FC2ブログ

局地的に繁殖するケリ

昨日の続きで、今日はワライカモメのいる港近くの調整池で目にしたケリをご紹介します。

ケリ(Grey-headed Lapwing)はシベリア東部、中国北東部・東部、日本で繁殖し、冬季、大陸の個体は東南アジアに渡り越冬する体長約36cmのチドリ科タゲリ属の鳥で、日本では留鳥として近畿地方以北の本州に分布し、局地的に繁殖していることが知られています。

調整池の浅瀬で採餌していたケリ。夏羽では青灰色だった頭部はこの時期、褐色みを帯びていました。

A27I8022.jpg

嘴は黄色で先端が黒く、足は黄色くて長く、虹彩は赤褐色で黄色いアイリングがあるのも本種の特徴です。

A27I8024.jpg

大きく羽ばたきましたが、真っ白な体下面、次列風切、雨覆の一部と、黒色の初列風切、雨覆との対比が実に鮮やかです・・・

A27I8048.jpg

A27I8050.jpg

A27I8064.jpg

上面から見ると、灰褐色、白色、黒色の3色の対比が鮮やかです。

A27I8107.jpg

A27I8113.jpg

A27I8119.jpg

A27I8124.jpg

日本においては、かつては主に東北地方に分布していたとされる留鳥のケリですが、近年、分布が拡大し、現在では中部地方、関西地方を中心とした近畿以北の本州に分布し、最近では中国地方・北部九州など西日本でも繁殖が確認され始めているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる