FC2ブログ

オナガの子育て

今日はツミが繁殖している自宅近くの公園で、同じように繁殖しているオナガをご紹介します。

オナガ(Azure-winged Magpie)はシベリア東部、モンゴル、中国北部・中部・東部から朝鮮半島、日本にかけて分布する体長約37cmのカラス科オナガ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本には日本の固有亜種オナガ(Cyanopica cyanus japonica)が留鳥として本州中部以北に生息しています。

公園内の薄暗い林で営巣しているオナガ。雛のいる巣にやって来た親鳥。

4S3A4615.jpg

2羽いる雛たちに給餌する親鳥。

4S3A4659.jpg

4S3A4690.jpg

4S3A4712.jpg

4S3A4716.jpg

4S3A4717.jpg

4S3A4724.jpg

今日は子育て真っ最中のオナガをご紹介しましたが、オナガは樹上に枯れ枝などを使って皿状の巣を作り、1腹6~9個の卵を産み、抱卵期間は17~20日で、雛は18日程で巣立ちするとされています。今回目にした雛は2羽だけであったことから、産卵後、何らかのアクシデントが起きていた可能性もあり、そんなことを考えると、彼らが無事に育つまでの道のりの長さを考えさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる