FC2ブログ

水場のアオゲラ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたアオゲラをご紹介します。

アオゲラ(Japanese Green Woodpecker)は英名のように日本の本州から四国、九州にかけて分布する体長29~30cmのキツツキ科アオゲラ属の日本の固有種で、分布域により3亜種に分かれており、今回ご紹介するのは本州に分布する基亜種アオゲラです。
・アオゲラ(Picus awokera awokera)・・・本州に分布(まれに飛島、粟島、佐渡島、隠岐でも見られる)
・カゴシマアオゲラ(Picus awokera horii)・・・四国、九州に分布
・タネアオゲラ(Picus awokera takatsukasae)・・・種子島、屋久島に分布

キョッキョッという独特の鳴き声とともに、水場近くの枯れ木にやって来た基亜種アオゲラのオス。雌雄同色ですが、オスは額から後頭、顎線が赤く、メスはに後頸、顎線の一部のみ赤いことで識別できます。

A27I0932.jpg

A27I0933.jpg

A27I0936.jpg

A27I0939.jpg

A27I0940.jpg

A27I0941.jpg

今日は山の水場にやって来たアオゲラをご紹介しましたが、普段は鳴き声を頼りに居場所を突き止め撮影するアオゲラですが、このような水場では先方からやって来てくれるため、何だか得をしたような気分になります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ