FC2ブログ

白黒のコントラストが美しいハクガン

昨日の続きで、今日はマガンの群れに混じっていたハクガンをご紹介します。

ハクガン(Snow Goose)はシベリア北東部、アラスカ北部、カナダ北部、グリーンランド北西部などで繁殖し、冬季、アメリカ北東部から南部、メキシコ北部、日本などに渡り越冬する体長約67cmのカモ科マガン属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、今回目にしたのはシベリア北東部、アラスカ北部、カナダ北西部で繁殖し、冬季、アメリカ南部、メキシコ北部、日本などで越冬する基亜種ハクガン(Anser caerulescens caerulescens)と思われます。

マガンやオオヒシクイの群れに混じって田圃で休んでいたハクガンのファミリー。全身白色で、嘴と足がピンクなのが成鳥で、全身灰褐色で、嘴が黒く足が暗赤色なのが幼鳥。

DSC09603.jpg

翼を広げると、初列風切の黒色と他の白色部とのコントラストが鮮やかです。

DSC09611.jpg

DSC09622.jpg

DSC09935.jpg

幼鳥を引き連れた親鳥。

DSC09845.jpg

DSC09831.jpg

DSC09849.jpg

ファミリーが採餌中は、必ず親鳥1羽がこのように周りの様子を伺っています・・・

DSC09873.jpg

今日はマガンの群れに混じっていたハクガンをご紹介しましたが、例年1~2羽しか渡来しないハクガンも今年は十数羽渡来しているようで、その美しい姿をじっくり楽しむことができました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 紅葉の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ