FC2ブログ

獲物を探すチョウゲンボウ

今日はコミミズクの出現を待っている時、土手の上に現れたチョウゲンボウをご紹介します。

チョウゲンボウ(Common Kestrel)はユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布する体長33~39cmのハヤブサ科ハヤブサ属の猛禽で、分布域により11亜種に分類されており、寒冷地で繁殖した個体は冬季に南方へ渡り越冬することが知られています。日本では①ヒマラヤから日本、インドシナにかけて繁殖し、冬季、東アジア、南アジア、フィリンピンに渡り越冬する亜種チョウゲンボウ(Falco tinnunculus interstinctus)が主に北海道、本州中部以北で繁殖(西日本では主に冬鳥)しているほか、②シベリア北東部、中国北東部、朝鮮半島で繁殖する亜種チョウセンチョウゲンボウ(Falco tinnunculus perpallidus)が冬季、稀に渡来することが知られています。

突然、土手の上空に現れた亜種チョウゲンボウのメス。ハイスピードで羽ばたき、ホバリング(空中停止)しながら、地面の獲物を探していました。

4S3A0464.jpg

4S3A0466.jpg

4S3A0467.jpg

4S3A0479.jpg

4S3A0482.jpg

暫くホバリングを続けていましたが、獲物が見つからなかったようで、やがて場所を変えるため移動して行きました・・・

4S3A0497.jpg

4S3A0483.jpg

今日は上空でホバリングしていたチョウゲンボウをご紹介しましたが、河川の土手ではよく見られるごくありふれた光景ではありますが、やはり猛禽、近くに来るとついついレンズを向けてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる