FC2ブログ

水場のキビタキ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場に現れたキビタキ(Narcissus Flycatcher)をご紹介します。

突然、水場にやって来た亜種キビタキのオス。この個体は風切の一部には褐色の幼羽が見られますが、雨覆、小翼羽などには幼羽が見られないことから成鳥と思われます。

A27I0803.jpg

A27I0805.jpg

こちらは別個体のオス。この個体は雨覆、小翼羽、風切に褐色の幼羽が見られることから第1回夏羽と思われます。

A27I1124.jpg

A27I1128.jpg

A27I1132.jpg

A27I1134.jpg

A27I1135.jpg

今日は水場に現れた亜種キビタキのオス2羽をご紹介しましたが、第1回夏羽と成鳥との識別ポイントについて詳しくは分かりませんが、一般的にキビタキの羽衣が完全な成鳥羽に換羽するには3年以上かかるとも言われており、そう考えると最初の個体は第2回夏羽の可能性が高いのではと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ