FC2ブログ

亜種ヤマドリのメス

昨日の続きで、今日は山地の森に向かう途中、山道で偶然出会ったヤマドリをご紹介します。

ヤマドリ(Copper Pheasant)は日本だけに分布する体長55~125cmのキジ科ヤマドリ属に分類される日本の固有種ですが、分布域により羽衣の色が異なり、①亜種ヤマドリ(Syrmaticus soemmerringii scintillans)、②亜種ウスアカヤマドリ( S. s. subrufus)、③亜種シコクヤマドリ(S. s. intermedius)、④亜種アカヤマドリ(S. s. soemmerringii)、⑤亜種コシジロヤマドリ( S. s. ijimae)の5亜種に分けられています。今回出会ったヤマドリは分布域から考え、本州中部以北に分布する亜種ヤマドリと思われます。

道路わきで採餌していた亜種ヤマドリと思われるメス。薄暗い場所でシャッター速度が上がりませんが、それでもメスの特徴である赤みの少ない体色と、短い尾の先端の白斑を確認することができます。

KX0A1386.jpg

KX0A1388.jpg

KX0A1393.jpg

KX0A1397.jpg

今日は地元近くの山地で偶然目にした亜種ヤマドリと思われるメスをご紹介しましたが、見た目にも美しいオスについては、ご参考までに以前中部地方で撮影した亜種ヤマドリと思われる個体のブログをご紹介します・・・

亜種ヤマドリのオス

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ