FC2ブログ

ビンズイ

昨日の続きで、今日は同じく山の水場で目にしたビンズイをご紹介します。

ビンズイ(Olive-backed Pipit)はロシア北西部からカムチャッカ半島、モンゴル、中国北東部、日本北部にかけてと、ヒマラヤから中国中部、日本中部で繁殖し、冬季、東南アジアなどの温暖な地域に渡り越冬する体長14~15cmのセキレイ科タヒバリ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では①基亜種ビンズイ(Anthus hodgsoni hodgsoni)が漂鳥または夏鳥として本州、四国の山地で繁殖し冬季は暖地に移動するほか、②亜種カラフトビンズイ(Anthus hodgsoni yunnanensis)が主に北海道で繁殖しているようです。

水場に降りてきた亜種ビンズイ。亜種ビンズイは背の縦斑が比較的明瞭(亜種カラフトビンズイは背の縦斑が不明瞭で、脇の縦斑が細い)なのが特徴で、この個体は雨覆に幼羽が残ることから第1回夏羽と思われます。

200819ビンズイ-10

200819ビンズイ-11

200819ビンズイ-12

200819ビンズイ-13

そして水場に座り込み、水浴びを始めました・・・

200819ビンズイ-14

200819ビンズイ-15

200819ビンズイ-16

200819ビンズイ-19

初夏に山登りをしていると、木のてっぺんでよく囀っているビンズイですが、このような水場では警戒心も薄いようで、比較的じっくりと撮影することができます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ