FC2ブログ

鷹斑(タカフ)があるタカブシギ

昨日に続き、今日は同じく調整池で目にしたタカブシギをご紹介します。

タカブシギ(Wood Sandpiper)はヨーロッパ北部・中部からシベリア東部、中国北東部にかけユーラシア大陸北部で繁殖し、冬季はアフリカ、インド、東南アジア、ニューギニア、オーストラリアなど南方にに渡り越冬する体長約20cmのシギ科クサシギ属の鳥で、日本では旅鳥として春と秋の渡りの時期に全国的に渡来するほか、関東地方以西ではごく少数が越冬することが知られています。

調整池の浅瀬でたたずんでいたタカブシギ。この個体は白く明瞭な眉斑があり、体上面は褐色みが強いことから冬羽の移行中の幼鳥でしょうか・・・

A27I8099.jpg

突然飛び出しました・・・ 腰から尾の上部が白く、尾には和名の由来ともなった鷹斑(細い褐色横斑)を確認することができます。

A27I8090.jpg

A27I8092.jpg

A27I8094.jpg

A27I8095.jpg

英名はユーラシアの主に高緯度地帯に広く繁殖し、林の開けた沼や湿地で繁殖することからWood Sandpiperと名付けられたタカブシギですが、一方、和名は尾に鷹斑(タカフ)のような細い褐色横斑があることから名付けられています。今回、偶然ではありましたが、飛翔時にそんな鷹斑を見ることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ