FC2ブログ

今季初のコマドリ

クラインガルテンからの帰り道、少し車を停めて林道を散策しましたが、今日はその中から今季初のコマドリをご紹介します。

コマドリ(Japanese Robin)は英名からも分かるように主に日本に分布するヒタキ科コマドリ属の鳥ですが、分布域により2亜種に分かれており、①夏季に日本の九州以北、サハリン、南千島で繁殖し、冬季になると中国南部へ南下し越冬する亜種コマドリのほか、②伊豆諸島、種子島、屋久島に分布する固有亜種タネコマドリの2亜種に分かれており、亜種コマドリが亜高山帯の渓谷や斜面にある笹などの下草が生い茂った針葉樹林や混交林で生息するのに対し、亜種タネコマドリは主に照葉樹林に生息することが知られています。

林道わきの高木の枝で盛んに囀っていた亜種コマドリのオス。頭頂から体上面は橙褐色で、額から顔、胸が赤橙褐色。胸以下は黒灰色で腹以下はやや淡い灰黒色なのが特徴です。

コマドリ-6

コマドリ-8

コマドリ-11

コマドリ-13

コマドリ-14

コマドリ-17

今日は今季初めて目にしたコマドリをご紹介しましたが、鳴き声、容姿ともに美しいコマドリはやはり年に一度は会いたい魅力的な鳥です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

鳴き声が美しいオオルリ

先日もご紹介したオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)ですが、今日も散歩の途中、別の林道でその魅力的な歌声に出会うことができました。

林道沿いの比較的低い枝で盛んに囀っていたオオルリ。当林道では今季初のオオルリですが、縄張り宣言やメスを呼び込むためでしょうか、独特の美しい音色で盛んにアピールしていました。

オオルリ-17

オオルリ-15

オオルリ-16

オオルリ-12

オオルリ-11

オオルリ-6

オオルリ-8

オオルリ-9

今年はオオルリの当たり年なのでしょうか、クラインガルテン周辺では例年になくたくさんの個体が美しい歌声を聞かせてくれています。新型コロナの影響でせいぜいクラインガルテン周辺を散策すること位しかできませんが、そんな中、夏鳥たちがいやな気分を追い払ってくれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

移動途中のコムクドリ

昨日の続きで、今日はクラインガルテンにやって来たコムクドリをご紹介します。

コムクドリ(Chestnut-cheeked Starling)は千島列島、サハリン南部、日本で繁殖し、冬季はフィリピン、スラウェシ、ボルネオ北部などに渡り越冬する体長約19cmのムクドリ科Agropsar属(コムクドリ属?)の鳥で、日本では夏鳥として北海道、本州中部以北で繁殖し、渡りの時期には他の地域でも見ることができます。

クラインガルテンのベランダから外を眺めていると、突然1羽の小鳥が目の前を横切り、近くの八重桜の中に飛び込みました。鳴き声と姿形からコムクドリかも知れないと思い、急いでお散歩カメラを持ち出し八重桜に急行したその時、隣のクヌギに小鳥が移動しました。よく見るとやはりコムクドリのオスでした。(オスは背、肩羽が紫色光沢のある黒色で、英名のように頬から耳羽後方にかけて茶色の斑があり、メスは頭部から体下面が灰褐色、背、肩羽は暗い灰褐色で、頬に茶色の斑がないことから識別できます)

コムクドリ-19

同じ場所でしばらく辺りの様子を伺っているようでしたが・・・

コムクドリ-26

コムクドリ-20

コムクドリ-22

コムクドリ-23

小声で鳴いた後、飛び出していきました・・・

コムクドリ-25

今日はクラインガルテン横の八重桜にやって来た移動途中と思われるコムクドリをご紹介しましたが、この個体は群れから離れてしまったのか、1羽だけで行動していました。この後、うまく仲間に合流し、無事繁殖地に移動して行ってほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コジュケイの若鳥

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの林道で目にしたコジュケイをご紹介します。

コジュケイ(Chinese Bamboo Partridge)は中国南東部に自然分布する体長約27cmのキジ科コジュケイ属の鳥で、日本では1918年に愛知県岡崎市、1919年に神奈川県で放鳥されて以来、北海道を除くほぼ全土に分布を広げている外来種で、繁殖期には「ピーチョホイ ピーチョホイ」と大声で鳴くことで知られています。

クラインガルテン近くの林道を散策中、カーブを曲がったところで突然、前方にコジュケイを発見。隠れるようにそっとカメラを向けました。よく見ると額から過眼線、頸の後方に伸びる線が鈍い青灰色であることからまだ若い個体と思われ(成鳥では鮮やかな青灰色)、跗蹠(ふしょ)の後ろに蹴爪(けづめ)があることからオスであることが分かります。(メスには蹴爪がない)

コジュケイ-1-2

こちらの気配に気づいたのか、ゆっくりと草むらに消えていきました・・・

コジュケイ-3-2

コジュケイ-5-2

コジュケイ-6-2

普段は人の姿を見るとすぐに姿を隠してしまうコジュケイですが、今回は若鳥だったせいか急いで逃げることなく何とか撮影することができました。鳴き声だけ聞くとちょっとうるさい感じのコジュケイですが、やはりキジ科の鳥、じっくり見るとなかなか存在感があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

移動途中のマヒワ

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの林道で目にした移動途中のマヒワをご紹介します。

マヒワ(Eurasian Siskin)は夏季に西ヨーロッパ、北ヨーロッパからロシア東部、中国北東部にかけて繁殖し、冬季はアフリカ大陸北部や中東、中国南部にかけて越冬する体長12~13cmのアトリ科Spinus属の鳥で、日本には冬季に越冬のため飛来するほか、北海道から本州中部では局地的に繁殖することが知られています。

林道わきのクヌギの花芽を食べにやって来たマヒワの群れ。右下の個体は顔から胸以下の体下面が黄色で、額から頭頂、腮、が黒いことからオスで、左上の個体は全体的に白っぽく、胸から脇に黒褐色の縦斑があることからメスと思われます。

マヒワ-4

右側の個体は成鳥のオスと思われますが、左側は顔から胸以下の体下面、背以下の体上面が淡黄色で、額から頭頂、翼、尾は淡黒色。大雨覆と三列風切の羽縁、風切基部が黄色で、胸から脇には黒褐色の縦斑があることからオスの第1回冬羽と思われます。

マヒワ-15

マヒワ-14

こちらはメス同士でしょうか・・・

マヒワ-7

オスとメス。

マヒワ-8

マヒワ-9

マヒワ-10

暫くの間、クヌギの花芽を夢中で食べていましたが、その後一斉に飛び立っていきました・・・

マヒワ-16

マヒワ-17

今日は移動途中、採餌に訪れたマヒワの群れをご紹介しましたが、マヒワは従来、ベニヒワやコベニヒワ、ゴシキヒワなどと同じくCarduelis属(マヒワ属)に属していましたが、現在マヒワやベニヒワ、コベニヒワはCarduelis属から分離し、マヒワはSpinus属(マヒワ属?)に、ベニヒワとコベニヒワはAcanthis属(ベニヒワ属?)となっており、次期改訂版では属の見直しが行われるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キビタキも到着

昨日に続き、今日は同じくクラインガルテン近くの森に今年もやって来たキビタキをご紹介します。

キビタキ(Narcissus Flycatcher)はサハリンから日本列島全土とその近隣、中国の一部地域で繁殖し、冬季はフィリピンやボルネオなど東南アジアへ渡り越冬するヒタキ科キビタキ属の鳥で、分布域により以下の3亜種に分類されていましたが、
①夏鳥としてサハリンや日本全土で繁殖する基亜種キビタキ(Ficedula narcissina narcissina)
②屋久島から南西諸島にかけて分布する亜種リュウキュウキビタキ(Ficedula narcissina owstoni)
③夏鳥として中国東北部の河北省で繁殖し、タイやマレー半島で越冬する亜種キムネビタキ (Ficedula narcissina elisae)
現在、IOC(国際鳥類学会議)では亜種キムネビタキを別種キムネビタキ(Green-backed Flycatcher:Ficedula elisae)として独立させています。

早朝、新緑の森を散歩していると軽やかなキビタキの囀りが聞こえてきました。声の方向を探すと、遠くの枝に今季初のキビタキを発見!!

キビタキ-16

キビタキ-7

キビタキ-14

その後、何度も場所を変え・・・

キビタキ-1

キビタキ-19

キビタキ-4

美しい鳴き声を奏でてくれました。

キビタキ-3

昨日のオオルリに続き、今日は今季初のキビタキをご紹介しましたが、彼らがやって来ると新緑の森が急に賑やかになってきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオルリもやって来てくれました

今日は今年もクラインガルテン近くの森にやって来たオオルリをご紹介します。

オオルリ(Blue-and-white Flycatcher)は夏季にシベリア南東部から中国北東部、朝鮮半島、千島列島、日本で繁殖し、冬季、東南アジアからジャワ、フィリピンにかけて越冬する体長約16cmのヒタキ科オオルリ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本には千島列島、日本、朝鮮半島南部で繁殖し、冬季、フィリピンやボルネオなどで越冬する基亜種オオルリ(Cyanoptila cyanomelana cyanomelana)が南西諸島を除く北海道から九州までの全国各地に飛来することが知られています。

クラインガルテン近くの森で美しい歌声を奏でていた基亜種オオルリのオス。鳥までは距離がありましたが、一年ぶりの美しい歌声を楽しむことができました。

オオルリ (10 - 43)

オオルリ (12 - 43)

オオルリ (9 - 43)

オオルリ (13 - 43)

オオルリ (6 - 43)

少し近づいてくれました。英名のように上面から胸にかけての青色と体下面の白色との対比が実に鮮やかです。

オオルリ (26 - 1)

オオルリ (22 - 2)

オオルリ (17 - 2)

オオルリ (18 - 2)

今日はクラインガルテン近くの森に今年もやって来てくれた今季初のオオルリをご紹介しましたが、この先しばらくの間、この美しい歌声を楽しむことができそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏鳥到来・・・センダイムシクイ

今日はクラインガルテン近くの山麓で目にした夏鳥、センダイムシクイをご紹介します。

センダイムシクイ(Eastern Crowned Warbler)は夏季に中国北東部、日本、ロシア南東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季になると東南アジアへ南下し越冬する体長約13cmのメボソムシクイ科メボソムシクイ属の鳥で、日本には繁殖のため九州以北に夏鳥として渡来することが知られています。

林道で独特の鳴き声で囀っていたセンダイムシクイ。空抜けのため大きく露出補正していますが、何とかその特徴である淡黄色の眉斑と大雨覆先端の淡黄色の斑紋を確認することができます。

センダイムシクイ (1 - 10)

センダイムシクイ (2 - 10)

「焼酎1杯グイ」「鶴千代君(つるちよぎみ)」などの聞きなしのように、独特の鳴き声で囀っていたセンダイムシクイ。 口を開けると特徴である黒褐色の上嘴、橙黄色の下嘴がよく分かります。

センダイムシクイ (4 - 10)

センダイムシクイ (5 - 10)

真上を向き全身を震わせるように囀っていました。

センダイムシクイ (6 - 10)

センダイムシクイ (7 - 10)

センダイムシクイ (9 - 10)

センダイムシクイ (10 - 10)

今日は夏鳥としては比較的早く渡来するセンダイムシクイをご紹介しましたが、このセンダイムシクイを皮切りに、オオルリやキビタキ、コマドリ、コルリ、クロツグミなど、魅力的な夏鳥たちが次々とやって来てくれるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クラインガルテンの常連 カワラヒワ

今日は山梨クラインガルテンで散歩の途中目にしたカワラヒワをご紹介します。

カワラヒワ(Grey-capped Greenfinch)はシベリア東部、中国北東部、朝鮮半島、日本からベトナム中部にかけて分布する体長14.5~16cmのアトリ科カワラヒワ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、日本には①北海道南部から九州にかけて繁殖する亜種カワラヒワ(Chloris sinica minor)のほか、②小笠原群島に留鳥として分布する亜種オガサワラカワラヒワ(Chloris sinica kittlitzi )、③カムチャッカ半島から千島列島、北海道北東部で繁殖し、冬季は中国南東部、日本、台湾などに渡り越冬する亜種オオカワラヒワ(Chloris sinica kawarahiba)の3亜種が知られています。

道路際のタンポポの種子を食べにやって来た亜種カワラヒワ。背と腹はオリーブ褐色で、頭部と後頸は灰黒色であることから成鳥のオスと思われます。

カワラヒワ (13 - 15)

カワラヒワ (14 - 15)

こちらはその近くにいた別のオス。

カワラヒワ (2 - 15)

飛び出しです。初列風切と次列風切基部が黄色で、翼帯となって目立ちます。

カワラヒワ (3 - 15)

こちらは3羽一緒のシーン。手前の個体は全体的に淡色で、頭部も褐色みが強いことから成鳥のメスと思われます。

カワラヒワ (4 - 15)

カワラヒワ (5 - 15)

右側の個体はメス。

カワラヒワ (9 - 15)

カワラヒワ (10 - 15)

今日はクラインガルテンでは常連のカワラヒワをご紹介しましたが、当地では四季折々、樹々や花、草の種子が豊富にあるため、留鳥の彼らにとっては棲みやすい環境であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハイガシラセイケイ(仮称)

スリランカシリーズの続きで、今日はかってはセイケイ(Purple Swamphen)の亜種として分類され、現在は別種となっているGrey-headed Swamphen(和名なし)をご紹介します。

Grey-headed Swamphen(Porphyrio poliocephalus:和名なし)は中東、インドから中国南部、インドシナ、マレー半島に分布する体長40~45cmのクイナ科セイケイ属の鳥で、 かってはユーラシアからアフリカ、オーストラリアにかけて広く分布するセイケイ(Purple Swamphen)の亜種として分類されていましたが、現在はセイケイから分離し別種として分類されています。本種は3亜種に分かれており、今回、目にしたのはインド、スリランカから中国南西部、タイ北部、アンダマン諸島、ニコバル諸島にかけて分布する基亜種Porphyrio poliocephalus poliocephalusと思われます。なお、かってのセイケイ(Purple Swamphen)の他の亜種についても同様に以下の種に分類されています。

①セイケイ(Western Swamphen)・・・ヨーロッパ南西部、アフリカ北西部に分布
②African Swamphen・・・アフリカ、マダガスカルに分布
③Black-backed Swamphen・・・スマトラ、ジャワ、ボルネオ、スラウェシ、フィリピン南部に分布
④Philippine Swamphen・・・フィリピンに分布
⑤Australasian Swamphen・・・スラウェシ、小スンダ列島、ニューギニア、オーストラリア、ニュージーランド、南太平洋諸島に分布

湿地帯で目にしたGrey-headed Swamphenの基亜種Porphyrio poliocephalus poliocephalus。他のセイケイの仲間と同様、青紫色の体色に、赤色の額板、嘴、脚のコントラストが鮮やかですが、英名のように頭部が灰色みを帯びているのが本種の特徴であるようです。

セイケイ2

セイケイ5

セイケイ7

セイケイ8

セイケイ13

セイケイ15

セイケイ16

一緒にいるシギはソリハシシギとムナグロでしょうか・・・

セイケイ22

セイケイ25

セイケイ29

かってはセイケイ(Purple Swamphen)の亜種として分類され、現在は別種となっているGrey-headed Swamphen(和名なし)の基亜種Porphyrio poliocephalus poliocephalusをご紹介しましたが、和名がないため呼びずらく、とりあえず英訳のハイガシラセイケイとでも付けてくれればいいのですが・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドアカガシラサギ

スリランカシリーズの続きで、今日はインドアカガシラサギをご紹介します。

インドアカガシラサギ(Indian Pond Heron)はイラン、パキスタン、インド、スリランカ、バングラデシュ、ミャンマーなどに分布する体長42~45cmのサギ科アカガシラサギ属の鳥で、夏羽では頭部から胸にかけて黄色みを帯びたバフ色で、背は茶褐色なのが特徴です。(よく似たアカガシラサギは頭部から胸が赤褐色で、背は濃い青灰色。ジャワアカガシラサギは頭部から頸がクリーム色を帯びた淡いバフ色で、背と肩羽は濃い青灰色)

湿地帯で目にしたインドアカガシラサギの冬羽。冬羽では頭部は淡灰褐色で褐色の縦斑があり、背や肩羽は褐色で、アカガシラサギやジャワアカガシラサギの冬羽と酷似しており、これらとの識別は不可能とも言われているようです。

インドアカガシラサギ4

インドアカガシラサギ6

インドアカガシラサギ7

インドアカガシラサギ12

インドアカガシラサギ13

インドアカガシラサギ19

インドアカガシラサギ22

インドアカガシラサギ23

今日はスリランカで目にしたインドアカガシラサギの冬羽をご紹介しましたが、冬羽についてはアカガシラサギやジャワアカガシラサギの冬羽と酷似しており、生息場所を考えなければ識別は難しく、インドアカガシラサギという実感がありませんでした。今度は是非、頭部から胸にかけて黄色みを帯びたバフ色で、背は茶褐色の夏羽を見てみたいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ムラサキサギ

スリランカシリーズの続きで、今日はムラサキサギをご紹介します。

ムラサキサギ(Purple Heron)はヨーロッパ中南部から中央アジア、中東、サハラ砂漠以南のアフリカと南アジア、東アジアからフィリピン、インドネシアなどにかけて分布する体長70~90cmのサギ科アオサギ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、今回目にしたのは南アジア、東アジアからフィリピン、インドネシアにかけて分布する亜種ムラサキサギ(Ardea purpurea manilensis)と思われます。なお、 日本では同じ亜種ムラサキサギが先島諸島に留鳥として分布し、池間島(宮古島の北西にある離島)や西表島では繁殖例があるようです。

湿地帯で目にしたムラサキサギの成鳥冬羽。(夏羽では足は赤く、頸から胸にかけ黒色と茶色のコントラストが鮮やか)

ムラサキサギ2

ムラサキサギ3

ムラサキサギ4

ムラサキサギ5

ムラサキサギ7

ムラサキサギ8

ムラサキサギ10

今日はスリランカで目にしたサギ科アオサギ属のムラサキサギをご紹介しましたが、今回ムラサキサギのことを調べていて分かったことですが、従来コサギ属に分類されていたチュウサギがアオサギ属に移動し、その結果、日本で見られるアオサギ属の仲間はアオサギ、ムラサキサギ、ダイサギ、チュウサギの4種になっています(コサギ、クロサギ、カラシラサギは従来通りコサギ属)・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ヘラサギ

スルランカシリーズの続きで、今日は日本でもお馴染みのヘラサギをご紹介します。

ヘラサギ(Eurasian Spoonbill)はヨーロッパから紅海沿岸、インド、スリランカ、中国北部にかけてと、モーリタニア、ソマリアなどで繁殖し、冬季、北方の個体はアフリカ北部、アジア南部に渡り越冬する体長80~93cmのトキ科ヘラサギ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、スリランカではヨーロッパからインド、スリランカ、中国北部にかけて繁殖する基亜種ヘラサギ(Platalea leucorodia leucorodia)が留鳥として分布しています。なお、日本では数少ない冬鳥または旅鳥として、同じ基亜種ヘラサギが北海道から南西諸島までの各地で記録されています。

湿地帯で目にした冬羽のヘラサギ。独特のスプーン状の長い嘴がなんとも魅力的です。

ヘラサギ1

ヘラサギ2

左はインドトキコウ。

ヘラサギ3

ヘラサギ8

ヘラサギ10

真ん中は冬羽のダイサギでしょうか・・・

ヘラサギ12

ヘラサギ14

ヘラサギ17

今日はスリランカで目にしたヘラサギをご紹介しましたが、ご参考までに以前アフリカとオーストラリアで目にした同じヘラサギ属の鳥、アフリカヘラサギ、オーストラリアヘラサギのブログをご紹介します。

アフリカへラサギ

オーストラリアヘラサギ


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

繁殖を始めたオオタカ

今日は自宅近くの森で繁殖を始めたオオタカ(Northern Goshawk)をご紹介します。

自宅近くの森を散歩していると、突然、ケーケーケーというオオタカ独特の大きな鳴き声が聞こえてたと思うと、いきなりオオタカがやって来て目の前の枝にとまりました。あいにくの逆光でクリアーな写真ではありませんが、よく見ると虹彩が黄色であることから成鳥のメスと思われます。(オスは虹彩が橙色がかり、体下面の横斑が細い)

オオタカ50 (3 - 12)

オオタカ50 (1 - 12)

オオタカ50 (4 - 12)

オオタカ50 (5 - 12)

暫くすると向きを変えました。体下面の横斑はやや太く、粗い気がします・・・

オオタカ50 (11 - 12)

オオタカ50 (7 - 12)

オオタカ50 (9 - 12)

暫く同じ枝にとまっていましたが、その後、少し離れたところからの鳴き声に合わせるように飛び出し、巣と思われる場所に入ったと思った矢先、もう1羽のオスと思われる個体が飛び出していきました・・・

オオタカ50 (10 - 12)

今日は既に抱卵中と思われるオオタカをご紹介しましたが、今後は営巣の邪魔をしないよう、遠くからそっと見守っていきたいと思います・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ペアリングを始めたコチドリ

今日は散歩の途中、自宅近くの貯水池で目にしたコチドリをご紹介します。

コチドリ(Little Ringed Plover)はアフリカ、ヨーロッパから南アジア、インドシナ、東アジアにかけてとフィリピン、ニューギニアにかけて分布する体長約16cmのチドリ科チドリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはアフリカ北部、ヨーロッパから日本にかけユーラシア中緯度地域で繁殖し、冬季、アフリカ、南アジアで越冬する亜種コチドリ(Charadrius dubius curonicus)が九州以北に夏鳥として渡来し、本州中部以南では少数が越冬することが知られています。

そんな亜種コチドリが今年も当貯水池にやって来てくれました。既に夏羽に換羽しており、前頭と過眼線が黒く(メスは過眼線が褐色)、額と前頭の後ろは白く、黄色いアイリングが鮮やかです。既にペアリングが始まっているようで、左側のオスが右側のメス(過眼線が褐色の個体)に盛んにアプローチしていました。

コチドリ (5 - 37)

コチドリ (6 - 37)

コチドリ (7 - 37)

コチドリ (8 - 37)

ディスプレイでしょうか? 後ろのオスが盛んに羽根を膨らませていました・・・

コチドリ (10 - 37)

コチドリ (12 - 37)

コチドリ (13 - 37)

コチドリ (15 - 37)

コチドリ (16 - 37)

今日は今年も地元の貯水池にやってきてくれたコチドリをご紹介しましたが、無事に繁殖を成功させ、可愛いらしい雛たちの姿を見せて欲しいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ホシバシペリカン

スリランカシリーズの続きで、今日は日本でも記録のあるホシバシペリカンをご紹介します。

ホシバシペリカン(Spot-billed Pelican)はインド南東部、スリランカ、スマトラに分布する体長127~152cmのペリカン科ペリカン属の鳥で、冬季はインド北部、ネパール、ミャンマーからジャワ島付近に渡るとされていますが詳細は不明のようです。日本では迷鳥として2006年に奄美大島、渡嘉敷島で記録があるだけという珍鳥で、全体に灰白色でハイイロペリカンより灰色みが強く、名前のように上嘴の縁には星をちりばめたように小さい青斑が並んでいるのが特徴です。

湿地帯で目にしたホシバシペリカン。体全体が灰白色で、雨覆、風切に褐色みがなく、胸にオレンジ色みが見られることから成鳥の繁殖羽と思われます。

ホシバシペリカン22

こちらは上空を飛んでいたホシバシペリカン。この個体は翼下面に黒色みがあり、翼上面に褐色斑が見られることから若い個体と思われます。

ホシバシペリカン (2 - 8)

ホシバシペリカン (3 - 8)

ホシバシペリカン (6 - 8)

ホシバシペリカン (7 - 8)

ホシバシペリカン (8 - 8)

ホシバシペリカン (9 - 8)

上空を飛んでいる個体は翼上面が褐色であることから幼鳥と思われます。

ホシバシペリカン (1 - 1)

ホシバシペリカンは学名(Pelecanus philippensis )からも分かるように別名フィリピンペリカンとも呼ばれています。これは、最初フィリピン産の個体に基づいて記載されたと考えられますが、現在ではフィリピンでの繁殖個体群は確認されておらず、名前には違和感があります。鳥の名前には地名が付けられたものが数多く存在しますが、島などの隔離されたエリアに生息する固有種・亜種は別として、それ以外の鳥についてはできる限り地名を付けないほうが混乱を招かないのではないかと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 動物の写真
ジャンル : 写真

エンビコウ

スリランカシリーズの続きで、今日はエンビコウをご紹介します。

エンビコウ(Woolly-necked Stork)はサハラ以南のアフリカ、インドからマレー半島、スマトラ、ジャワ、小スンダ列島、スラウェシ、フィリピンにかけて分布する体長75~91cmのコウノトリ科コウノトリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、今回目にしたのはインドからインドネシア、マレー半島、スマトラ北部、フィリピンにかけて分布する基亜種Ciconia episcopus episcopusと思われます。

草原地帯で目にした2羽のエンビコウ。ペアなのでしょうか、寄り添いながら嘴を開けてコミュニケーションをとっているようでした。

エンビコウ1

体は緑紫の光沢のある黒色で、白色の頸の羽毛は短く綿状になっており、英名の由来にもなっています。

エンビコウ2

エンビコウ3

エンビコウ4

今日はコウノトリの仲間、エンビコウをご紹介しましたが、本種は別名シロエリコウとも呼ばれており、逆にエンビコウの名前は南アメリカに生息するシロエンビコウ(Maguari Stork)の別名にもなっており、和名でいう場合は注意が必要です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

クロトキ

スリランカシリーズの続きで、今日は日本でも稀な冬鳥として渡来するクロトキをご紹介します。

クロトキ(Black-headed Ibis)は中国東部、東南アジアの限られた地域と、インド、スリランカで繁殖し、中国で繁殖した個体は冬季東南アジアへ渡り越冬する体長約70cmのトキ科クロトキ属の鳥で、日本には稀な冬鳥として主に西日本に渡来するものの、近年は記録が減少気味のようです。

湿地帯で目にしたクロトキの成鳥冬羽。全体に白色ですが、頭部から上頸にかけては成長と共に羽根が抜けて禿げ上がり、黒い皮膚が裸出しています。

クロトキ10

クロトキ7

クロトキ13

クロトキ14

かなり距離がありますが、遠くを飛翔していたクロトキ。

クロトキ2

クロトキ3

クロトキ4

今日は日本でも稀な冬鳥として渡来するクロトキをご紹介しましたが、ご参考までに以前訪れたアフリカとオーストラリアで目にしたアフリカクロトキ(Sacred Ibis)とオーストラリアクロトキ(Australian white Ibis)のブログをご紹介します。

アフリカクロトキ

オーストラリアクロトキ


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

スキハシコウ

スリランカシリーズの続きで、今日は同じくコウノトリ科の鳥、スキハシコウをご紹介します。

スキハシコウ(Asian Openbill)はインド、スリランカからベトナムにかけて分布する体長68~81cmのコウノトリ科スキハシコウ属の鳥で、体全体は灰白色、風切、肩羽、尾羽は光沢のある黒色で、非繁殖期には背中の部分が灰色になり、眼先から嘴の基部までは皮膚が裸出しており黒く、嘴は灰褐色、脚は黒みがかった桃色になります。なお、スキハシコウ属には本種とクロスキハシコウ(African Openbill)の2種の存在が知られており、何れも嘴の上下に隙間が開いており、名前の由来となっています。

湿地帯で目にしたスキハシコウ。モノトーンのスキハシコウはコウノトリにも似ていますが、嘴が太く、上下に隙間が空いている点が大きく異なります。

スキハシコウ6

スキハシコウ7

スキハシコウ8

スキハシコウ9

枯れ木にとまっていたスキハシコウ。

スキハシコウ1

スキハシコウ2

スキハシコウ3

昨日のインドトキコウに続き、同じくコウノトリ科の鳥、スキハシコウをご紹介しましたが、主食はタニシやドブガイなどの貝類で、貝殻と蓋や貝殻同士の隙間に下嘴を突っ込み、中身を取り出して食べるためこのような形状になったと考えられています。それにしても生物の適応能力の凄さには驚かされます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

インドトキコウ

スリランカシリーズの続きで、今日はインドトキコウをご紹介します。

インドトキコウ(Painted Stork)はインド、パキスタンからスリランカ、東南アジア、中国南部にかけて分布する体長約93cmのコウノトリ科トキコウ属の鳥で、モノトーンのコウノトリとは異なり、英名のように大変カラフルな大型鳥類です。

湿地帯で目にした成鳥のインドトキコウ。体色は全体に白色ですが、風切、尾羽は黒く、大雨覆、三列風切は紅色を帯び、眼の周囲から嘴の基部までは赤い皮膚が裸出しており、嘴は橙黄色、脚は紅色と大変カラフルです。



インドトキコウ22

インドトキコウ23

ムラサキサギと一緒に・・・

インドトキコウ17

翼下面は全面黒色です。

インドトキコウ18


インドトキコウ9

こちらは全体的に体色が鈍いことから若い個体と思われます。

インドトキコウ13

左側の個体は上記個体より更に若い個体と思われます。右側は全体的に暗褐色であることから幼鳥と思われます。

インドトキコウ12

こちらは幼鳥

インドトキコウ1

インドトキコウ3


今日はコウノトリ科の鳥、インドトキコウをご紹介しましたが、このような大型の鳥たちがゆったりと生活している風景を見ると、今の日本には見られない自然の豊かさを感じさせられます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

羽根を広げたインドクジャク

新型コロナウイルス感染が拡大する前、固有種の多いスリランカの探鳥ツアーに参加してきましたので、今日から暫くの間、当地で目にした鳥たちをご紹介します。

最初はインドクジャクです。

インドクジャク(Indian Peafowl)はインド、スリランカ、ネパール南部、パキスタン東部、バングラデシュ西部に自然分布する体長90~230cmのキジ科クジャク属の大型の鳥ですが、観賞用に飼育されていた個体が遺棄、あるいは脱走し世界各地に帰化しており、日本でも飼育個体が脱走したと思われる個体が沖縄諸島や八重山列島に定着し、小型固有種を捕食し問題となっています。そんなインドクジャクですが、スリランカでは自然分布しており、訪れた多くの場所でその美しい姿を堪能することができました。

南東部の国立公園で目にしたインドクジャクのオス。頭部と頸部が濃青色、体側面は青緑色、腹部は黒緑色の美しい羽毛で被われています。

インドクジャク16

ディスプレーでしょうか、クジャク模様の美しい羽根を大きく広げてくれました。右側に見えるのはメス。

インドクジャク10

インドクジャク14

インドクジャク13

インドクジャク12

インドクジャク6

インドクジャク8

インドクジャク9

観賞用に飼育されていた個体が遺棄、あるいは脱走し世界各地に帰化しているインドクジャクですが、当地では自然分布しており、訪れた各地でその美しい姿を目にすることができました。インドクジャクに罪はありませんが、やはり自然分布域で見る個体は有難味を感じてしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオタカの幼鳥

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの林道上空を通過していったオオタカ(Northern Goshawk)の幼鳥をご紹介します。

林道を散策中、突然上空に1羽の猛禽が現れ旋回を始めました。急いでお散歩カメラで撮影したのが以下のショットです。よく見ると体下面は淡褐色で黒褐色の縦斑があり、風切に黒褐色の横帯が数本あり、尾は長く凸尾であることから、どうやらオオタカの幼鳥のようです。

オオタカ (53 - 14)

オオタカ (54 - 14)

オオタカ (55 - 14)

オオタカ (58 - 14)

オオタカ (57 - 14)

オオタカ (60 - 14)

オオタカ (61 - 14)

オオタカ (62 - 14)

オオタカ幼鳥は上空を2~3回ほど旋回したのち遠ざかっていきました。

オオタカ (50 - 14)

昨日のオオタカ成鳥に続き、今日は幼鳥をご紹介しましたが、冬鳥が去り、夏鳥の渡来まであと少しというこの時期、いつもの留鳥たちが目を楽しませてくれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

上空を通過していったオオタカ

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン上空を通過していったオオタカをご紹介します。

オオタカ(Northern Goshawk)はユーラシア大陸と北アメリカ大陸に広く分布する体長50~58.5cmのタカ科ハイタカ属の猛禽で、分布域により10亜種に分かれており、そのうち日本では①亜種オオタカ(Accipiter gentilis fujiyamae)が九州北部以北に留鳥として分布(その他の地域では冬鳥)するほか、②シベリア北東部に分布する亜種シロオオタカ(Accipiter gentilis albidus)が稀に飛来し、北海道、青森県、山形県、新潟県などで記録があるようです。

ベランダに出て遠くの山裾を見ると旋回するオオタカを発見。急いでお散歩カメラで撮影したのが以下のショットです。オオタカまでは距離があり大きくトリミングしていますが、体下面に太めの横斑が密にあり、虹彩が黄色であることからメスの成鳥と思われます。

オオタカ (3 - 22)

オオタカ (4 - 22)

オオタカ (6 - 22)

オオタカ (7 - 22)

オオタカ (8 - 22)

オオタカ (18 - 22)

オオタカ (19 - 22)

オオタカ (1 - 22)

オオタカ (20 - 22)

オオタカ (21 - 22)

今日は久しぶりにクラインガルテン上空を通過していったオオタカをご紹介しましたが、外出を極力控えているこの時期、全くの偶然ではありましたが、ベランダからオオタカを撮影できたのは何ともラッキーでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

春告鳥 ウグイス

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの林道で目にしたウグイスをご紹介します。

ウグイス(Japanese bush Warbler)はサハリンから日本、中国東部・中部にかけて繁殖し、冬季、中国南部・南東部、台湾、東南アジアにかけて越冬する体長15~18cmのウグイス科ウグイス属の鳥で、分布域により以下の4亜種に分かれています。
①亜種ウグイス(Horornis diphone cantans)・・・北海道から九州まで広く分布
②亜種ハシナガウグイス(Horornis diphone diphone)・・・小笠原諸島、火山列島に分布。
③亜種リュウキュウウグイス(Horornis diphone riukiuensis)・・・サハリン南部、千島列島南部で繁殖し、冬季、琉球諸島、台湾で越冬。
④亜種ダイトウウグイス(Horornis diphone restrictus)・・・奄美諸島、沖縄諸島、大東諸島に分布。
なお、かってウグイスの亜種として分類されていたチョウセンウグイスは、現在、別種ニシウグイス(Manchurian Bush Warbler:2亜種)の亜種Horornis canturians borealisとして分類されています。

林道わきの込み入った枝の中で大きな声で囀っていた亜種ウグイスのオス。頭部からの体上面はオリーブ褐色で体下面は汚白色、眉斑は淡褐色で淡い黒褐色の過眼線があるのが特徴です。

ウグイス (2 - 21)

ウグイス (12 - 21)

ウグイス (19 - 21)

ウグイス (11 - 21)

ウグイス (3 - 21)

ウグイス (13 - 21)

ウグイス (14 - 21)

ウグイス (15 - 21)

ウグイス (4 - 21)

平地にて鳴き始める季節が早春であることから春告鳥(はるつげどり)の別名があるウグイスですが、ここクラインガルテン周辺でもこの時期至るところで美しい鳴き声を奏でており、春の風物詩となっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

群れで行動するカケス

昨日の続きで、今日も同じくクラインガルテン近くで目にしたカケスをご紹介します。

カケス(Eurasian Jay)はアフリカ大陸北部、ユーラシア大陸の中部から南部にかけて広く分布する体長32~35cmのカラス科カケス属の留鳥ですが、分布域により実に34亜種に分類されており、そのうち、日本では①本州、四国、九州、対馬に分布する亜種カケスのほか、②北海道に分布する亜種ミヤマカケス、③佐渡島に分布する亜種サドカケス、④屋久島に分布する亜種ヤクシマカケスの4亜種が分布しています。亜種ミヤマカケスについては額から後頸、喉にかけて茶色で、見た目にもずいぶん違っていますが、亜種サドカケスと亜種ヤクシマカケスについては亜種カケスとの外見上の違いはほとんど分からないそうです。

当地では留鳥として通年生息している亜種カケスですが、早朝、クラインガルテン近くの林道を散歩の途中、突然少し離れた松にやって来ました。カケスまではかなり距離がありましたが、何とかその特徴であるゴマ塩頭と黒色の顎線、白色の虹彩を確認することができます。

カケス (3 - 20)

暫くすると体を低く構え・・・

カケス (4 - 20)

突然、飛び出しました。

カケス (5 - 20)

カケス (6 - 20)

カケス (7 - 20)

こちらは枯れ木にやって来た別個体。

カケス (9 - 20)

暫くするとこちらも飛び出しました。

カケス (12 - 20)

カケス (13 - 20)

カケス (17 - 20)

カケス (18 - 20)

今日は5~6羽の群れで行動していたカケスをご紹介しましたが、食べ物が限られた場所では、木の上で順番待ちが見られることから、群れの中に順位があることが分かるそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

鳴きながら飛翔するノスリ

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くで目にしたノスリをご紹介します。

ノスリ(Eastern Buzzard)はシベリア中部・南部、モンゴル、中国北東部から日本にかけて繁殖する体長50~60cmのタカ科ノスリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本ではすでに絶滅しているとされる亜種ダイトウノスリ(Buteo japonicus oshiroi))を除き、基亜種ノスリ(Buteo japonicus japonicus)と亜種オガサワラノスリ(Buteo japonicus toyoshimai)が生息し、亜種ノスリは北海道、本州中部以北、四国の山地で留鳥として生息し、南西諸島を除く全国に冬鳥として飛来しますが、近年西日本でも繁殖例が増えているそうです。

当地では留鳥として通年見ることができるノスリですが、既に繁殖期に入っているようで、この時期パートナーを呼んでいるのかその独特の鳴き声を耳にすることが増えてきました。こちらはクラインガルテン近くの林道上空を旋回していたノスリ。虹彩が暗色であることから成鳥と思われます。

ノスリ (29 - 8)

ノスリ (30 - 8)

ノスリ (31 - 8)

ノスリ (32 - 8)

大きくトリミングしてみました。

ノスリ (22 - 5)

ノスリ (23 - 5)

パートナーを呼んでいるのか、大きな声で鳴きながら旋回を繰り返していました。

ノスリ (24 - 5)

ノスリ (25 - 5)

ノスリ (27 - 2)

今日はパートナーを呼んでいるのか、飛びながら盛んに鳴いていたノスリをご紹介しましたが、繁殖期を迎えるこの時期、鳥たちの動きも活発になってきます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キジの母衣(ほろ)打ち

今日はクラインガルテン近くで目にしたキジの母衣打ちをご紹介します。

キジは従来、ユーラシア大陸に分布する体長約81cmのキジ科キジ属のコウライキジ(英名:Common Pheasant、学名:Phasianus colchicus)34亜種の中の以下の日本産の4亜種として分類されていましたが、近年、IOC(国際鳥類学会議)では従来のコウライキジから日本産の4亜種を独立させ、独立種キジ(英名:Green Pheasan、学名:Phasianus versicolor)として分類しています。

①東北地方・佐渡に生息する亜種キジ(Phasianus versicolor robustipes)
②本州・四国の大部分に生息する亜種トウカイキジ(Phasianus versicolor tohkaidi)
③紀伊半島などに局地的に生息する亜種シマキジ(Phasianus versicolor tanensis)
④主に九州に生息する亜種キュウシュウキジ(Phasianus versicolor versicolor)

早朝、クラインガルテンに隣接する農耕地で目にしたキジのオス。この個体は分布域から考えると亜種トウカイキジと思われますが、近年は放鳥により亜種間の交配が進み差異が不明瞭になってきているそうです。

キジ (6 - 29)

キジ (21 - 29)

このエリアには複数のオスのキジがいるようで、少し離れた左右の2ヵ所から「ケーン ケーン」という独特の大きな鳴き声に続き、「ドドー」という母衣打ちの大きな羽音を聞こえてきました。その後、この個体も縄張り宣言をするかのようにいきなり母衣打ちを始めました。

キジ (9 - 29)

キジ (11 - 29)

キジ (12 - 29)

キジ (13 - 29)

キジ (18 - 29)

母衣打ちをした後、暫くたたずんでいましたが、その後ゆっくりその場を離れていきました。

キジ (25 - 29)

キジ (26 - 29)

今日は春の風物詩とも言えるキジの母衣打ちをご紹介しましたが、ここクラインガルテン近くの農耕地では、縄張り宣言とメスを呼び込むためなのか、朝早くから賑やかな母衣打ちの音が響き渡っています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ペアリングが始まったカイツブリ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの公園で目にしたカイツブリのペアをご紹介します。

カイツブリ(Little Grebe)はアフリカ大陸、マダガスカル、ヨーロッパから東アジアにかけてのユーラシア大陸の中緯度以南、、日本、台湾、インドネシア、ソロモン諸島、パプアニューギニア、フィリピンなどに広く分布する体長約26cmのカイツブリ科カイツブリ属の鳥で、分布域により7亜種に分かれており、日本にはアジア北東部から南東部、千島列島、日本、台湾に分布する亜種カイツブリ(Tachybaptus ruficollis poggei)が留鳥として本州中部以南に広く分布するほか、東北地方以北では夏鳥として渡来することが知られています。

公園の小さな池で仲良く泳いでいたカイツブリのペア。この時期、すでに夏羽に換羽しており、顔から頭頂、後頸は黒く、頬から側頸は赤褐色で、上面は黒っぽく、虹彩は黄白色で、嘴は黒く先端は黄白色で、嘴基部の黄白色斑が目立ちます。

カイツブリ (2 - 6)

カイツブリ (3 - 6)

カイツブリ (1 - 6)

カイツブリ (6 - 6)

カイツブリ (5 - 6)

昨年、この池で何とか繁殖に成功したカイツブリですが、今年も同じ個体同士なのでしょうか、ペアと思われる2羽が仲良く一緒に行動していました。これから繁殖を始める彼らにとっては、空からはオオタカなどの猛禽類、水中では雛を狙うウシガエルやヘビなどの危険が待ち受けており、今年もそんな困難を乗り越え無事繁殖を成功させてほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽に換羽中のハジロカイツブリ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの貯水池で目にした夏羽へ換羽中のハジロカイツブリをご紹介します。

ハジロカイツブリ(Black-necked Grebe)はヨーロッパ、アフリカ、東アジア、北アメリカ中部、南アメリカ北東部等で繁殖し、非繁殖期には海上や温暖な地域へ移動する体長31cmのカイツブリ科カンムリカイツブリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはヨーロッパ、東アジアに分布する基亜種Podiceps nigricollis nigricollisが冬鳥として全国の湖沼や沿岸に渡来することが知られています。

そんなハジロカイツブリですが、当地には例年冬鳥として渡来しますが、春の訪れとともに既に移動が始まっているようで、この日目にしたのは1羽だけで、何度も潜水しながら採餌を繰り返していました。

ハジロカイツブリ (5 - 8)

既に夏羽への換羽が始まっているようで、眼の後方に金栗色の飾り羽が出始めていました。

ハジロカイツブリ (7 - 8)

ハジロカイツブリ (4 - 8)

ハジロカイツブリ (6 - 8)

今日は夏羽に換羽中のハジロカイツブリをご紹介しましたが、昨日のカンムリカイツブリ同様、艶やかな飾り羽をまとった夏羽はやはり得も言われぬ魅力があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

夏羽に換羽中のカンムリカイツブリ

今日は自宅近くの貯水池で目にした夏羽に換羽中のカンムリカイツブリをご紹介します。

カンムリカイツブリ(Great crested Grebe)はアフリカ大陸の一部、ユーラシア大陸の中部以南、オーストラリア、ニュージーランドなどに分布する体長56cmのカイツブリ科カンムリカイツブリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはユーラシア大陸の中部以南に分布する基亜種Podiceps cristatus cristatusが主に冬鳥として九州以北に渡来し、青森県、茨城県、滋賀県では少数が繁殖しているようです。

当地では例年冬鳥として集団で渡来するカンムリカイツブリですが、春の訪れとともに既に移動が始まっており、当貯水池でもかなり数が少なくなってきました。沖合で泳いでいたカンムリカイツブリですが、既に夏羽への換羽がかなり進んでいる個体も見受けられました。

カンムリカイツブリ (2 - 13)

夏羽では額から頭頂が黒く冠羽状になっており、白い顔の後方には黒と赤褐色の飾り羽が出始めています。

カンムリカイツブリ (4 - 13)

カンムリカイツブリ (1 - 13)

カンムリカイツブリ (5 - 13)

こちらはペアなのでしょうか?群れから少し離れ、2羽でコミュニケーションをとっていました。

カンムリカイツブリ (8 - 13)

カンムリカイツブリ (9 - 13)

カンムリカイツブリ (11 - 13)

カンムリカイツブリ (12 - 13)

今日は残り少なくなったカンムリカイツブリをご紹介しましたが、すっきりとした冬羽もいいものですが、やはり艶やかな飾り羽をまとった夏羽は魅力たっぷりです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然大好き人間です。
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ