目にしたヒゴロモのオス。頭部から胸、翼は黒色、背からの上面、腹以下の体下面は鮮やかな緋色で、赤黒の対比が実に鮮やかです。(メスは上面の緋色が鈍く、腹以下の体下面は白っぽく、黒褐色の縦斑がある)

ヒゴロモ14

ヒゴロモ15

ヒゴロモ17

ヒゴロモ19

こちらは大きな虫を捕まえた同じ個体。

ヒゴロモ9

ヒゴロモ11

ヒゴロモ12

ヒゴロモ13

日本でコウライウグイス科コウライウグイス属の鳥と言えばコウライウグイス1種のみが稀な旅鳥として渡来し、黄色い体色の鳥というイメージが強いのですが、コウライウグイス科コウライウグイス属の鳥は世界で29種が知られており、黄色以外にも今回のヒゴロモのような緋色、その他、緑色、オリーブ色、茶色、銀色、黒色など多様な体色を持った仲間の存在が知られています。今度は是非、そんな体色の異なるコウライウグイスの仲間も見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

自宅近くのキクイタダキ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの里山で目にしたキクイタダキをご紹介します。

キクイタダキ(Goldcrest)はヨーロッパから極東に至るユーラシア大陸の高緯度から中緯度の地域に広く分布する体長約10cmのキクイタダキ科キクイタダキ属の鳥で、分布域により14亜種に分かれており、日本ではシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島、日本にかけて分布する亜種キクイタダキ(Regulus regulus japonensis)が留鳥または漂鳥として北海道から本州中部の山地から亜高山帯に生息し、冬季は平地から山地に移動することが知られています。そんなキクイタダキですが、寒さとともに自宅近くの里山にもやって来てくれました。

カラ類の混群に1羽だけ混じっていたキクイタダキ。頭頂は黄色で、額、背以下の体上面は淡黄緑色。顔は灰褐色で、眼先から眼の周囲は白っぽく、風切基部が黒く、中・大雨覆、三列風切先端が白色のため2本の翼帯となって目立ちます。

20190115-KX0A6354.jpg

動き速く、なかなかじっとしてくれませんが・・・

20190115-KX0A6355.jpg

ようやく特徴である頭頂の黄色を確認することができました。

20190115-KX0A6378.jpg

20190115-KX0A6368.jpg

20190115-KX0A6366.jpg

20190115-KX0A6363.jpg

20190115-KX0A6367.jpg

今日は自宅近くの里山で目にしたキクイタダキをご紹介しましたが、学名の属名、種小名の”Regulus ”はラテン語で「小さな王」という意味だそうで、これは頭頂部の黄色い冠羽があたかも王冠を冠っているようだということから名付けられたようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

自宅近くのルリビタキ

台湾シリーズの途中ですが、今日は自宅近くの里山に今年もやって来たルリビタキをご紹介します。

先日もご紹介したルリビタキ(Red-flanked Bluetail)ですが、今年も年が明けたこの時期、散歩コースにしている自宅近くの裏山にやって来てくれました。

体上面はオリーブ褐色で、腰と尾羽だけに青色みがあるメス。

20190114-DSC04297.jpg

20190114-DSC04304.jpg

20190114-DSC04286.jpg

20190114-DSC04184.jpg

20190114-DSC04216.jpg

20190114-DSC04227.jpg

今日は自宅近くの里山に今年もやって来たルリビタキのメスをご紹介しましたが、年が明け、寒さとともに冬鳥たちの姿も増えてきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリオハチクイの飛翔

昨日に続き、今日は台湾・金門島で目にしたルリオハチクイ(Blue-tailed bee-eater)の飛翔をご紹介します。

近くの枝にとまっていたルリオハチクイ。名前のように瑠璃色の尾羽が美しいですね・・・

ルリオハチクイ34

ルリオハチクイ30

ハチなどの昆虫を探して猛スピードで飛び回るルリオハチクイ。

ルリオハチクイ31

ルリオハチクイ33

ルリオハチクイ36

ルリオハチクイ18

ルリオハチクイ21

ルリオハチクイ20

この個体はトンボのようなものを咥えていました。

ルリオハチクイ19

こちらは小さな虫を咥えています・・・

ルリオハチクイ32

餌となるハチなどの昆虫を求めて猛スピードで飛び回っていたルリオハチクイですが、さすが名前に恥じない名ハンターのようで、見事に空中の小さな昆虫を捕食していました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリオハチクイ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はルリオハチクイをご紹介します。

ルリオハチクイ(Blue-tailed bee-eater)は インド、スリランカから中国南部、東南アジア、フィリピン、スラウェシ、フローレス島、ニューギニア、ニューブリテン島にかけて繁殖し、冬季はタイ、マレー半島、大スンダ列島、チモールなどに渡り越冬する体長約24cm(中央尾羽を入れると約31cm)のハチクイ科ハチクイ属の鳥で、英名のように尾が鮮やかな青色で、中央尾羽1対が細長く突き出ており、旧和名ではハリオハチクイと呼んでいました。

金門島の海岸線で目にしたルリオハチクイの成鳥。喉が鮮やかな褐色で、頭から背、胸は淡い褐色、尾は鮮やかな青色で中央尾羽の先端は針のように尖って見えます・・・

ルリオハチクイ42

ルリオハチクイ45

ルリオハチクイ46

ハチクイの仲間は空中でハチなどの昆虫を捕獲するのが得意なことで知られていますが、獲物を見つけるとこのように飛び出していきます・・・

ルリオハチクイ38

ルリオハチクイ39

ルリオハチクイ40

ルリオハチクイ41

今日は台湾・金門島で目にしたルリハチクイをご紹介しましたが、さすが中国本土に近い金門島、台湾本島では迷鳥の本種も金門島では夏鳥として普通に見られるようで、改めて野鳥観察における金門島の魅力を再認識させられました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヤツガシラ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は日本でも大変人気のあるヤツガシラをご紹介します。

ヤツガシラ(Eurasian Hoopoe)はヨーロッパ南部・中部、アフリカ、南アジアから、東南アジア、中国、沿海州にかけて広く分布する体長26~28cmのヤツガシラ科ヤツガシラ属の鳥で、北方で繁殖した個体は冬季は南方へ渡り越冬。分布域により6亜種に分かれており,、今回当地で目にしたのはインド北東部から中国南部、インドシナ、マレー半島北部に分布する亜種Upupa epops longirostrisとされています。なお、日本では数少ない旅鳥として全国に渡来しますが、特に日本海側の島嶼や南西諸島では毎年多くが通過するようです。

金門島の廃屋で営巣していたヤツガシラ。小さな昆虫のような虫を咥えて、2羽が揃って営巣場所にやてきました。独特の冠羽と背から尾にかけての白黒の縞模様が独特の存在感を漂わせています。

ヤツガシラ4

瓦の隙間の中で営巣しているのか、先頭の親鳥が覗き込んで・・・

ヤツガシラ5

雛に餌を与えていました。

ヤツガシラ6

餌を与えた後、隙間から出て・・・

ヤツガシラ10

飛び出していきました・・・

ヤツガシラ14

こちらは逆サイドから緑バックで撮影したヤツガシラ。

ヤツガシラ1

ヤツガシラ16

ヤツガシラ17

今日は台湾・金門島で営巣しているヤツガシラの亜種Upupa epops longirostrisをご紹介しましたが、ちなみに日本にやって来るヤツガシラは日本鳥類目録改訂第7版ではUpupa epops saturataとなっていますが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では基亜種Upupa epops epops として扱っているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タイワンゴシキドリ(仮称)

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は台湾の固有種タイワンゴシキドリ(仮称)をご紹介します。

タイワンゴシキドリ(仮称)(Taiwan Barbet)はかってはゴシキドリ科に分類され、その後、オオゴシキドリ科に移され、オオゴシキドリ科アカフサゴシキドリ属のゴシキドリ(Black-browed Barbet)4亜種の中の1亜種として分類されていましたが、その後、それぞれが分離独立し、現在は台湾の固有種タイワンゴシキドリ(仮称)(Taiwan Barbet)として別種扱いになっています。

台湾本土の山中のロッジの前にやって来たタイワンゴシキドリ(仮称)。緑色の体色に頭頂と喉が黄色、目の上の黒く太いストライプ、青い頬と頸が鮮やかで、まさに五色鳥の名にふさわしい鳥です。

ゴシキドリ1

ゴシキドリ2

ゴシキドリ3

ゴシキドリ4

ゴシキドリ5

こちらは枝被りですが・・・

ゴシキドリ10

ゴシキドリ11

かってはゴシキドリ科に分類され、そして現在はオオゴシキドリ科アカフサゴシキドリ属のゴシキドリ(Black-browed Barbet)の1亜種から分離独立し、タイワンゴシキドリ(仮称)(Taiwan Barbet)として別種扱いになっている本種ですが、これはあくまで分類上での話であり、鳥たちにとっては何も変っておらず、迷惑な話かもしれません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメヤマセミの飛び込み

昨日の続きで、今日は台湾・金門島で目にしたヒメヤマセミ(Pied Kingfisher)の飛び込みをご紹介します。

海岸線に建てられた石造物にとまったヒメヤマセミのペア。左側の個体は胸に2本の黒帯があることからオス。(右側は黒帯が1本のメス)

ヒメヤマセミ10

獲物の魚を探していたメス。

ヒメヤマセミ16

魚を見つけたのか、飛び降りました・・・

ヒメヤマセミ17

ヒメヤマセミ18

海面近くでホバリングしながら狙いをつけ・・・

ヒメヤマセミ19

小さな魚をゲットしました。

ヒメヤマセミ22

ヒメヤマセミ23


そして、魚を咥えて元の場所に戻っていきます・・・

ヒメヤマセミ24

ヒメヤマセミ25

ヒメヤマセミ26

ヒメヤマセミの飛び込みシーンをご紹介しましたが、今回はあいにくの曇り空でしたが、天気の良い日には飛び込む際に太陽を背にして飛び込むのが特徴だそうで、昼間は上から、朝夕は斜めに飛び込むそうです。これは魚たちから見るとヒメヤマセミの姿は太陽の中に隠れて見えないことになり、獲物の魚に逃げられないための工夫と考えられているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメヤマセミの飛翔

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はヒメヤマセミをご紹介します。

ヒメヤマセミ(Pied Kingfisher)はアフリカから中東、南アジア、中国、インドシナ北部にかけて分布する体長約25cmのカワセミ科ヒメヤマセミ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは中国南東部、東部、海南島などに分布する亜種Ceryle rudis insignisと思われます。

海岸近くの養魚池上空で飛翔していたヒメヤマセミ。この個体は胸に2本の黒帯が見られることからオスと思われます。(メスは黒帯が1本)

ヒメヤマセミ1

ヒメヤマセミ2

ヒメヤマセミ3

ヒメヤマセミ4

ヒメヤマセミ5

今日は日本ではまだ記録のないヒメヤマセミをご紹介しましたが、英名はモノトーンのまだら模様から付けられたと思われますが、見た目には日本で留鳥のヤマセミを一回り小さくしたよう感じであり、和名のほうもいい線をいっているように感じられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオショウビン

昨年6月初旬に台湾本島、金門島を訪れましたが、まだ一部の鳥たちしかご紹介できていませんので、今日から暫く間、未掲載の鳥たちをご紹介します。

最初は金門島ではお馴染みのオアショウビンです。

アオショウビン(White-throated Kingfisher)は中近東から東南アジア、中国南部・東部、台湾にかけて広く分布する体長約28cmのカワセミ科アカショウビン属の鳥で、分布域により6亜種に分かれていますが、今回目にしたのは中国南部・東部、台湾、海南島に分布する亜種Halcyon smyrnensis fokiensisと思われます。なお、日本には迷鳥として春に先島諸島で数回記録があり、亜種名は不明とされていますが、分布的には今回ご紹介した亜種Halcyon smyrnensis fokiensisの可能性が高いと言われています。

金門島で目にしたアオショウビン。頭部から後頭、脇、下尾筒にかけては全面栗色ですが、英名のように喉から胸が白く、上面は和名のように光沢ある美しい空色をしています。

アオショウビン1

アオショウビン4

アオショウビン5

別の場所で・・・

アオショウビン12

こちらは幼鳥でしょうか?全体的に体色が淡く、嘴も黒みががっています・・・

アオショウビン10

アオショウビン11

台湾本島では比較的珍しいアオショウビンですが、中国本土に近い金門島では留鳥であり、ごく普通に見ることができます。そんなアオショウビンですが、今回は日本ではほとんど見ることができない幼鳥まで目にすることができ、何だか得をした気分でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スターウォーズ・ヨーダ似のフィリピンメガネザル

昨日までフィリピンで目にした鳥たちをご紹介してきましたが、シリーズの最後に、今日はボホール島で目にした世界一小さなメガネザル フィリピンメガネザルをご紹介します。

メガネザル(Tarsier)はインドネシア、ボルネオ島、フィリピン諸島など、東南アジアの島嶼部に生息するメガネザル科メガネザル属の体重100グラム程度の小型の霊長類で、体の割に大きな眼を持つことからメガネザルという和名の由来ともなっています。メガネザルの仲間は全部で9種に分かれており、何れもメガネザル属に属していますが、今回、セブ島から高速艇で2時間ほどのところにあるボホール島で目にしたフィリピンメガネザル(Philippine Tarsier)は、体長85~160mm、体重80~160gと、メガネザルの仲間でも最も小さい種の一つで、大人の拳ほどの大きさしかないとのことです。

保護施設(林)の中で目にしたフィリピンメガネザル。体の割に目と耳が大きく、スターウォーズのヨーダによく似ており、見るからにその独特の雰囲気を醸し出しています。

b20180921-KX0A0556.jpg

20180921-KX0A0574.jpg

b20180921-KX0A0559.jpg

b20180921-KX0A0567.jpg

今日はスターウォーズのヨーダによく似たフィリピンメガネザルをご紹介しましたが、体に対する目の大きさは、哺乳類の中でも最も大きく、見るからに夜行性動物であることを想起させてくれますが、想像にたがわず昼間は薄暗い木の中でほとんど動かずじっと休んでいました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

クロハラアジサシ

フィリピンシリーズの続きで、今日は日本でもよく見られるクロハラアジサシをご紹介します。

クロハラアジサシ(Whiskered Tern)はヨーロッパ南部から中央アジア、アフリカ、南アジア、中国東北部、オーストラリアなどの点在した地域で繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季アフリカ、インド、東南アジアなどに南下し越冬する体長33~36cmのカモメ科クロハラアジサシ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはアフリカ北部、ヨーロッパ南西部から中央アジア、シベリア南東部、中国、東南アジアで繁殖し、冬季はアフリカ、南アジア、東南アジア南部からスラウェシ島、フィリピンにかけて越冬する基亜種Chlidonias hybrida hybridaと思われます。なお、日本では同じ基亜種が旅鳥として5月から10月にかけて各地で観察され、特に南西諸島では多く見られるようです。

セブ島と陸続きのマクタン島からボートで15分ほどのオランゴ島の海岸で目にした冬羽のクロハラアジサシ。額から後頸はごま塩状で、眼の後方に黒色斑があり、腮以下の体下面は白色です。

20180923-KX0A1496.jpg

20180923-KX0A1487.jpg

20180923-KX0A1489.jpg

こちらは海岸上空を飛翔していた冬羽のクロハラアジサシ。

20180923-KX0A1384.jpg

20180923-KX0A1391.jpg

20180923-KX0A1393.jpg

20180923-KX0A1379.jpg

今日はセブ島近くのオランゴ島で目にしたクロハラアジサシの基亜種Chlidonias hybrida hybridaと思われる個体をご紹介しましたが、フィリピンにはオーストラリアで繁殖し、冬季(南半球での)オーストラリア北部からフィリピンにかけて越冬する別亜種Chlidonias hybrida javanicusも渡来するとされており、今回目にしたのはどちらの亜種なのか判断に迷いましたが、観察時期が9月末であることから基亜種の可能性のほうが高いと判断しました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ササゴイ

フィリピンシリーズの続きで、今日はボホール島で目にしたササゴイをご紹介します。

ササゴイ(Striated Heron)はアフリカ、中南米、ユーラシア南部および東部、インドネシア、オーストラリア、ソロモン諸島、日本、パプアニューギニア、フィリピン、マダガスカルなどに広く分布する体長約52cmのサギ科ササゴイ属の鳥で、 分布域により実に21亜種に分かれており、今回フィリピンで目にしたのはパキスタン、インド、スリランカからタイ、フィリピン、大スンダ列島、スラウェシにかけて分布する亜種Butorides striata javanicaと思われます。なお、日本ではシベリア北東部、中国北東部、日本に分布する亜種ササゴイ(Butorides striata amurensis)が夏季に本州、四国、九州に夏鳥として飛来し、冬季になると九州以南で越冬(冬鳥もしくは留鳥)することが知られています。

ボホール島の海岸線で目にしたササゴイ。頭頂から後頭と頬線が青みのある黒色ですが、背や肩羽、頬からの体下面は灰褐色みを帯びていることから冬羽に移行中の個体ではないかと思われます。

20180922-KX0A1066.jpg

20180922-KX0A1025.jpg

20180922-KX0A1029.jpg

海面近くを低空飛翔するササゴイ。

20180922-KX0A1058.jpg

20180922-KX0A1056.jpg

20180922-KX0A1061.jpg

今日はフィリピンで目にしたササゴイをご紹介しましたが、今回、亜種を調べる中で実に21もの亜種が存在することが分かりました。このように多くの亜種が存在する理由としては、本種の分布域がアフリカからオーストラリア、中南米にかけて広範囲であり、その間にまたがるインド洋、太平洋には多くの島嶼が存在していることから島嶼型の亜種が多くなったためと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

リュウキュウツバメ

フィリピンシリーズの続きで、今日はリュウキュウツバメをご紹介します。

最初はセブ島から船で2時間ほどのボホール島で目にしたリュウキュウツバメです。

リュウキュウツバメ(Pacific Swallow)はアジア南東部からニューギニア、ソシエテ諸島(南太平洋)にかけて分布する体長約14cmのツバメ科ツバメ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、今回目にしたのはミャンマー南部からベトナム南部にかけてと、フィリピン、モルッカ諸島、スンダ列島にかけて分布する亜種Hirundo tahitica javanicaと思われます。なお、日本では亜種リュウキュウツバメ(Hirundo tahitica namiyei)が留鳥として奄美大島以南から台湾にかけて分布しています。

ボホール島のボートクルーズ発着場そばの橋げたで休んでいたリュウキュウツバメの亜種Hirundo tahitica javanica。日本で見られる亜種リュウキュウツバメ同様、額、腮から胸は赤褐色で、尾は短く浅い凹尾ですが、胸以下の体下面は灰白色をしていました。

20180921-KX0A0528.jpg

一番右の個体は額と喉の赤色部分が淡いことから幼鳥と思われます。

20180921-KX0A0537.jpg

20180921-KX0A0530.jpg

今日はフィリピン・ボホール島で目にしたリュウキュウツバメの亜種Hirundo tahitica javanicaと思われる個体をご紹介しましたが、胸以下の体下面が日本で見られる亜種リュウキュウツバメに比べ褐色みが少ないため、最初はツバメかとも思いましたが、体長がツバメより小さく、胸に黒色の帯がなく、尾は短く浅い凹尾であることから、やはりリュウキュウツバメの別亜種との判断に至りました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

昆虫をゲットしたルリビタキのメス

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの里山で目にしたルリビタキ(Red-flanked Bluetail)のメスをご紹介します。

昨日ご紹介した青色が鮮やかなオスのルリビタキの近くにやって来たメスです。メスの体上面はオリーブ褐色で、腮以下の下面は淡褐色、胸以下はオリーブ褐色で、脇はオスよりもやや鈍い橙色なのが特徴です。

20181229-KX0A6187.jpg

20181229-KX0A6180.jpg

時折地面に降り立ち・・・

20181229-KX0A6142.jpg

見事、何やら昆虫をゲットしました。

20181229-KX0A6155.jpg

20181229-KX0A6166.jpg

今日は見事昆虫をゲットしたルリビタキのメスをご紹介しましたが、やや警戒心の強いこの個体も餌を探しているときは警戒心が少し緩むようで、ある程度の距離を保っていれば比較的ゆっくりと観察することができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

幸せの青い鳥

今年最初にご紹介する鳥は、「幸せの青い鳥」ルリビタキです。

ルリビタキ(Red-flanked Bluetail)は夏季はフィンランドから日本に至るユーラシア大陸の北部で繁殖し、冬季は東南アジア、日本、台湾などで越冬する体長約14cmのヒタキ科ルリビタキ属の鳥ですが、、日本では留鳥または漂鳥として北海道、本州、四国の平地から亜高山帯で繁殖し、冬季は本州以南の平地から山地の常緑広葉樹林、公園などで越冬することが知られています。

そんなルリビタキですが、自宅近くの里山には数個体が飛来しているようで、先日その愛らしい姿を楽しんできました。こちらは額から体上面がかなり青い成鳥のオス。オスは風切外弁すべてが青色になるには4年以上かかると言われていますが、この個体は4年目位でしょうか?

20181229-KX0A6003.jpg

20181229-KX0A6002.jpg

20181229-KX0A6079.jpg

20181229-KX0A6097.jpg

こちらは別の場所で目にした若いオス。額から体上面の青色はまだ淡く、風切外弁もまだ褐色ですので、2年目位のオスでしょうか?

20181229-KX0A6265.jpg

20181229-KX0A6277.jpg

20181229-KX0A6250.jpg

20181229-KX0A6257.jpg

今日はルリビタキのオス2個体をご紹介しましたが、この幸せの青い鳥を見ているとこちらも何となく心が癒されてきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる