FC2ブログ

水場のミソサザイ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたミソサザイをご紹介します。

ヨーロッパ、アフリカ北部、西アジア、中央アジアからロシア極東部、東南アジア北部、中国、台湾、朝鮮半島、日本にかけて繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡るとされるミソサザイ(Eurasian Wren)ですが、分布域により実に28亜種に分かれており、そのうち日本では①千島列島南部、樺太、日本に分布する亜種ミソサザイ(Troglodytes troglodytes fumigatus)のほか、②伊豆諸島に分布する亜種モスケミソサザイ(Troglodytes troglodytes mosukei)、③屋久島、種子島に分布する亜種Troglodytes troglodytes ogawae、 ④シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、対馬に分布する亜種Troglodytes troglodytes dauricusの4亜種の存在が知られています。

水場近くに現れた亜種ミソサザイ。全身濃褐色で、全身に細かい小さな白斑があり、背から体上面、雨覆、風切、尾、体下部には黒褐色の横斑が見られます。

A27I0634.jpg

A27I0639.jpg

ミソサザイは尾羽をよく立てることで知られていますが、この個体も尾羽を立てながら餌を探して動き回っていました。

A27I0640.jpg

A27I0642.jpg

こちらは水場に降りてきたミソサザイ。地表の色と酷似しており、ちょっと目を離すと見つけるのが難しくなります・・・

A27I0651.jpg

A27I0653.jpg

A27I0655.jpg

今日は山の水場で目にした亜種ミソサザイをご紹介しましたが、今後もし機会があれば、未だ見たことのない亜種Troglodytes troglodytes ogawae(屋久島、種子島)や、亜種Troglodytes troglodytes dauricus(シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、対馬)にも会ってみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる