FC2ブログ

渡り途中のハチクマ

今日は自宅近くの貯水池で目にした渡り途中と思われるハチクマをご紹介します。

ハチクマ(Crested Honey Buzzard)はシベリア南部から中国北東部、日本にかけての地域とインドから東南アジア、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、フィリピンで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面に渡り越冬する体長55~65cmのタカ科ハチクマ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、日本には夏季、 シベリア南部から中国北東部、日本にかけて繁殖し、冬季、東南アジア、大スンダ列島、フィリピンにかけて越冬する亜種Pernis ptilorhynchus orientalisが夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖することが知られています。

貯水池の堰堤で小鳥を探しているとき、突然、ハチクマと思われる猛禽が旋回しながらこちらに向かって飛んできました。急いでお散歩カメラを向けましたが、よく見ると、体上面は黒褐色で、虹彩は暗色、蝋膜が黄色であることからハチクマの幼鳥と思われます。

DSC07957.jpg

DSC07959.jpg

こちらは下面から見たものですが、体下面と下雨覆が茶色で、尾には細い黒褐色の帯があり、翼下面の翼端が黒いことから、中間型の幼鳥と思われます。

DSC07970.jpg

DSC07973.jpg

DSC07975.jpg

DSC07976.jpg

DSC07978.jpg

今日は渡り途中と思われるハチクマをご紹介しましたが、この個体はずっと口を開けたまま上空を通過していきましたので、恐らくかなり遠方から飛び続けてきたものと思われます。この先、長崎県福江島などを経由して越冬地である東南アジア、大スンダ列島、フィリピンなどに移動していくと思われますが、無事、目的地にたどり着いて欲しいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる