FC2ブログ

ズグロムシクイ

ブルガリアシリーズの続きで、今日はズグロムシクイをご紹介します。

ズグロムシクイ(Eurasian Blackcap)はヨーロッパ西部、アフリカ北西部から中東、シベリア南西部、カザフスタンにかけて繁殖し、冬季、一部の個体はアフリカ北部・西部・東部に渡り越冬する体長13.5~15cmのズグロムシクイ科(ダルマエナガ科)ズグロムシクイ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、今回目にしたのはヨーロッパ西部からシベリア南西部、カザフスタン北部にかけて繁殖し、冬季、アフリカ西部から東部にかけて越冬する基亜種Sylvia atricapilla atricapillaと思われます。

昨日のノドジロムシクイと同じく、湿地帯のブッシュで目にしたズグロムシクイ。全身灰色みを帯び、名前のとおり頭部が黒色ですが、この個体は背以下の体上面が褐色みを帯びていることからオスの若い個体かも知れません。

4S3A6392.jpg

4S3A6410.jpg

今日はズグロムシクイの若いオスと思われる個体をご紹介しましたが、ご参考までに、以前スペイン南部で目にしたズグロムシクイの亜種Sylvia atricapilla heineken(イベリア半島西部・南部、マデイラ諸島、カナリー諸島、アフリカ北西部で繁殖)の紹介記事をご紹介します・・・

ズグロムシクイ(スペイン南部)


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ