FC2ブログ

水場のアカハラ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたアカハラをご紹介します。

アカハラ(Brown-headed Thrush)はサハリン、千島、日本で繁殖し、冬季は日本、台湾、中国南東部、フィリピンに渡り越冬する体長約24cmのツグミ科ツグミ属(IOC分類による)の鳥で、分布域により次の2亜種に分かれています。①基亜種アカハラ(Turdus chrysolaus chrysolaus):北海道から本州中部で繁殖し、冬季は本州中部以西や中国南東部、台湾、フィリピン北東部へ南下し越冬。②亜種オオアカハラ(Turdus chrysolaus orii):サハリン、南千島で繁殖し留鳥とされていますが、冬季、本州や南西諸島でも越冬。

突然水場の近くにやって来た亜種アカハラのメスと思われる個体。額から体上面はオリーブ褐色で不明瞭な眉斑があり、腮から喉は淡褐色で顎線はオリーブ褐色。雨覆に幼羽が残ることから第1回夏羽と思われます。

A27I0703.jpg

A27I0702.jpg

こちらは突然水場に降りてきた別個体と思われる亜種アカハラのメス。

A27I0993.jpg

今日は繁殖のため亜高山帯にやって来た基亜種アカハラのメスをご紹介しましたが、冬季には別亜種オオアカハラが本州や南西諸島に越冬のため飛来することがあり、冬に見られるアカハラについてはどちらの亜種なのか識別が必要となります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ