FC2ブログ

亜種アカウソ?

昨日の続きで、今日は同じく山地の森で目にしたウソをご紹介します。

ウソ(Eurasian Bullfinch)はヨーロッパからアジアの北部にかけて広く分布する体長15.5~16cmのアトリ科ウソ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、日本では①千島列島から日本の北部で繁殖する亜種ウソ(Pyrrhula pyrrhula griseiventris)が本州中部以北の亜高山帯などで繁殖し冬季は九州以北の低地に移動して越冬するほか、②サハリンで繁殖する亜種アカウソ(Pyrrhula pyrrhula rosacea)が冬鳥とて飛来し秋から春にかけて滞在することが知られています。

灌木の新芽を食べにやって来たウソのメス。頬以下の体下面に淡い紅色みがあり、大雨覆先端が灰白色であることから亜種アカウソのメスの可能性もありますが(亜種ウソのメスは頬以下の体下面、背は灰褐色で、大雨覆先端の灰白色が不明瞭)、決定的な違いである外側尾羽裏側の軸斑が見えないため何とも言えません・・・

KX0A1418.jpg

KX0A1422.jpg

KX0A1427.jpg

KX0A1431.jpg

KX0A1428.jpg

今日は山地の森で目にしたウソをご紹介しましたが、オスであれば体色の違いから亜種ウソと亜種アカウソの識別は比較的容易と思われますが、メスの場合は決定的な識別ポイントである外側尾羽裏側の軸斑が見えない場合、識別は難しいとされています。今回は同じような体色をしたメス2羽が行動を共にしていましたが、オスが一緒にいてくれれば識別ができたのにと悔やまれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる