FC2ブログ

タカサゴモズ

台湾・金門島シリーズの続きで、今日はタカサゴモズをご紹介します。

タカサゴモズ(Long-tailed Shrike)はカザフスタン南部からイラン北東部、アフガニスタン、パキスタン、インド、スリランカ、ネパール、ミャンマー、タイ、インドシナ、中国、マレー半島、大スンダ列島、小スンダ列島、ボルネオ、フィリピン、ニューギニアにかけて広く分布する体長24~25cmのモズ科モズ属の鳥で、分布域により9亜種に分かれており、今回、金門島で目にしたのは中国中部・南東部、台湾からベトナム北部にかけて分布する基亜種Lanius schach schachと思われます。なお、日本では迷鳥として本州、見島、九州、対馬、トカラ列島、琉球諸島で記録があり、今回と同じ基亜種schachとされています。

金門島で目にしたタカサゴモズ。頭頂から背にかけて灰色で、腰と上尾筒は灰褐色、そして英名のごとく尾羽が長いのが特徴です。

タカサゴモズ2

タカサゴモズ1

タカサゴモズ3

タカサゴモズ4

こちらは頭頂から背にかけて灰褐色で、全体的に体色が鈍いことから幼鳥と思われます。

タカサゴモズ9

タカサゴモズ7

今日は台湾・金門島で目にした日本にもやって来るタカサゴモズの基亜種Lanius schach schachをご紹介しましたが、ご参考までに以前、①インド北西部で目にした頭が灰色の亜種Lanius schach erythronotus、②タイ中部で目にした頭の黒い亜種Lanius schach longicaudatusの2亜種をご紹介します・・・

①インド北西部の亜種Lanius schach erythronotus

タカサゴモズ6

②タイ中部の亜種Lanius schach longicaudatus

タカサゴモズ14


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる