FC2ブログ

樹冠を滑空するオオムラサキ

昨日の続きで、今日は樹冠を滑空していたオオムラサキ(英名:Great Purple Emperor、学名:Sasakia charonda)をご紹介します。

羽化後、オスはパートナーとなるメスを獲得するため、縄張りエリアの樹木にとまったりしながら、メスが近くにやって来ると勢いよく飛び出し追いかけるということを繰り返していました。こちらはエノキにとまりメスがやって来るのを待っていたオオムラサキのオス。

200702オオムラサキ-10

同様にクヌギにとまりメスを待っていたオス。

200702オオムラサキ-13

200702オオムラサキ-15

メスの後を追い、勢いよく飛び出していったオス。オオムラサキは普通のチョウのように「ひらひら」とは飛ばず、はばたきが機敏で滑空するような飛び方をし、飛翔速度が速いのが特徴です。

200702オオムラサキ-3

200702オオムラサキ-7

200702オオムラサキ-4

200702オオムラサキ-5

木にとまる直前のオス。

200702オオムラサキ-2

オオムラサキは通常1年を一生とし、エノキで孵化し、幼虫時代にはエノキの葉を食べて成長し、冬は地表で越冬した後、夏になると蛹から蝶になり、クヌギなどの樹液を吸って生き、その後、エノキに卵を産卵するとエノキの近くで死んでいくというサイクルを繰り返しています。生物にとって子孫を残すことは最大の仕事であり、必死になってメスを追いかけるオスにはついつい応援したくなってしまいます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ :
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ