FC2ブログ

キクイタダキ

今日は湖畔で偶然目にしたキクイタダキをご紹介します。

キクイタダキ(Goldcrest)はヨーロッパから極東に至るユーラシア大陸の高緯度から中緯度の地域に広く分布する体長約10cmのキクイタダキ科キクイタダキ属の鳥で、分布域により14亜種に分かれており、日本ではシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島、日本にかけて分布する亜種キクイタダキ(Regulus regulus japonensis)が留鳥または漂鳥として北海道から本州中部の山地から亜高山帯に生息し、冬季は低山帯から平地に移動することが知られています。

カラ類の混群に混じっていたキクイタダキ。頭頂は名前のように黄色で、額、背以下の体上面は淡黄緑色。顔は灰褐色で、眼先から眼の周囲は白っぽく、風切基部は黒く、中・大雨覆、三列風切先端が白色のため2本の翼帯となって目立ちます。

KX0A8904.jpg

KX0A8925.jpg

KX0A8999.jpg

KX0A8997.jpg

正面を向いたキクイタダキ。確かに名前のように頭頂の黄色い冠羽が王冠を戴いているように見えますね・・・

KX0A9001.jpg

KX0A8992.jpg

KX0A8979.jpg

KX0A8955.jpg

今日は予期せず目にしたキクイタダキをご紹介しましたが、キクイタダキは主に針葉樹で忙しく動き回り、蛾の幼虫や昆虫、クモ類などを捕食するほか、ホバリングして枝先の虫を捕食することもあるそうで、そんなことから平安時代には「松むしり」とも呼ばれていたそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる