FC2ブログ

シメも増えてきました

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの谷戸で目にしたシメをご紹介します。

シメ(Hawfinch)はヨーロッパ中部および南部からロシア南部を経て中国東北部、サハリン、カムチャツカ半島までのユーラシア大陸中部域に広く分布し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡り越冬する体長約19cmのアトリ科シメ属の鳥で、全部で6亜種に分かれており、日本ではカムチャッカ半島、サハリン、千島列島、日本で繁殖する亜種シメ(Coccothraustes coccothraustes japonicus)が本州の中部以北で繁殖するほか、冬鳥として本州以南に渡来することが知られています。

木漏れ日を浴びた谷戸で休んでいたシメ。頭部は淡茶褐色で、後頸、腰は灰色。背、肩羽は暗褐色で、風切は青色光沢のある黒色。眼先から腮は黒色で、嘴は肉色であることから冬羽のオスと思われます。

DSC07889-2.jpg

DSC08013-2.jpg

DSC08032-2.jpg

DSC08064-2.jpg

DSC08106-2.jpg

DSC08155-2.jpg

今日は今年も自宅近くの谷戸にやって来てくれたシメをご紹介しましたが、冬鳥としては決して珍しくはありませんが、いつもの常連たちが次々に姿を見せてくれるのは何とも嬉しいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ