FC2ブログ

オニカッコウ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日は日本でも迷鳥として記録のあるオニカッコウをご紹介します。

オニカッコウ(Asian Koel)はパキスタン、インド、ネパールから中国南部、インドシナ、スマトラ、ボルネオ、小スンダ列島、フィリピンにかけて分布する体長39~46cmのカッコウ科オニカッコウ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは中国南部からインドシナにかけて繁殖し、冬季、ボルネオに渡り越冬する亜種Eudynamys scolopaceus chinensisと思われます。なお、日本では迷鳥として愛知県、大阪府、飛島、九州、与那国島で記録があるようですが、亜種は不明とされています。

金門島で目にしたオニカッコウのオス。込み入った灌木の中で全身が見えませんが、何とか特徴である全身が黒色で、尾は長く、嘴は緑色がかった黄白色で、赤い虹彩を確認することができます。

オニカッコウ7

オニカッコウ8

こちらはオスの近くにいたメス。メスは全身濃褐色で、体上面は白または淡褐色の横斑があり、喉から胸にかけては暗褐色の縦斑、腹部には暗褐色の横斑があり、嘴は黄白色または淡青灰色で、虹彩は赤いのが特徴です。

オニカッコウ4

オニカッコウ6

英名はコーエル、コーエルと大声で鳴くことから名付けられたオニカッコウ(Asian Koel)ですが、声はすれども姿は見えずという忍者のような鳥でもあり、今回も込み入った灌木の中で身を隠すように潜んでいました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ