FC2ブログ

コクガン(亜種Branta bernicla nigricans)

昨日の続きで、今日は同じく漁港で目にしたコクガンをご紹介します。

コクガン(Brant Goose)はロシア極北部、アラスカ、カナダ北部、グリーンランド、スピッツベルゲン島(北極圏)などで繁殖し、冬季は東アジア、北アメリカ西部・北東部、ヨーロッパ北西部に渡り越冬する体長約61cmのカモ科コクガン属の鳥で、かっては、①シベリア東部で繁殖し、朝鮮半島南部、日本、渤海沿岸部へ南下し越冬する亜種コクガン、②シベリア西部などで繁殖する亜種ネズミガン、③カナダ東部、グリーンランドで繁殖する亜種シロハラネズミガン、④シベリア極東部、、アラスカ、カナダ北西部で繁殖する亜種クロネズミガンの4亜種に分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では①の亜種コクガンを④の亜種クロネズミガン(Branta bernicla nigricans)に編入しています。

漁港内の波打ち際で泳いでいたコクガン(亜種Branta bernicla nigricans)。頭部から腹にかけて黒色で、上頸には中に黒い模様が入る白い頸輪状斑があり、上面は黒褐色で、脇は幅広い白色と淡黒褐色の縞模様があるのが特徴です。

4S3A0977.jpg

4S3A0768.jpg

近くにやって来たコクガン(亜種Branta bernicla nigricans)。よく見ると、背や肩羽は成羽に換羽していますが、雨覆の羽縁が白いことから第1回冬羽と思われます。

4S3A0954.jpg

4S3A0961.jpg

4S3A0965.jpg

4S3A0955.jpg

4S3A0810.jpg

4S3A0797.jpg

今日はハシジロアビと同じ漁港で目にしたコクガン(亜種Branta bernicla nigricans)の第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)ではかっての亜種コクガン(Branta bernicla orientalis)を亜種クロネズミガン(Branta bernicla nigricans)に編入したため、和名的にはどうなるのか難しい話になってきます。和名としてのコクガンを活かすとなると、従来の亜種クロネズミガンを亜種コクガンに変更することになるのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる