FC2ブログ

ホオジロの幼鳥

昨日の続きで、今日は同じく山麓の水場で目にしたホオジロの幼鳥をご紹介します。

ホオジロ(Meadow Bunting)はシベリア南部、モンゴル、中国から沿海地方、朝鮮半島、日本まで、東アジアに広く分布する体長15~18cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、日本ではサハリン、千島列島、日本に分布する亜種ホオジロ(Emberiza cioides ciopsis)が留鳥または漂鳥として北海道から九州、屋久島にかけて分布し、北海道などの寒冷地では夏鳥として渡来し、冬季は暖地や南方へ移動することが知られています。

水場にやって来た亜種ホオジロの幼鳥と思われる個体。メスの成鳥のようにも見えますが、全体的に体色が鈍く、顔も過眼線や頬、顎線が成鳥のようにはっきりしていません。

A27I2411.jpg

水場に降り・・・

A27I2414.jpg

水浴びを始めました。

A27I2430.jpg

A27I2435.jpg

今日は山麓の水場にやって来た亜種ホオジロ(Emberiza cioides ciopsis)の幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、普段見慣れたホオジロも幼鳥を目にする機会は少なく、幼鳥を見るにはこのような水場は絶好のポイントと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる