FC2ブログ

バンケン

台湾シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるバンケンをご紹介します。

バンケン(Lesser Coucal)はインド、ネパールからミャンマー、タイ、インドシナ、中国、台湾、マレー半島、スマトラ、ジャワ、ボルネオ、スラウェシ、小スンダ列島、フィリピンにかけて分布する体長31~34cmのカッコウ科バンケン属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、今回、台湾本島で目にしたのは中国南部・東南部、台湾に分布する亜種Centropus bengalensis lignatorと思われます。

台湾本島の草地で朝露に濡れた羽根を乾かしていたバンケン。昨日ご紹介したオオバンケンにもよく似ていますが、体は一回り小さく、茶褐色の背から翼には淡黄褐色の軸斑が目立ち、虹彩は暗褐色なのが特徴です。

バンケン4

バンケン2

バンケン5

バンケン6

バンケン9

バンケン10

飛び出したところ。

バンケン7

背や雨覆の淡黄褐色の軸斑が目立ちます・・・

バンケン8

一般的にバンケンはオオバンケンに比べ神経質な印象が強く、今までにもタイやベトナム、ボルネオ、台湾などで何度も姿を見ることはありましたが、撮影となるとなかなか難しく、ゆっくり撮ることができませんでしたが、今回の個体は比較的人馴れしているようで、遠くからではありましたが、何とかその姿をファインダーに入れることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ