FC2ブログ

ヨーロッパコマドリの幼鳥

いよいよ本年最後となりましたが、この一年、稚拙なブログにお付き合いいただきありがとうございました。本年最後はヨーロッパコマドリの幼鳥をご紹介します。

ヨーロッパコマドリ(European Robin)はヨーロッパ全域のほか、シベリア西部、カフカース、アルジェリア、大西洋上のアゾレス諸島、マデイラ諸島まで広く分布するヒタキ科コマドリ属の鳥で、全部で9亜種に分けられており、今回目にしたのはヨーロッパ大陸からウラル山脈、トルコ西部、モロッコ北西部などに分布する基亜種Erithacus rubecula rubeculaで、イギリスに分布する亜種Erithacus rubecula melophilusに比べると、胸の赤橙色が弱く、上面は灰色がかった褐色をしているのが特徴です。また、日本では迷鳥として北海道、飛島、千葉県、奈良県、舳倉島で記録がありますが、亜種は不明とされています。

山地の道路わきで目にした基亜種ヨーロッパコマドリの幼鳥。頭部から胸にかけて淡褐色の細かい斑が認められます。

4S3A7738.jpg

4S3A7741.jpg

今日はブルガリアで目にした基亜種ヨーロッパコマドリの幼鳥をご紹介しましたが、本種の成鳥については今までにフランス、オーストリア、イギリスで目にしていますので、ご参考までに当時のブログをご紹介します・・・

フランス(基亜種)

オーストリア(基亜種)

イギリス(別亜種)


それでは皆様、よいお年をお迎えください!!

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロジョウビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はクロジョウビタキをご紹介します。

クロジョウビタキ(Black Redstart)はヨーロッパ西部、アフリカ北西部からシベリア、モンゴル西部、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部、ヨーロッパ南部、西南アジア、インドに渡り越冬する体長13~14.5cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、全部で5亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ、アフリカ北西部、トルコ西部にかけて分布する亜種Phoenicurus ochruros gibraltariensisと思われます。なお、日本では迷鳥として北海道、本州、飛島、粟島、舳倉島、見島、宇治群島、久米島、西表島、与那国島などで記録があり、日本に渡来したのはヒマラヤ中部から中国中部にかけて分布する亜種クロジョウビタキ(Phoenicurus ochruros rufiventris)とされています。

山岳地帯で目にしたクロジョウビタキ。体全体が暗灰褐色で、尾だけが褐色のであることから若いメスあるいはオスの第1回夏羽と思われます。(成鳥は体全体が黒色で、翼に白斑が見られる)

4S3A7720.jpg

4S3A7712.jpg

4S3A7717.jpg

4S3A7722.jpg

4S3A7706.jpg

今日はブルガリアの山岳地帯で目にしたクロジョウビタキの若いメスあるいはオスの第1回夏羽と思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに以前フランス、オーストリア、モンゴルで目にしたクロジョウビタキのブログをご紹介します・・・

フランス(オス1S、メス?)

オーストリア(オス成鳥、オス1S、メス)

モンゴル(オス成鳥、メス成鳥)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロビタイジョウビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はシロビタイジョウビタキをご紹介します。

シロビタイジョウビタキ(Common Redstart)はヨーロッパ、アフリカ北部からロシア中南部、カザフスタン、モンゴルなどにかけて繁殖し、冬季はアフリカ北東部・東部に渡り越冬する体長13~14.5cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはバルカン半島、ギリシャからウズベキスタン、トルクメニスタン、イランにかけて繁殖し、冬季アフリカ北東部に渡り越冬する亜種Phoenicurus phoenicurus samamisicusと思われます。なお、日本では迷鳥として石川県舳倉島で過去2回しか記録がないという珍鳥でもあります。

黒海沿岸の林で目したシロビタイジョウビタキ。頭から体上面は灰褐色で、かすかに眉斑が見られるほか、喉は汚灰色で、胸以下の下面は橙褐色で鱗模様があることからオスの第1回冬羽と思われます。

4S3A5730.jpg

4S3A5733.jpg

4S3A5770.jpg

今日はシロビタイジョウビタキ(亜種Phoenicurus phoenicurus samamisicus)のオスの第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに以前モンゴル、チェコスロバキアで目にした基亜種Phoenicurus phoenicurus phoenicurus の成鳥をご紹介します・・・

モンゴル(成鳥オス)

チェコスロバキア(成鳥オス・メス)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ニシオジロビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも人気のあるニシオジロビタキをご紹介します。

ニシオジロビタキ(Red-Breasted Flycather)はヨーロッパ北部、中部からロシア西部、イランにかけて繁殖し、冬季にインド、パキスタンなどに渡り越冬する体長11~12cmのヒタキ科キビタキ属の鳥ですが、日本では数少ない旅鳥または冬鳥として毎年各地で記録があり、その多くはメスのことが多いようです。なお、ニシオジロビタキは、かってはロシアからモンゴル北部、中国北東部にかけて繁殖し、冬季に東南アジアからボルネオにかけて越冬し、日本には少数が渡来するオジロビタキ(Taiga Flycatcer)の別亜種とされていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では別種としています。

湖畔の灌木で目にしたニシオジロビタキ。喉から胸にかけてオス特有の橙色が見られないことからメスのように見えますが、大雨覆には幼羽が残り、胸にうっすらと橙色が見られることから、オスの第1回冬羽ではないかと思われます。

4S3A4207.jpg

日陰に移動した同じ個体。胸にうっすらとした橙色がよく確認できます。

4S3A4211.jpg

4S3A4214.jpg

4S3A4223.jpg

4S3A4239.jpg

4S3A4248.jpg

4S3A4251.jpg

今日はブルガリアで目にしたニシオジロビタキのオス第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに以前、関西とインドで目にしたオス成鳥と、モンゴルで目にしたオジロビタキのオス成鳥をご紹介します。

ニシオジロビタキ(関西)
ニシオジロビタキ(インド)
オジロビタキ(モンゴル)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

マミジロノビタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるマミジロノビタキをご紹介します。

マミジロノビタキ(Whinchat)はヨーロッパからロシア中部、モンゴル北西部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ西部・中部・北東部で越冬する体長12~14cmのヒタキ科ノビタキ属の鳥で、日本では迷鳥として沖縄島と舳倉島で記録があり、和名のように雌雄ともに白い眉斑があるのが特徴です。

草原地帯で遠くの草にとまっていたマミジロノビタキ。この個体は眉斑が淡橙褐色で、頬は橙褐色で細い黒褐色の斑があることからメスと思われます。(オスは眉斑が明瞭な白色で、頬は黒褐色)

4S3A6177.jpg

4S3A6184.jpg

4S3A6193.jpg


4S3A6210.jpg

4S3A6165.jpg

1羽が羽根を開いてくれました。尾羽は黒く、中央1対を除く基部が白いのが本種の特徴です。

4S3A6179.jpg

今日はヨーロッパからモンゴルにかけて広く分布するマミジロノビタキをご紹介しましたが、今まで訪れた中では見ることが叶わず一度は目にしたいと思っていました。今回、距離こそありましたが、ようやく念願を叶えることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

セグロサバクヒタキ

昨日の続きで、今日は同じくブルガリアで目にしたセグロサバクヒタキをご紹介します。

セグロサバクヒタキ(Pied Wheatear)はルーマニア、ウクライナからロシア中南部、モンゴル、中国中央部で繁殖し、冬季はアフリカ北東部に渡り越冬する体長14~16cmのヒタキ科サバクヒタキ属の鳥で、日本へは稀な旅鳥として利尻島、本州、飛島、舳倉島、隠岐、見島、対馬で記録があるようです。

黒海沿岸の岩場で目にしたセグロサバクヒタキ。体上面は暗灰褐色で、背には鱗模様が見られることからメスの第1回冬羽と思われます。

4S3A4735.jpg

4S3A4745.jpg

何やら虫を捕えたようです。

4S3A4861.jpg

4S3A4868.jpg

4S3A4875.jpg

4S3A4879.jpg

4S3A4884.jpg

今日は黒海沿岸で目にしたセグロサバクヒタキ・メスの第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、オスについては以前訪れたモンゴルで目にしていますので、ご参考までに当時のブログをご紹介します。

セグロサバクヒタキのオス(モンゴル)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハシグロヒタキ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はハシグロヒタキをご紹介します。

ハシグロヒタキ(Northern Wheatear)はヨーロッパ、アフリカ北西部から中東、中央アジア、ロシア、中国北西部、アラスカ、カナダ北部にかけて繁殖し、冬季はアラビア半島やアフリカ北東部や西部に渡り越冬する体長14~16.5cmのヒタキ科サバクヒタキ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南部から中東、西南アジア、モンゴル、中国北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部、西南アジアに渡って越冬する亜種Oenanthe oenanthe libanoticaと思われます。なお、日本へはヨーロッパ北部・中部からアジア北部、シベリア東部、北アメリカ北西部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ北部・中部で越冬する基亜種Oenanthe oenanthe oenantheが稀な旅鳥として渡りの時期に観察され、北海道、本州、日本海側の島嶼、九州、西表島、南西諸島で記録があるようです。

黒海沿岸の草地で目にしたハシグロヒタキ.。頭部から背は灰褐色で、過眼線に黒みがなく、頬は淡褐色で、雨覆に黒い軸斑があることからメスの第1回冬羽と思われます。

4S3A4710.jpg

4S3A4713.jpg

隣接する岩場に移動した同じ個体。

4S3A4690.jpg

4S3A4699.jpg

4S3A4694.jpg

4S3A4705.jpg

4S3A4696.jpg

今日はヨーロッパ南部から中東、西南アジア、モンゴル、中国北西部にかけて繁殖するハシグロヒタキの亜種Oenanthe oenanthe libanoticaと思われる個体をご紹介しましたが、この先、越冬地であるアフリカ北部、西南に向け移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

移動途中のヨーロッパハチクイ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はヨーロッパハチクイをご紹介します。

ヨーロッパハチクイ(European Bee-eater)はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部から中央アジアにかけてとアフリカ南部で繁殖し、冬季、アフリカ西部、中部、南部に渡り越冬する体長25~29cmのハチクイ科ハチクイ属の鳥で、頭部からの体上面は茶褐色で、額と腮、喉は黄色、胸以下の体下面は青色、虹彩は赤色と大変カラフルで美しいハチクイです。

黒海沿岸を群れで飛んでいたヨーロッパハチクイ。この後、越冬地のアフリカに向け渡っていくのでしょうか。

4S3A3634.jpg

4S3A3635.jpg

4S3A3632.jpg

4S3A3630.jpg

近くにやって来たヨーロッパハチクイ。どうやら空中の虫など探しているようです・・・

4S3A4444.jpg

4S3A4446.jpg

4S3A4450.jpg

4S3A4451.jpg

4S3A4458.jpg

今日は秋の渡りの時期、黒海沿岸を通過していったヨーロッパハチクイをご紹介しましたが、ヨーロッパ各地で繁殖したヨーロッパハチクイたちはこの時期、続々と越冬地であるアフリカに向け移動しているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。


鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コキンメフクロウ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はコキンメフクロウをご紹介します。

コキンメフクロウ(Little Owl)はヨーロッパ西部から中東、南アジア、中央アジア、ロシア、東アジアにかけたユーラシアとアフリカ北部、北東部に分布する体長23~27.5cmのフクロウ科コキンメフクロウ属の鳥で、分布域により13亜種に分かれており、今回目にしたのはルーマニア、ブルガリア、ギリシャ、ウクライナ、トルコ、ロシア南部に分布する亜種Athene noctua indigenaと思われます。

移動途中、ブルガリアの民家の屋根にとまっていたコキンメフクロウの亜種Athene noctua indigenaと思われる個体。頭部からの上面は白いまだら模様の入った茶色で、体下面は白色で茶色の縦斑があり、身体の割に頭や足は大きく、虹彩は和名のように黄色(金色)であるのが特徴です。

4S3A6148.jpg

4S3A6143.jpg

4S3A6137.jpg

4S3A6150.jpg

今日はブルガリアで目にしたコキンメフクロウの亜種Athene noctua indigenaと思われる個体をご紹介しましたが、以前訪れたスペインとモロッコではそれぞれ別亜種の基亜種Athene noctua noctua(スペイン)と亜種Athene noctua saharae(モロッコ)を目にしましたので、ご参考までに当時のブログをご紹介します・・・

コキンメフクロウ(スペイン、モロッコ)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ワシミミズク

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも留鳥あるいは迷鳥として記録のあるワシミミズクをご紹介します。

ワシミミズク(Eurasian Eagle-Owl)は極地圏と熱帯を除くユーラシア大陸の大部分で留鳥として分布する体長約59~73cmのフクロウ科ワシミミズク属の鳥で、分布域により16亜種に分かれており、今回、ブルガリアで目にしたのはトルコからブルガリア、ルーマニア、ウクライナ南部にかけて分布する亜種Bubo bubo interpositusと思われます。なお、日本ではサハリン、千島列島に分布する亜種ワシミミズク(Bubo bubo borissowi )が留鳥として北海道北部と北方四島の国後島、択捉島で生息するほか、中国東部から朝鮮半島に分布する亜種タイリクワシミミズク(Bubo bubo kiautschensis )が迷鳥として三宅島、五島列島、奄美大島で記録があるようです。

遥か遠くの山地の崖地で休んでいますが、どこに居るか分かるでしょうか?画面中央の黒っぽいのがワシミミズクです。

4S3A3673.jpg

大きくトリミングしてみました。体を横たえて休んでいます。、ほぼ全身褐色で、顔は灰色みを帯び、羽角は長く、体上面は黒褐色や灰褐色などの細かい斑の複雑な模様があります。

4S3A3674.jpg

4S3A3681.jpg

ユーラシアではヨーロッパから東アジアにかけて広く分布するワシミミズクですが、日本ではほとんど見るチャンスがなく、いつかは何処かで目にしたいと思っていました。そんな中、今回、遥か遠くではありましたが、ようやく念願のワシミミズクを見ることができたのは幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オジロワシ

昨日の続きで、今日は同じくブルガリアで目にしたオジロワシをご紹介します。

オジロワシ(White-tailed Eagle)はユーラシア大陸北部、グリーンランドなどで繁殖し、冬季になると中国東部、インド、ペルシャ湾周辺に南下し越冬するほか、東ヨーロッパや西アジア、中国北東部などでは周年生息する体長76~92cmのタカ科オジロワシ属の猛禽で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはユーラシア大陸北部を中心に広く分布する基亜種オジロワシ(Haliaeetus albicilla albicilla)で、日本では同じ基亜種が冬季に冬鳥として北日本に飛来(北海道北東部では周年生息する個体もいる)することが知られています。

湖畔に降りていた基亜種オジロワシ。奥はハイイロペリカンの群れですが、大きさの違いがよく分かります。

4S3A5969.jpg

こちらは上空を通過していったオジロワシ。この個体は体下面、翼下面が全面的に黒褐色で、尾羽全体が白色であることから成鳥と思われます。(完全な成長になるには6年程度かかると言われており、亜成鳥では尾羽先端に黒斑が残る)

4S3A5835.jpg

4S3A5836.jpg

4S3A5862.jpg

4S3A5839.jpg

今日はユーラシア大陸北部を中心に広く分布するオジロワシをご紹介しましたが、今回本種の亜種を調べる中でヨーロッパから東アジアにかけて同一亜種が分布していることを知ったのは大きな収穫でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

レバントハイタカ

スペインシリーズの続きで、今日はレバントハイタカをご紹介します。

レバントハイタカ(Levant Sparrowhawk)は夏季にヨーロッパ南東部からカザフスタン西部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ中部に渡り越冬する体長30~37cmのタカ科ハイタカ属の猛禽で、ユーラシア大陸とアフリカ北部に広く分布するハイタカ(Eurasian Sparrowhawk:7亜種)ともよく似ていますが、頬まで灰色(ハイタカは頭部のみ)で、虹彩は暗色(ハイタカは黄色)。オスでは翼下面が白色で翼先端は黒く、メスでは喉に縦斑があるのが大きな特徴です。

丘陵地帯で目にしたレバントハイタカの幼鳥。体下面には暗褐色の大きな縦斑があり、翼下面の斑もはっきりしています。

4S3A4364.jpg

4S3A4391.jpg

その後、着地するのか高度を下げ、体上面を見せてくれました。頭部からの体上面、尾羽は暗灰色で、尾羽の横帯が目立ちます。

4S3A4382.jpg

4S3A4384.jpg

尾羽を広げ着陸体制に入りました・・・

4S3A4397.jpg

4S3A4398.jpg

こちらは別の草原地帯で目にしたレバントハイタカのメス。ハイタカのメスにもよく似ていますが顔全体が暗灰色で、体下面には細い横斑があり、翼下面の斑は幼鳥よりは淡色です。

4S3A6858.jpg

4S3A6862.jpg

4S3A6888.jpg

4S3A6891.jpg

今日はヨーロッパ南東部からカザフスタン西部にかけて繁殖するレバントハイタカをご紹介しましたが、このちょっと聞きなれないレバント(Levant)ですが、これは東部地中海沿岸地方の歴史的な名称だそうで、今回そんな限定されたエリアにしか分布しない種に出会えたのは幸運でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパハチクマ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はヨーロッパハチクマをご紹介します。

ヨーロッパハチクマ(European Honey Buzzard)はヨーロッパから西アジアにかけて繁殖し、冬季アフリカに渡り越冬する体長52~59cmのタカ科ハチクマ属の猛禽で、日本にも夏鳥として渡来するハチクマ(Crested Honey Buzzard)より一回り小さく、翼下面の初列小雨覆辺りに黒色斑があるのが特徴で、ハチクマ同様、白色型、暗色型、中間型など羽衣の変化が見られるようです。

草原地帯で上空を旋回していたヨーロッパハチクマ。この個体は体下面が白色で、尾羽先端に太い帯があり、胸から腹にかけて暗褐色の横斑が見られることから中間型のオスの成鳥と思われます。

4S3A6085.jpg

4S3A6089.jpg

4S3A6092.jpg

4S3A6098.jpg

こちらは同じ場所で目にしたメスの成鳥と思われる個体。幼鳥もメスとよく似ていますが、幼鳥は翼先端が黒色であることからこの個体はメスの可能性が高いと思われます。

4S3A6102-2.jpg

ヨーロッパハチクマは以前スペインでも目にしましたが、その時は写真を撮ることができず残念な思いをしましたが、今回ようやくその姿を捉えることができました。日本で見られるハチクマとも共通点は多いのですが、やはり雰囲気が少し異なり、体下面の模様はむしろヨーロッパノスリに近い感じがしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

「いぶし銀」のようなオカヨシガモ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの貯水池で目にしたオカヨシガモをご紹介します。

オカヨシガモ(Gadwall)は北アメリカ北部、ヨーロッパ北部、シベリアなどで繁殖し、冬季になるとアフリカ北部、ヨーロッパ南部、インド、中国東部などへ南下し越冬する体長約50cmのカモ科Mareca属(日本鳥類目録改定第7版ではマガモ属)のカモで、2亜種の存在が知られていますが、かって中央太平洋のキリバス・タワイエラン島に分布していた亜種ファニングオカヨシガモ(Mareca strepera couesi)はすでに絶滅しており、現在は亜種オカヨシガモ(Mareca strepera strepera)のみということです。日本では亜種オカヨシガモが冬季に越冬のため少数が飛来しますが、北海道東部ではごく少数が繁殖することが知られています。

7~8羽の群れで湖上を泳いでいたオカヨシガモ(左中央はメスで、他はすべてオス)。他のカモ類に比べ地味な色合いですが、見ようによっては「いぶし銀」のような魅力があります・・・

DSC04855.jpg

(2番目のみメス)

DSC04866.jpg

(先頭のみメス)

DSC04878.jpg

そのうちの1羽のオスが比較的近くに来てくれました。よく見ると体全体が灰色みを帯び、背などに幼羽が見られることからオスの第1回夏羽と思われました。

DSC05064.jpg

今日は自宅近くの貯水池に立ち寄ってくれたオカヨシガモをご紹介しましたが、例年、当地には寒さとともにいろいろな水鳥たちが飛来してくれるため、冬の楽しみの一つになっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

地元のチョウゲンボウ

今日は散歩の途中、自宅近くの貯水池で目にしたチョウゲンボウをご紹介します。

ユーラシア大陸とアフリカ大陸に広く分布する体長33~39cmのハヤブサ科ハヤブサ属のチョウゲンボウ(Common Kestrel)ですが、分布域により11亜種に分類されており、日本では①ヒマラヤから日本、インドシナにかけて繁殖し、冬季、東アジア、南アジア、フィリンピンに渡り越冬する亜種チョウゲンボウ(Falco tinnunculus interstinctus)が主に北海道、本州中部以北で繁殖(西日本では主に冬鳥)しているほか、②シベリア北東部、中国北東部、朝鮮半島で繁殖する亜種チョウセンチョウゲンボウ(Falco tinnunculus perpallidus)が冬季、稀に渡来することが知られています。

貯水池堰堤の柵にとまっていた亜種チョウゲンボウ。淡褐色の体上面には細かい暗褐色斑が、尾には黒褐色の帯が多数あり、頭部が暗灰色であることからオスの幼鳥と思われます。

DSC04526.jpg

DSC04532.jpg

こちらはその後、場所を変えた同じ個体。

DSC04209.jpg

しばらく同じ場所にとまっていましたが、突然飛び出しました・・・

DSC04222.jpg

地面近くを低空飛翔するチョウゲンボウ。

DSC04224.jpg

DSC04226.jpg

DSC04228.jpg

DSC04234.jpg

DSC04244.jpg

今日は自宅近くの貯水池堰堤で目にした亜種チョウゲンボウのオス幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、広い堰堤には餌となる小鳥類や昆虫類も多く、彼らにとって恰好の餌場であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

寒さとともに低地に降りてきたイカル

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテンの周りを散歩の途中目にしたイカルをご紹介します。

イカル(Japanese Grosbeak)はロシア東部の沿海州方面から日本にかけて繁殖し、北方の個体は冬季に中国南部に渡り越冬する体長約23cmのアトリ科イカル属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖する基亜種イカル(Eophona personata personata)が留鳥または漂鳥として分布し、北日本の個体は冬季、本州以南の暖地に移動するようです。

冬の訪れとともに低地に降りてきたようで、クラインガルテン敷地内の灌木で3羽のイカルが羽根を休めていました。枝被りではありますが、大きな黄色い嘴と頭部の青色光沢のある黒色部、体下面の灰褐色との対比が実に鮮やかです。

DSC03980.jpg

DSC03959.jpg

DSC03975.jpg

3羽の中の1羽を更にトリミングしてみました。

DSC03960.jpg

DSC03903.jpg

繁殖期はやや標高の高い亜高山帯などで繁殖しているイカルですが、寒さとともに低地に移動してきたようで、今年の冬、初めて目にすることができました。これから春先まで何度となく目を楽しませてくれそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

林道のルリビタキ

今日はクラインガルテン近くの林道を散策中、目にしたルリビタキ(Red-flanked Bluetail)をご紹介します。

林道を歩いていると突然ルリビタキ特有の「ジジィ・・・」という鳴き声が聞こえました。鳴き声のほうを探すと枝から枝へと動き回る美しいオスを発見。急いでお散歩カメラを向けました。

DSC03384.jpg

この個体は頭からの体上面は鮮やかな青色の美しいオスですが、風切外弁は暗褐色で、まだ青色みがほとんどないことから3年目位でしょうか・・・

DSC03439.jpg

DSC03467.jpg

DSC03443.jpg

DSC03426.jpg

逆光の中で・・・

DSC03486.jpg

今日は3年目位と思われる美しいルリビタキのオスをご紹介しましたが、今年の冬は行く先々でルリビタキを目にすることが多く、楽しい冬になりそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

地面で採餌するカケス

昨日の続きで、今日は同じく山麓の林道で目にしたカケスをご紹介します。

カケス(Eurasian Jay)はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて広く分布する体長32~35cmのカラス科カケス属の留鳥ですが、分布域により実に34亜種に分類されており、そのうち、日本では①本州、四国、九州、対馬に分布する亜種カケスのほか、②北海道に分布する亜種ミヤマカケス、③佐渡島に分布する亜種サドカケス、④屋久島に分布する亜種ヤクシマカケスの4亜種が分布しています。亜種ミヤマカケスについては額から後頸、喉にかけて茶色で、見た目にもずいぶん違っていますが、亜種サドカケスと亜種ヤクシマカケスについては亜種カケスとの外見上の違いはほとんど分からないそうです。

林道の道路わきで採餌していた亜種カケス。頭頂は白く、黒色の縦斑があり、目先から顎線が黒色で、虹彩が白く、独特の愛嬌顔です。

KX0A7780.jpg

KX0A7784.jpg

KX0A7877.jpg

KX0A7881.jpg

KX0A7942.jpg

この個体は警戒心が薄いようで、こちらに気付いても逃げ出す様子も見せず、こんなポーズをとってくれました。

KX0A7957.jpg

今日は林道で集団で採餌していた亜種カケスをご紹介しましたが、この時期、地面にはコナラのドングリや松の実などがたくさん落ちているようで、冬本番前のこの時期、時を惜しむように夢中で採餌していました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニマシコ・・・オス? メス?

昨日の続きで、今日は同じく山麓の林道で目にしたベニマシコをご紹介します。

ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)はロシアから中国、、北朝鮮、韓国、日本、モンゴル、カザフスタン、チベットにかけて分布する体長約15cmのアトリ科ベニマシコ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、日本ではサハリン、千島列島、北海道、青森県下北半島で繁殖する亜種ベニマシコ(Carpodacus sibiricus sanguinolentus)が夏鳥として渡来し、冬季は本州以南へ渡り越冬することが知られています。

林道を散策中、突然目の前にやって来たベニマシコ。全身褐色みを帯び、メスのようにも見えますが、体下面や腰がかすかに紅色みを帯びていることからオスの第1回冬羽の可能性も考えられます。

KX0A8127.jpg

KX0A8126.jpg

今日はベニマシコのオスの第1回冬羽の可能性も考えられる個体をご紹介しましたが、メスとも大変よく似ており、確実なところはよく分かりませんが、それにしても識別はなかなか難しいですね・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カヤクグリ

昨日に続き、今日は山麓の林道で目にしたカヤクグリをご紹介します。

カヤクグリ(Japanese Accentor)は日本(北海道、本州中部以北、四国、九州)、ロシア(南千島)に分布する体長約14cmのイワヒバリ科カヤクグリ属の漂鳥で、夏季に南千島や北海道、本州、四国の亜高山帯から高山帯で繁殖し、冬季になると低地や本州、四国、九州の暖地へ南下し越冬することが知られています。そんなカヤクグリですが、冬のこの時期、やや標高の低いこの林道にやって来てくれたようです。

林道を散策中、突然目の前に現れたカヤクグリ。頭部は暗褐色で、背は褐色で暗褐色の縦斑があり、体下面は暗灰色で、脇に茶褐色の縦斑があるのが特徴で、虹彩が茶褐色なため光が当たると独特の雰囲気を醸し出します。

KX0A8186.jpg

KX0A8189.jpg

こちらは別の場所で目にしたカヤクグリ。この時は「チリリリ・・・・」と独特の鳴き声で鳴いていました。

KX0A8030.jpg

KX0A8047.jpg

KX0A8053.jpg

和名は冬季、藪地に潜むように生活し、なかなか姿を見せず藪の下を潜ることに由来するとされるカヤクグリですが、体色がミソサザイに似ていることから江戸時代には、「おおみそさざい」とか「やまさざい」とも呼ばれていたようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリビタキ

ブルガリアシリーズの途中ですが、今日は山梨クラインガルテン近くの山麓で目にしたルリビタキ(Red-flanked Bluetail)をご紹介します。

開けた場所で静かに待っていると、暫くしてジジィッ・ジジィッというルリビタキ特有の鳴き声が聞こえてきました。更にじっと待っていると、目の前の倒木に美しいオスが現れ、いろいろなポーズでサービスしてくれました。この個体は風切外弁もかなり青くなっており、4年目位と思われます。

名称未設定-1

名称未設定-2

名称未設定-4

いろいろ場所を変え、サービスしてくれるルリビタキ。

名称未設定-9

名称未設定-10

名称未設定-11

名称未設定-14

名称未設定-5

名称未設定7

今日はクラインガルテン近くの山麓で目にしたルリビタキのオスをご紹介しましたが、ルリビタキのオスは風切外弁すべてが青色になるには4年以上かかると言われており、それぞれ異なった体色の個体を見て、勝手に年齢を推測するのも面白いものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

肩に白斑があるカタシロワシ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるカタシロワシをご紹介します。

カタシロワシ(Eastern Imperial Eagle)はヨーロッパ南東部からシベリア中部にかけて繁殖し、冬季、アラビア半島やアフリカ北東部に渡り越冬する体長70~83cmのタカ科イヌワシ属の猛禽で、日本では稀な冬鳥として北海道、本州、佐渡、四国、九州、対馬、トカラ列島、八重山諸島で記録があり、成鳥は全身黒褐色で、肩羽の一部に白色部があるのが和名の由来となっています。

ブルガリアの田園地帯で遥か遠くで旋回していたカタシロワシ。あいにくの曇天で真っ黒にしか写っていませんが、何とかその特徴である肩羽の一部の白色部を確認することができます。この個体は全身暗褐色で肩羽の白色部がはっきりしていることから成鳥と思われます。(幼鳥~亜成鳥では肩羽の白色部がほとんどない)

4S3A6902.jpg

4S3A6904.jpg

少し近づいてくれました。こちらは体下面の写真ですが、額から後頸にかけて淡黄褐色であるため顔の辺りが明るく見えます・・・

4S3A6949.jpg

4S3A6952.jpg

4S3A6964.jpg

4S3A6967.jpg

4S3A6969.jpg

今日は日本では稀な冬鳥として記録のあるカタシロワシをご紹介しましたが、同じイヌワシ属のイヌワシより一回り小型とは言えやはり大型の猛禽、旋回する姿は迫力満点でした。ご参考までに以前スペインで撮影した、同じイヌワシ属の仲間でスペイン、ポルトガル、モロッコだけに分布するニシカタシロワシ(Spanish Imperial Eagle)のブログをご紹介します。

ニシカタシロワシ(スペイン)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アシナガワシ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はアシナガワシをご紹介します。

アシナガワシ(Lesser Spotted Eagle)はヨーロッパ東部で繁殖し、冬季、アフリカに渡り越冬する体長55~65cmのClanga属の猛禽で、日本でも稀な冬鳥として記録のある同じ仲間のカラフトワシ(Greater Spotted Eagle)より一回り小型で、カラフトワシの翼指が7本であるのに対し、アシナガワシでは6本で、初列雨覆辺りに2本の白斑がある(カラフトワシは小さな白斑のみ)のが特徴です。

田園地帯で上空を旋回していたアシナガワシ。(右側はヨーロッパノスリ)

4S3A5915.jpg

4S3A5916.jpg

大きくトリミングしてみました・・・

4S3A5918.jpg

4S3A5919.jpg

この写真では特徴である6本の翼指と初列雨覆辺りの2本の白斑を確認することができます。また、翼を広げると写真のように翼が長方形のように見えるのもアシナガワシの特徴だそうです。

4S3A5926.jpg

4S3A5931.jpg

今日はカラフトワシの弟分ともいえるアシナガワシをご紹介しましたが、同じ仲間のカラフトワシ、インドワシを含めた3種はかってはイヌワシ属(Aquila属)に属していましたが、現在はイヌワシ属から分かれ、Clanga属として独立しています。ご参考までに以前、日本とインドで撮影した同じClanga属のカラフトワシのブログをご紹介します。

カラフトワシ(日本)

カラフトワシ(インド)



ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

カラフトワシ

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヨーロッパチュウヒ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はヨーロッパチュウヒをご紹介します。

ヨーロッパチュウヒ(Western Marsh Harrier)はヨーロッパ、中東から中央アジアにかけてとアフリカ北西部で繁殖し、冬季はヨーロッパ南部、アフリカ、南アジアに渡り越冬するタカ科チュウヒ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれてり、今回目にしたのはヨーロッパ、中東から中央アジアにかけて繁殖する基亜種Circus aeruginosus aeruginosusと思われます。なお、日本では迷鳥として1989年に山口県で幼鳥1羽の記録があるのみという珍鳥でもあります。

そんな日本では珍鳥のヨーロッパチュウヒですが、ヨーロッパでは普通種であり、今回訪れたブルガリアの草原地帯ではごく普通に見ることができました。

獲物を探して草原の上を低空飛翔していたヨーロッパチュウヒ。成鳥のオスは頭から背、雨覆の一部が褐色で、風切、一部雨覆、尾が灰白色、初列風切が黒色ですが、この個体は全身黒褐色で、肩羽から雨覆に細い淡褐色の羽縁があり、虹彩が暗色であることから幼鳥ではないかと思われます。

4S3A3937.jpg

4S3A3938.jpg

4S3A3939.jpg

その後、何か獲物を見つけたのか、着陸体制に入りました・・・

4S3A3942.jpg

4S3A3943.jpg

今日はヨーロッパでは普通種のヨーロッパチュウヒの幼鳥と思われる個体をご紹介しましたが、以前訪れたインドでは成鳥のオスを見ていますので、ご参考までにその時のブログをご紹介します。

http://shumishan.blog.fc2.com/blog-entry-1198.html

ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

チュウヒワシ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はチュウヒワシをご紹介します。

チュウヒワシ(Short-toed Snake Eagle)は夏季にヨーロッパ南西部から中央アジア、中国北西部、インドにかけてと小スンダ列島で繁殖し、冬季はアフリカとアジア南部から東南アジアに渡り越冬する体長62~69cmのタカ科チュウヒワシ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ南西部から中央アジア、中国北西部、インドにかけて繁殖している基亜種Circaetus gallicus gallicusと思われます。

ブルガリアの田園地帯で目にしたチュウヒワシ。この個体は頭部が暗褐色で、白色の体下面には黒褐色のはっきりとした斑が見られることから成鳥と思われます。

4S3A5045.jpg

4S3A5046.jpg

4S3A5051.jpg

4S3A5053.jpg

本種は英名からも分かるように、食性はヘビ類を専門にしており、大きな頭に金色の目、ヘビを殺すのに適した短い足趾を持っているのが特徴で、一方の和名はヘビを獲るためにチュウヒのように草原でホバリングするところから名付けられており、何れもチュウヒワシの特徴をよく捉えた名前のように思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヒメクマタカ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はヒメクマタカをご紹介します。

ヒメクマタカ(Booted Eagle)はヨーロッパ南西部、アフリカ北西部から中央アジア、インド北部にかけてとアフリカ南部で繁殖し、冬季はアフリカやアジア南部に渡り越冬する体長42~51cmのタカ科ケアシクマタカ属の鳥で、白色型と暗色型の2タイプの存在が知られており、脚は厚く羽毛に覆われており、英名は「ブーツをはいたワシ」から来ているようです。

ブルガリアの田園地帯で目にしたヒメクマタカ成鳥。頭部から背は茶褐色で、黒褐色の翼には一部白色斑が見られます。

4S3A6749.jpg

翼の付け根に白斑があるのも本種の特徴です。

4S3A6740.jpg

4S3A6741.jpg

4S3A6751.jpg

4S3A6769.jpg

体下面は黒色の風切を除き灰白色であることから、この個体は白色型と思われます。

4S3A6760.jpg

4S3A6779.jpg

4S3A6773.jpg

今日は今回のツアーで何度も目にしたヒメクマタカをご紹介しましたが、この後、越冬地であるアフリカやアジア南部に渡っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シロエリハゲワシ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はシロエリハゲワシをご紹介します。

シロエリハゲワシ(Griffon Vulture)は南ヨーロッパ、北アフリカから中央アジア、インド北部にかけての山岳地帯に分布する体長95~110cmのタカ科Gyps属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのは南ヨーロッパ、北アフリカから中央アジアにかけて分布する基亜種Gyps fulvus fulvusと思われます。なお、和名は白い襟状の羽毛を持つことから名付けられています。

ブルガリアの山岳地帯でコロニーを作っていたシロエリハゲワシ。さすが大型の猛禽、迫力満点です。

4S3A7098.jpg

4S3A7099.jpg

頸を伸ばしたシロエリハゲワシ。和名のごとく白い襟状の羽毛を確認することができます。

4S3A7103.jpg

4S3A7109.jpg

岩山をバックに飛翔するシロエリハゲワシ。

4S3A7157.jpg

4S3A7164.jpg

4S3A7166.jpg

4S3A7152.jpg

4S3A7067.jpg

4S3A7078.jpg

今日は南ヨーロッパ、北アフリカから中央アジアにかけて分布するシロエリハゲワシの基亜種Gyps fulvus fulvusをご紹介しましたが、シロエリハゲワシはこの写真のように山岳地帯の岩壁にコロニーを作って繁殖しており、このコロニーを見るために多くのバーダーが訪れていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

シュバシコウ

ブルガリアシリーズの続きで、今日は秋の渡りの主役、シュバシコウをご紹介します。

シュバシコウ(White Stork)はヨーロッパ、西アジア、中央アジア、中東、アフリカ北部・南部で繁殖し、冬季、アフリカ東部・南部、
イラン、インドで越冬する体長95~110cmのコウノトリ科コウノトリ属の鳥で、2亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ、西アジア、中東、アフリカ北部・南部で繁殖し、冬季、アフリカ東部・南部で越冬する基亜種Ciconia ciconia ciconiaと思われます。

大群で上空を横切って行ったシュバシコウ。日本で見られるコウノトリとは近縁で大変よく似ていますが、和名(赤い嘴のコウノトリ)のように嘴が赤い点が異なります。

4S3A6609.jpg

4S3A6611.jpg

4S3A6610.jpg

大きくトリミングしてみました。嘴の赤みが淡く、先端に黒みがあることから若い個体と思われます。

4S3A6505.jpg

4S3A6508.jpg

4S3A6510.jpg

4S3A6514.jpg

4S3A6522.jpg

今日はコウノトリの近縁種、シュバシコウをご紹介しましたが、シュバシコウ(Ciconia ciconia )とコウノトリ(Ciconia boyciana)との間では2代雑種までできているため両種を同一種とする意見も有力で、この場合は学名がシュバシコウはCiconia ciconia ciconia、コウノトリはCiconia ciconia boycianaになると思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハイイロペリカン

昨日に続いて、今日は同じくブルガリアで目にしたハイイロペリカンをご紹介します。

ハイイロペリカン(Dalmatian Pelican)はヨーロッパ南東部から中国にかけて繁殖し、冬季、ギリシャから中国南部にかけ越冬する体長160~180cmのペリカン科ペリカン属の鳥で、日本では迷鳥として本州、九州、宮古島、八重山諸島で記録があり、和名のように全身つやのある灰白色で、後頭から後頸の冠羽がややカールしているのが特徴です。

右側のモモイロペリカンの群れの近くで泳いでいたハイイロペリカン。全身淡いピンク色のモモイロペリカンに比べ、体色は灰白色であることが分かります。

4S3A5954.jpg

4S3A5955.jpg

大きくトリミングしてみました。手前の猛禽はオジロワシ(White-tailed Eagle)。

4S3A5969.jpg

こちらは別の湖で目にしたハイイロペリカン。眼の周囲の裸出部は灰色で小さく、体上面は灰白色で、後頭の冠羽はボサボサとして僅かにカールしていることから若い個体と思われます。

4S3A5515-2.jpg

4S3A5525-2.jpg

日本で記録のあるペリカンはモモイロペリカン、ハイイロペリカン、ホシバシペリカンの3種ですが、今までハイイロペリカンだけは見たことがなく一度は目にしたいと思っていました。そんな中、ようやく今回のブルガリアで念願の3種目を目にすることができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

上空を飛翔するモモイロペリカン

昨日の続きで、今日は上空を飛んでいたモモイロペリカン(Great White Pelican)をご紹介します。

薄日を浴び、上空を横切っていった夏羽のモモイロペリカン。体全体がピンク色を帯び、黒色の風切との対比が鮮やかです・・・

4S3A5660.jpg

4S3A5661.jpg

4S3A5663.jpg

こちらは青空バックに上空を通過していったモモイロペリカン。真下から見ると嘴の幅は狭く、異様に細長く見えます・・・

4S3A5616.jpg

4S3A5619.jpg

4S3A5620.jpg

今日は越冬地に向かう途中、中継地である湖に集団で立ち寄っていた夏羽のモモイロペリカンをご紹介しましたが、体長140~175cm、翼長270cmという大型鳥類が間近で飛ぶ様は実に迫力満点でした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ