FC2ブログ

高原のカッコウ

初夏の高原の主役、カッコウに会いたくて、ガルテン近くの高原を訪れました。

カッコウ(Common Cuckoo)は夏季にユーラシア大陸とアフリカ北西部にかけて広く繁殖し、冬季、アフリカ南部や南アジア、東南アジアに渡り越冬する体長約35cmのカッコウ科カッコウ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、日本にはヨーロッパから中東、カムチャッカ半島、中国北部、日本にかけて繁殖し、冬季アフリカ南部と南アジアに渡り越冬する基亜種カッコウ(Cuculus canorus canorus)が夏鳥として5月ごろに渡来しますが、托卵を行うことで知られており、日本ではオオヨシキリ、コヨシキリ、ホオジロ、モズ等の巣に托卵することが多いようです。

遠くのカラマツの樹上で大声で鳴いていたカッコウ。

DSC01825.jpg

DSC01834.jpg

その後すぐ近くの電線にやって来た同じ個体。日本にやって来るカッコウ属の中では最も大きく、体上面は明るい青灰色でツツドリやホトトギスよりも淡く、腹部の黒褐色の横斑はツツドリやホトトギスよりも細く、間隔も狭いものが多いようです。また、眼瞼輪が黄色で虹彩も黄色であるため、他のカッコウ属の鳥に比べより眼が黄色く見えるようです。

DSC01981.jpg

DSC02000.jpg

DSC02015.jpg

DSC02027.jpg

DSC02048.jpg

DSC02062.jpg

今日は高原で目にした今季初のカッコウをご紹介しましたが、カッコウの声を聴くといよいよ夏が来たことを実感します・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる