FC2ブログ

遠景のハチクマ

福江島シリーズの最後に、今日は岬周辺を飛翔する遠景のハチクマ(Crested Honey Buzzard)をご紹介します。

A27I6539.jpg

A27I6537.jpg

A27I6619.jpg

A27I6554-2.jpg

A27I6594.jpg

A27I4977.jpg

ご覧いただきありがとうございました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

岬先端のエゾビタキ

昨日の続きで、今日は同じくハチクマの観察中に目にしたエゾビタキをご紹介します。

エゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)は夏季にシベリア南部、サハリン、カムチャツカ半島南部等で繁殖し、冬季はフィリピン、セレベス島、ニューギニア等へ南下し越冬する体長14.5~15cmのヒタキ科サメビタキ属の鳥で、日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に飛来しますが、一般的に秋の方が通過数が多いようです。

岬先端の遠くの小枝にとまっていたエゾビタキ。初列風切の突出が長く、英名のように体下面の縦斑が明瞭です。

A27I6351-2.jpg

更にトリミングしてみました・・・

A27I6358.jpg

A27I6361.jpg

今日は長崎県五島列島・福江島で目にしたエゾビタキをご紹介しましたが、この個体は北方で繁殖した後、越冬地であるフィリピン、セレベス島、ニューギニア等へ南下する途中に立ち寄ったものと思われますが、この後、一体どのようなコースをたどって南下していくのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

迷鳥 ヒマラヤアナツバメ

昨日の続きで、今日はハチクマの渡りを観察中、目にした迷鳥 ヒマラヤアナツバメをご紹介します。

ヒマラヤアナツバメ(Himalayan Swiftlet)はインド北東部から中国中南部、マレー半島にかけて繁殖する体長13~14cmのアマツバメ科ヒマラヤアマツバメ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本で記録のあるものは亜種不明とされていますが、①中国中部からベトナム北部にかけて繁殖する腰が暗褐色の亜種Aerodramus brevirostris. innominatusと、②ヒマラヤ、インド北東部、中国南部、ミャンマー北部で繁殖する腰が淡褐色の亜種Aerodramus brevirostris brevirostrisの2亜種と考えられるものが観察、撮影されているようです。

岬の周辺を飛び回っていたヒマラヤアナツバメ。鳥までの距離があり大きくトリミングしていますが、全体が暗褐色で、体下面はやや淡い灰褐色、尾はツバメよりも浅い凹尾という本種の特徴を何とか確認することができます。なお、腰の色が確認できないためどちらの亜種かは不明です。

DSC08403-3.jpg

DSC08404-3.jpg

DSC08466-3.jpg

DSC08469-3.jpg

DSC08470-3.jpg

DSC08471-3.jpg

空中の虫を捕獲するため口を大きく開けて飛んでいたヒマラヤアナツバメ。

DSC08474-3.jpg

日本では迷鳥として天売島、本州、九州、宇治群島、トカラ列島、琉球諸島などで記録のあるヒマラヤアナツバメですが、ここ福江島でも過去に記録があるようで、今回、幸運にもそんな迷鳥のヒマラヤアナツバメを見ることができました。次回はもっと近くで鮮明な写真を撮りたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

海を渡るサンショウクイの群れ

昨日の続きで、今日は同じくハチクマの渡りを観察中に目にしたサンショウクイの群れをご紹介します。

サンショウクイ(Ashy Minivet)は夏季にシベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、日本から台湾にかけて繁殖し、冬季は東南アジアへ南下し越冬する体長約20cmのサンショウクイ科サンショウクイ属の鳥で、日本鳥類目録改訂第7版では、①亜種サンショウクイ(夏季に繁殖のため本州以南に飛来)と、②亜種リュウキュウサンショウクイ(九州南部から南西諸島で周年生息)の2亜種に分類していますが、近年、IOC(国際鳥類学会議)では亜種リュウキュウサンショウクイ(Ryukyu Minivet)を別種として扱っています。

朝方、岬の周りを100羽くらいの群れで飛んでいたサンショウクイ。

A27I5297.jpg

A27I5300.jpg

大きくトリミングしてみました・・・

A27I5298.jpg

こちらは岬先端の灌木で休んでいたサンショウクイ。この2羽は額の白色部が狭く、頭頂から後頸が灰色であることからメスと思われます。(オスは頭頂から後頸は黒色)

A27I5269.jpg

A27I5273.jpg

A27I5279.jpg

普段は小規模な群れを形成して生活しているサンショウクイですが、秋の渡りのシーズンには大規模な群れを形成するようで、今回も100羽ほどの大きな群れで岬周辺を飛び回っていました。この後、海を越え、大陸経由で東南アジアに南下していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

獲物を探して飛翔するミサゴ

昨日の続きで、今日は同じくハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたミサゴをご紹介します。

ミサゴ(Western Osprey)はスラウェシ、オーストラリアを除くほぼ全世界に分布する体長52~60cmのミサゴ科ミサゴ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ、アジア(日本でも留鳥として全国に分布)で繁殖し、冬季、北方の個体はアフリカ、インド、スンダ列島に渡って越冬する基亜種ミサゴ(Pandion haliaetus haliaetus)と思われます。なお、従来ミサゴの亜種とされていたスラウェシからオーストラリアにかけて分布するカンムリミサゴは、近年ミサゴから分離し、現在は別種カンムリミサゴ(Eastern Osprey)となっています。

獲物を探して岬周辺を何度も飛び回っていたミサゴ。この個体は背以下の体上面が黒褐色で、各羽の羽縁は白くないことから成鳥と思われます。

A27I4738.jpg

A27I4740.jpg

A27I4742.jpg

こちらは翼下面が白く、翼端、翼角、下部大雨覆が黒褐色であることから幼鳥と思われます。

A27I5696.jpg

A27I5699.jpg

こちらも別個体ですが、翼下面が白く、翼端、翼角、下部大雨覆が黒褐色であることから幼鳥でしょうか・・・

A27I5823.jpg

A27I5826.jpg

今日はハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたミサゴをご紹介しましたが、昨日のハヤブサもそうですが、このような岬では留鳥の鳥たちも合わせて見ることができ、楽しい観察ポイントになっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

小鳥を狙うハヤブサ

昨日の続きで、今日はハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたハヤブサをご紹介します。

ハヤブサ(Peregrine Falcon)は南極大陸をのぞく全世界に分布する体長42~49cmのハヤブサ科ハヤブサ属の鳥で、現在IOC(国際鳥類学会議)では分布域により16亜種に分類しており、日本では①シベリア北東部から日本にかけて分布する亜種ハヤブサ(Falco peregrinus japonensis)のほか、②アリューシャン列島からアラスカ南部、カナダ北西部にかけて分布する亜種オオハヤブサ(Falco peregrinus pealei)、③アメリカ北部からメキシコにかけて分布する亜種アメリカハヤブサ(Falco peregrinus anatum)、④ラップランドからシベリア北東部にかけて分布する亜種ウスハヤブサ(Falco peregrinus calidus)、⑤1937年を最後に記録がなく、北硫黄島、硫黄島で繁殖するとされていた亜種シマハヤブサ(Falco peregrinus furuitii )の5種が分布するとされています。

当地では留鳥の亜種ハヤブサですが、この時期、渡りの途中に島に立ち寄る小鳥類を狙っているようで、岬周辺では忙しく飛び回っていました。

目線の高さで通過していく亜種ハヤブサ。青黒色の上面に、黄色の蝋膜、眼瞼輪、足が印象的です。

A27I5317.jpg

A27I5315.jpg

A27I5320.jpg

A27I5325.jpg

A27I4754.jpg

A27I4630.jpg

A27I4639.jpg

A27I4642.jpg

A27I4745.jpg

今日はハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたハヤブサをご紹介しましたが、渡りの観察ポイントである当地では、渡りの途中、島に立ち寄る小鳥類を狙ってこのような留鳥のハヤブサも居ついており、楽しみの一つとなっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チゴハヤブサの渡り

今日はハチクマの渡りを観察中に目にしたチゴハヤブサをご紹介します。

チゴハヤブサ(Eurasian Hobby)は夏季にヨーロッパからインド北部、中国、インドシナ、日本にかけて繁殖し、冬季、アフリカ、南アジアに渡り越冬する体長34~37cmのハヤブサ科ハヤブサ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本ではヨーロッパからインド北部、中国中部、日本にかけて繁殖し、冬季アフリカやアジア南部に渡り越冬する基亜種チゴハヤブサ(Falco subbuteo subbuteo)が夏鳥として北海道と本州中部以北に渡来し、渡りの時期には各地で観察されています。

岬の先端上空を通過していった基亜種チゴハヤブサ。和名のごとく体長はハヤブサ(42~49cm)より小さく、成鳥は体下面は白色で、胸から腹にかけて暗褐色の縦斑があり、下腹から下尾筒、脛が赤褐色なのが特徴ですが、この個体は体下面はバフ色みがあり、黒褐色の太い縦斑が顕著で、下腹以下の下面は淡い橙褐色で赤みが少ないことから幼鳥と思われます。

A27I5575.jpg

A27I5583.jpg

その後、すぐ近くを通過していきました。一般に幼鳥の眼瞼輪は青灰色とされていますが、9月末であったためかこの個体は黄色みを帯びていました・・・

A27I5545.jpg

A27I5553.jpg

こちらは別個体の幼鳥。

A27I5662.jpg

A27I5673.jpg

今年夏には信州の繁殖地で目にしたチゴハヤブサですが、この時期、越冬先であるアジア南部に向け移動を始めているようで、渡りの観察ポイントではこのような鳥たちを一緒に見ることができるのも楽しみの一つです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アカハラダカの幼鳥

昨日の続きで、今日は同じくアカハラダカ(Chinese Sparrowhawk)の幼鳥をご紹介します。

ハチクマの渡りを観察中、何度も目にしたアカハラダカの幼鳥。虹彩が黄色いところはメスと同じですが、腮から胸にかけて茶褐色の縦斑、腹以下には横斑があり、翼下面の初列風切は黒くならず(成鳥は初列風切5枚が黒色)、黒褐色の明瞭な横斑があるのが特徴です。

A27I5201.jpg

A27I5197.jpg

A27I5207.jpg

A27I5221.jpg


A27I4656.jpg

A27I4665.jpg

A27I4659.jpg

A27I4677.jpg

昨日、今日と渡り途中のアカハラダカをご紹介しましたが、長崎県には対馬をはじめ佐世保など、数多くのアカハラダカの観察ポイントがあるようで、今度はそんな場所で大群の渡りの光景を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

海を渡るアカハラダカ

昨日の続きで、今日はハチクマの渡りを観察中、時々目にしたアカハラダカをご紹介します。

アカハラダカ(Chinese Sparrowhawk)はシベリア東部、中国東北部から朝鮮半島にかけてと中国南西部で繁殖し、冬季は東南アジア周辺へ渡り越冬する体長25~30cmのタカ科ハイタカ属の鳥で、日本では旅鳥として春秋の渡りの時期に九州や南西諸島で数千羽以上の大群が観察されるほか、本州でも渡り途中の個体が観察されています。

滞在中、何度か目にしたアカハラダカ。この個体は頭部から体上面は暗青灰色で、胸は淡橙褐色、虹彩は暗赤色であることから成鳥のオスと思われます。

A27I4718.jpg

A27I4721.jpg

A27I4726.jpg

こちらは虹彩が黄色のメス。

A27I5610.jpg

A27I5612.jpg

A27I5614.jpg

A27I5617.jpg

A27I5656.jpg

英名(Chinese Sparrowhawk)からも分かるように、アカハラダカが主に中国、朝鮮半島で繁殖するのに対し、外見上よく似たツミ(Japanese Sparrowhawk)は日本を含めた東アジアで繁殖しており、英名では分布域を理解しやすいのに対し、和名は形態的な特徴(アカハラダカ:腹が赤いタカ)や食性(ツミ:スズメなどの小鳥を捕食する)から命名しており、両者の命名の違いを考えさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

目の前を飛翔するハチクマの幼鳥

昨日に続き、今日は目の前を横切っていったハチクマ(Crested Honey Buzzard)の幼鳥をご紹介します。

目線の高さで岬の先端を横切っていくハチクマの幼鳥。幼鳥は翼下面の翼端が黒く、風切や尾の横斑は細く、蝋膜は黄色なのが特徴です。

A27I7323.jpg

A27I7324.jpg

A27I7325.jpg

A27I7327.jpg

こちらは別個体。

A27I5336.jpg

A27I5338.jpg

こちらも別個体の幼鳥。

A27I5387.jpg

A27I5396.jpg

A27I5397.jpg

A27I5401.jpg

今日は目の前を横切っていったハチクマの幼鳥たちをご紹介しましたが、大陸に向けて飛び立っていくハチクマの多くが幼鳥たちであり、写真を見ても何となく初々しい雰囲気を感じさせてくれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

目の前を横切るハチクマ

昨日に続き、今日は目の前を横切っていったハチクマ(Crested Honey Buzzard)のメスをご紹介します。

大陸を目指して飛び出していったものの、途中であきらめて戻って来たと思われるハチクマですが、この個体は虹彩が黄色で、尾にはオスより細い2~3本の黒褐色の帯があり、体下面は茶褐色であることから中間型の成鳥のメスと思われます。

A27I6970.jpg

メスは体長約61cm、翼長約135cmとオス(体長約57cm、翼長121cm)より一回り大きく、翼の幅が広いのも特徴の一つです。

A27I6971.jpg

A27I6972.jpg

A27I6973.jpg

A27I6974.jpg

昨日に続き、目の前を横切っていったハチクマの成鳥のメスをご紹介しましたが、オスより一回り大きいメスが飛翔する姿は迫力満点です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

目の前を飛翔するハチクマ

昨日の続きで、今日は五島列島・福江島で目にした目線の高さで飛翔していたハチクマ(Crested Honey Buzzard)をご紹介します。

大陸を目指して飛び出していったものの、途中であきらめて戻って来たと思われるハチクマですが、目線の高さで飛んでくれました。この個体は顔に灰色みがあり、虹彩は暗色で、風切先端に太い黒色帯と尾に太い2本の黒色帯があり、全身が暗褐色であることから暗色型の成鳥のオスと思われます。

A27I5347.jpg

A27I5350.jpg

A27I5351.jpg

A27I5355.jpg

A27I5357.jpg

こちらは別個体で、体下面が淡褐色タイプの成鳥のオス。

A27I7241.jpg

A27I7250.jpg

今日は目線の高さで飛翔していたハチクマをご紹介しましたが、目の前を飛び去るハチクマは何とも迫力があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

低空で旋回するハチクマ

昨日の続きで、今日は低空で旋回するハチクマ(Crested Honey Buzzard)をご紹介します。

大陸を目指して飛び出していったハチクマたちですが、そのうちの一部は途中であきらめ戻ってくるものもいます。そんな時は低空飛翔しながら戻ってくることが多く、目線の高さで見ることができます。

岬の先端で低空で旋回していたハチクマ。右側の個体は尾には細い2本の黒褐色の帯があることから成鳥のメスと思われます。

A27I7078.jpg

A27I7079.jpg

交差する2羽。左の個体は尾の帯が不鮮明なことから幼鳥と思われます。

A27I7085.jpg

A27I7086.jpg

A27I7128.jpg

こちらは別のシーンで、左の個体は顔に灰色みがあり、虹彩は暗色で、風切先端に太い黒色帯と尾に太い2本の黒色帯があることから成鳥のオスと思われます。

A27I7110.jpg

A27I7288.jpg

A27I7289.jpg

A27I7294.jpg

今日は低空で旋回していたハチクマをご紹介しましたが、一般に渡りの途中見かけるハチクマは上空を通過していくものが多いのですが、日本からの最終出発地である福江島ではこのように低空飛翔している個体を見ることも多く、魅力的な場所になっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハチクマの渡り

9月下旬、ハチクマの渡りの国内の主な最終出発地である五島列島・福江島に行って来ましたので、今日から暫くの間、当地で出会った鳥たちをご紹介します。

最初は今回の目玉、ハチクマです。
ハチクマ(Crested Honey Buzzard)はシベリア南部から中国北東部、日本にかけての地域とインドから東南アジア、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、フィリピンで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面に渡り越冬する体長55~65cmのタカ科ハチクマ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、日本には夏季、 シベリア南部から中国北東部、日本にかけて繁殖し、冬季、東南アジア、大スンダ列島、フィリピンにかけて越冬する亜種Pernis ptilorhynchus orientalisが夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖することが知られています。日本で繁殖したハチクマは主に福江島を最終出発地として日本を離れ、海上を不眠不休で大陸に向けて飛翔し中国上海付近に到達すると言われています。

大陸への旅立ちのため前日、福江島に集結していたハチクマですが、夜が明け始めたころ次々と鷹柱を作り大陸へと渡っていきます。

DSC08567-2.jpg

ハチクマは同じ渡り鳥のサシバとは異なり、上昇気流がなくても自力で羽ばたいて次々と上昇していきます。

DSC08518-2.jpg

DSC08522-2.jpg

DSC08526-2.jpg

DSC08519.jpg

DSC08524.jpg

大きくトリミングしてみました。ハチクマは羽衣の個体変化が大きい猛禽として知られていますが、この写真からもそんな特徴を見ることができます。

A27I5866.jpg

A27I5875.jpg

毎年1万羽を超えるハチクマが五島列島・福江島を経由し大陸に渡っているそうですが、今年は度重なる台風や残暑が続いたせいか私達が行った時にはまだ渡り中盤といったところで、観察最終日には千羽を越えるハチクマを見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロハラクイナ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はシロハラクイナをご紹介します。

シロハラクイナ(White-breasted Waterhen)はインドから東南アジア全域、中国南部、台湾、日本にかけて留鳥として分布する体長約32cmのクイナ科シロハラクイナ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはインドから中国南部、インドシナ、マレー半島、台湾、日本、フィリピンにかけて分布する基亜種Amaurornis phoenicurus phoenicurusと思われます。なお、日本では奄美諸島と琉球諸島に分布するほか、その他の地域でも稀に飛来し繁殖の記録も複数あるようです。

金門島の池の畔を歩き回っていたシロハラクイナ。上面はオリーブ色みのある黒色で、顔から腹にかけての白色と、下腹部・下尾筒の赤褐色の対比が実に鮮やかです。

シロハラクイナ1

シロハラクイナ2

シロハラクイナ3

シロハラクイナ4

少し明るいところに出てきましたが、よく見るとペアでしょうか、2羽いました。

シロハラクイナ5

シロハラクイナ6

シロハラクイナ7

今日は金門島で目にしたシロハラクイナをご紹介しましたが、本種は名前のように顔から腹にかけて美しい白色であり、遠目で見ても大変よく目立ちます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カヤノボリ

台湾シリーズの続きで、今日はカヤノボリをご紹介します。

カヤノボリ(Collared Finchbill)です。カヤノボリはベトナム北部、中国中南部、台湾に分布する体長約23cmのヒヨドリ科カヤノボリ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、台湾には固有亜種Spizixos semitorques cinereicapillusが分布することが知られています。

亜高山帯のロッジ周辺で目にしたカヤノボリの台湾亜種。全身黒みを帯びた黄緑色で、頭部は黒く、英名のように白色の襟とアトリ科の鳥のような太く短い嘴が特徴です。

カヤノボリ6

カヤノボリ5

カヤノボリ2

カヤノボリ1

カヤノボリ3

カヤノボリ4


今日はカヤノボリの台湾固有亜種をご紹介しましたが、図鑑によれば、ベトナム北部、中国中南部に分布する基亜種Spizixos semitorques semitorquesに比べ 、額、頭頂、後頸と尾羽先端の黒色部は灰色みを帯びているそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イワヒバリ

台湾シリーズの続きで、今日は高山帯で目にしたイワヒバリをご紹介します。

イワヒバリ(Alpine Accentor)はヨーロッパ、アフリカ北西部から中東、西アジア、中央アジア、南アジア、東アジアに広く分布する体長15~19cmのイワヒバリ科イワヒバリ属の鳥で、分布域により9亜種に分かれており、今回目にしたのは台湾の固有亜種Prunella collaris fennelliと思われます。なお、日本にはカザフスタンからシベリア、中国北東部、韓国、日本にかけて分布する亜種Prunella collaris erythropygiaが留鳥または漂鳥として本州北部から中部の高山帯で生息し、冬季は低地に移動し越冬することが知られています。

台湾本島の高山帯の岩場で目にしたイワヒバリの台湾亜種。日本に分布する亜種に比べ、頭部から背、胸の羽衣はより灰色みが強く、脇の赤褐色みも鮮明で、下腹部が白色なのが特徴のようです。

イワヒバリ1

イワヒバリ2

イワヒバリ3

イワヒバリ4

イワヒバリ5

今日はイワヒバリの台湾の固有亜種をご紹介しましたが、日本で目にするイワヒバリに比べ全体に色鮮やかであり、見た目にもインパクトがありました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カンムリワシ

台湾シリーズの続きで、今日はカンムリワシをご紹介します。

カンムリワシ(Crested Serpent Eagle)はインド、スリランカからミャンマー、タイ、インドシナ、中国南部、台湾、日本の八重山諸島、マレー半島、スマトラ、ジャワ、バリ、ボルネオなどに広く分布する体長50~74cmのタカ科カンムリワシ属の鳥で、分布域により21亜種に分かれており、今回目にしたのは台湾の固有亜種Spilornis cheela hoyaで、日本の八重山諸島(石垣島、西表島)に生息する固有亜種Spilornis cheela perplexus(体長50~56cm)に比べ、体長が65~74cmと一回り大きく、体色もやや濃いのが特徴です。

台湾本島の山麓で目にしたカンムリワシの台湾亜種。名前のように後頭部に冠羽があるのが特徴で、興奮したりすると冠羽を立てるそうです。

カンムリワシ1

水浴びをした後なのでしょうか、翼と尾羽を少し広げて休んでいました・・・

カンムリワシ2

カンムリワシ4

カンムリワシ5

カンムリワシ6

今日はカンムリワシ属カンムリワシの台湾の固有亜種をご紹介しましたが、英名(Serpent:ヘビ)からも分かるように食性は動物食で、両生類、爬虫類、甲殻類、昆虫類などを捕食し、特にヘビを好んで食べることが知られています。なお、ヘビを好んで捕食するのは、カンムリワシ属のほかにチュウヒワシ(Short-toed Snake Eagle)に代表されるチュウヒワシ属の猛禽も同様であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒガシオオコノハズク

台湾シリーズの続きで、今日はヒガシオオコノハズクの台湾の固有亜種をご紹介します。

ヒガシオオコノハズク(Collared Scops Owl)はヒマラヤ西部からインドシナ北部、中国南東部、台湾にかけて分布する体長23~25cmのフクロウ科オオコノハズク属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのは台湾の固有亜種Otus lettia glabripesと思われます。

台湾本島の寺院で目にしたヒガシオオコノハズク。寺院の天井を塒にしているようで、昼間のこの時間帯は眼を閉じていましたが・・・

オオコノハズク1

しばらくすると眼を開けてくれました。

オオコノハズク2

日本に分布するオオコノハズクは虹彩が橙色ですが、こちらは暗赤色である点が大きく異なります。

オオコノハズク3

今日はヒガシオオコノハズク(Collared Scops Owl)の台湾の固有亜種をご紹介しましたが、Collared Scops Owl(旧称:オオコノハズク)はかってはロシア東部の沿海州からサハリン、中国東部、朝鮮半島、日本、東南アジア、インド、ネパール、イラン南部、パキスタン南部にかけて分布するフクロウ科オオコノハズク属の鳥として分類されていましたが、現在は以下の4種に分かれており、注意が必要です・・・

①インドオオコノハズク(Indian Scops Owl)・・・イラン南部、パキスタン南部からインド、スリランカに分布(4亜種)
②ヒガシオオコノハズク(Collared Scops Owl)・・・ヒマラヤ西部から中国南部、インドシナ北部、台湾にかけて分布(5亜種)
③オオコノハズク(Japanese Scops Owl)・・・ロシア東部、中国北東部、朝鮮半島、日本、南西諸島にかけて分布(亜種サメイロオオコノハズク、亜種オオコノハズク、亜種リュウキュウオオコノハズクの3亜種)
④スンダオオコノハズク(Sunda Scops Owl)・・・タイ南部、マレー半島、スマトラ、ボルネオ、ジャワにかけて分布(3亜種)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

タカサゴモズ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はタカサゴモズをご紹介します。

タカサゴモズ(Long-tailed Shrike)はカザフスタン南部からイラン北東部、アフガニスタン、パキスタン、インド、スリランカ、ネパール、ミャンマー、タイ、インドシナ、中国、マレー半島、大スンダ列島、小スンダ列島、ボルネオ、フィリピン、ニューギニアにかけて広く分布する体長24~25cmのモズ科モズ属の鳥で、分布域により9亜種に分かれており、今回、金門島で目にしたのは中国中部・南東部、台湾からベトナム北部にかけて分布する基亜種Lanius schach schachと思われます。なお、日本では迷鳥として本州、見島、九州、対馬、トカラ列島、琉球諸島で記録があり、今回と同じ基亜種schachとされています。

金門島で目にしたタカサゴモズ。頭頂から背にかけて灰色で、腰と上尾筒は灰褐色、そして英名のごとく尾羽が長いのが特徴です。

タカサゴモズ2

タカサゴモズ1

タカサゴモズ3

タカサゴモズ4

こちらは頭頂から背にかけて灰褐色で、全体的に体色が鈍いことから幼鳥と思われます。

タカサゴモズ9

タカサゴモズ7

今日は台湾・金門島で目にした日本にもやって来るタカサゴモズの基亜種Lanius schach schachをご紹介しましたが、ご参考までに以前、①インド北西部で目にした頭が灰色の亜種Lanius schach erythronotus、②タイ中部で目にした頭の黒い亜種Lanius schach longicaudatusの2亜種をご紹介します・・・

①インド北西部の亜種Lanius schach erythronotus

タカサゴモズ6

②タイ中部の亜種Lanius schach longicaudatus

タカサゴモズ14


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる