FC2ブログ

ハチクマの渡り

9月下旬、ハチクマの渡りの国内の主な最終出発地である五島列島・福江島に行って来ましたので、今日から暫くの間、当地で出会った鳥たちをご紹介します。

最初は今回の目玉、ハチクマです。
ハチクマ(Crested Honey Buzzard)はシベリア南部から中国北東部、日本にかけての地域とインドから東南アジア、スマトラ、ボルネオ、ジャワ、フィリピンで繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南下して、インドや東南アジア方面に渡り越冬する体長55~65cmのタカ科ハチクマ属の鳥で、分布域により6亜種に分かれており、日本には夏季、 シベリア南部から中国北東部、日本にかけて繁殖し、冬季、東南アジア、大スンダ列島、フィリピンにかけて越冬する亜種Pernis ptilorhynchus orientalisが夏鳥として渡来し、九州以北の各地で繁殖することが知られています。日本で繁殖したハチクマは主に福江島を最終出発地として日本を離れ、海上を不眠不休で大陸に向けて飛翔し中国上海付近に到達すると言われています。

大陸への旅立ちのため前日、福江島に集結していたハチクマですが、夜が明け始めたころ次々と鷹柱を作り大陸へと渡っていきます。

DSC08567-2.jpg

ハチクマは同じ渡り鳥のサシバとは異なり、上昇気流がなくても自力で羽ばたいて次々と上昇していきます。

DSC08518-2.jpg

DSC08522-2.jpg

DSC08526-2.jpg

DSC08519.jpg

DSC08524.jpg

大きくトリミングしてみました。ハチクマは羽衣の個体変化が大きい猛禽として知られていますが、この写真からもそんな特徴を見ることができます。

A27I5866.jpg

A27I5875.jpg

毎年1万羽を超えるハチクマが五島列島・福江島を経由し大陸に渡っているそうですが、今年は度重なる台風や残暑が続いたせいか私達が行った時にはまだ渡り中盤といったところで、観察最終日には千羽を越えるハチクマを見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる