FC2ブログ

黄色い腰が目立つキビタキ

先日もご紹介したクラインガルテンに隣接する森のキビタキ(Narcissus Flycatcher)ですが、この日も複数の個体があちこちで美しい歌声を奏でていました。今日はそんな中から、黄色い腰が目についたシーンをご紹介します。

コナラの枝にとまり美しい歌声を奏でていたキビタキの成鳥。

200505キビタキ-10

200505キビタキ-11

囀りの時には黄色い腰が広がり、よく目立ちます。

200505キビタキ-13

こちらは別個体。このオスは黄色い腰を大きく膨らませ盛んにアピールしていました。

200505キビタキ-3

200505キビタキ-2

こちらも別個体。

キビタキ200503-2

こちらも腰を大きく膨らませていました。

キビタキ200503-4

今日は囀りの時、黄色い腰を広げたり、大きく膨らませていたキビタキのオスをご紹介しましたが、このような動作はライバルに対する示威行動なのか、あるいはメスに対するディスプレイなのか、果たしてどちらなのでしょうか・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ