FC2ブログ

虫を捕って来たノビタキ

昨日の続きで、今日も同じく自宅近くの貯水池堰堤で目にしたノビタキ(Stejneger's Stonechat)を紹介します。

黄色い花のセンダングサに器用にとまっていた冬羽のノビタキですが、しばらく周りの様子を見ていましたが・・・

20201011ノビタキ-52

20201011ノビタキ-53

突然飛び出し、すぐに元の場所に戻ってきました。よく見ると口には昆虫のようなものを咥えていました。

20201011ノビタキ-54

20201011ノビタキ-55

20201011ノビタキ-56

20201011ノビタキ-57

20201011ノビタキ-58

今日は貯水池堰堤で昆虫のようなものを捕って来たノビタキをご紹介しましたが、草の穂先や灌木などにとまっては移動を繰り返しながら主に昆虫類を捕食するノビタキにとって、このような堰堤はまさにうってつけの餌場であるようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

堰堤のノビタキ

先日もご紹介した自宅近くの貯水池堰堤にやって来るノビタキ(Stejneger's Stonechat)ですが、今日も散歩の途中目にしましたで、そんなノビタキを紹介します。

渡りの途中、自宅近くの貯水池堰堤にやって来た冬羽のノビタキ。この日、4~5羽のノビタキが姿を見せてくれましたが、こちらはその中の1羽。センダングサでしょうか?細い茎に器用にとまっていました。

20201011ノビタキ-39

20201011ノビタキ-40

20201011ノビタキ-41

20201011ノビタキ-42

こちらはセイタカアワダチソウにとまったノビタキ。

20201011ノビタキ-32

20201011ノビタキ-33

20201011ノビタキ-34

20201011ノビタキ-35

今日は堰堤にやって来た渡り途中のノビタキをご紹介しましたが、黄色い花の多い秋のこの時期、雑草にとまるノビタキもなかなか味わい深いものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場にやって来たエナガ

昨日の続きで、今日は同じく森の水場にやって来たエナガをご紹介します。

エナガ(Long-tailed Tit)はユーラシア大陸の中緯度地方を中心にヨーロッパから中央アジア、日本まで広く分布する体長約14cmのエナガ科エナガ属の鳥で、分布域により17亜種に分かれており、そのうち日本では①ヨーロッパ北部・東部からシベリア東部、朝鮮半島、北海道にかけて分布する亜種コウライシマエナガ(シマエナガ)、②本州に分布する亜種エナガ、③四国と九州に分布する亜種キュウシュウエナガ、④朝鮮半島、対馬に分布するチョウセンエナガの4亜種が分布するとされていますが、頭部全体が真っ白なシマエナガを除き、他の3亜種は形態的な差異はほとんどないと言われています。

森の水場に集まって来た亜種エナガ。名前のごとく尾が長く、背の両側と肩羽、下尾筒の淡いブドウ色が特徴です。

201005エナガ-1

201005エナガ-2

隣のシジュウカラ(体長約15cm)と比べると、体長は約14cmとそれ程変わりませんが、尾の長い分、体は小さいことが分かります。

201005エナガ-3

201005エナガ-4

201005エナガ-5

その後、たくさんのメジロに囲まれたエナガ。

201005エナガ-12

201005エナガ-13

201005エナガ-14

今日は森の水場に群れでやって来たエナガをご紹介しましたが、メジロの集団シーンを「目白押し」というように、エナガの場合は「エナガ団子」という言葉もあり、今回、期せずして両者が一緒になりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場にやって来たエゾビタキ

昨日の続きで、今日は同じく森の水場にやって来たとエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)をご紹介します。

まるでペンギンのような立ち姿で水場にやって来た2羽のエゾビタキ 。何れも第1回冬羽でしょうか・・・

201005エゾビタキ-22

201005エゾビタキ-23

201005エゾビタキ-24

201005エゾビタキ-25

その後、たくさん集まって来たメジロに取り囲まれました。

201005エゾビタキ-27

201005エゾビタキ-28

最後は3羽に増えたエゾビタキ。

201005エゾビタキ-29

201005エゾビタキ-30

今日は森の水場にやって来たエゾビタキをご紹介しましたが、ミズキなどの実を食べた後は喉が渇くのか、時折その可憐な姿を見せてくれました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場にやって来たキビタキのメスとエゾビタキ

昨日の続きで、今日は同じく森の水場にやって来たキビタキ(Narcissus Flycatcher)のメスとエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)をご紹介します。

エゾビタキの第1回冬羽と思われる個体と並んだキビタキのメス。このように2羽が並ぶと体長14.5~15cmのエゾビタキと体長約13.5cmのキビタキとはほぼ同じくらいの大きさに見えます。

201005キビタキ♀-59

キビタキのメスは頭部から体上面がオリーブ色みが強いことが分かります。

201005キビタキ♀-60

201005キビタキ♀-62

201005キビタキ♀-64

201005キビタキ♀-65

こちらは別個体でしょうか、キビタキの第1回冬羽と思われる個体とエゾビタキ。

201005キビタキ♀-25

201005キビタキ♀-26

201005キビタキ♀-27

今日は森の水場にやって来たキビタキのメスとエゾビタキをご紹介しましたが、 やはり同じヒタキ科の鳥、並んだ姿は愛らしく心和ませてくれます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場にやって来たキビタキとエゾビタキ

昨日の続きで、今日も同じく森の水場にやって来たキビタキ(Narcissus Flycatcher)とエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)をご紹介します。

エゾビタキのいた水場にやって来たキビタキのオス。 地味系のエゾビタキに黄色のキビタキが実に鮮やかです。

201005キビタキ-2-2

201005キビタキ-4

201005キビタキ-5

201005キビタキ-7

今日は森の水場にやって来たキビタキとエゾビタキをご紹介しましたが、鮮やかなキビタキのオスがやって来ると水場の雰囲気が一気に明るくなります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオルリのメス

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの森の水場で目にしたオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)のメスと思われる個体をご紹介します。

雨水の溜まった石の水場にやって来たオオルリのメス第1回冬羽と思われる個体。キビタキのメスにもよく似ていますが、隣のシジュウカラ(体長約15cm、この個体は尾羽が欠損?)より大きく、キビタキ(体長約13.5cm)より体が細長く、上面も茶色みが強く、雨覆に幼羽が見られることからオオルリのメス第1回冬羽の可能性が高いと判断しました。

201005オオルリ♀-5

201005オオルリ♀-6

201005オオルリ♀-7

201005オオルリ♀-8

こちらは水を飲みに来た別の第1回冬羽と思われる個体。

201005オオルリ♀-1

201005オオルリ♀--2

201005オオルリ♀-3

今日はオオルリのメス第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、オオルリのメスはキビタキのメスと大変よく似ており、今回の個体も果たして本当にオオルリなのかどうか、自信のほどは??です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場のオオルリの若鳥・・・(2)

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの森の水場で目にしたオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)の若鳥をご紹介します。

雨水の溜まった石の水場にやって来たオオルリの若鳥(第1回冬羽)。後ろにやって来たのはオオルリのメスの若鳥でしょうか・・・

201005オオルリ-20

201005オオルリ-22

201005オオルリ-23

201005オオルリ-24

後でやって来たメスの若鳥と思われるほうが先に水浴びを始めました。

201005オオルリ-26

201005オオルリ-28

メスが去った後、水浴びにやって来たヤマガラを威嚇するオオルリの若オス。

201005オオルリ-35

201005オオルリ-36

昨日に続きオオルリの若オスをご紹介しましたが、それにしても明るい青色の羽衣を持つ若オスが登場すると水場は一気に華やぎます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

水場にやって来たオオルリの若

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの森の水場で目にしたオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)の若鳥をご紹介します。

雨水の溜まった石の水場にやって来たオオルリの若鳥(第1回冬羽)。先日ご紹介した若鳥に比べ、背はまだ暗褐色で、月齢的にはより若い個体と思われます。

201005オオルリ-8

201005オオルリ-11

201005オオルリ-12

201005オオルリ-14

ミズキの実を食べた後で喉が渇いていたのか、美味しそうに水を飲んでいました。

201005オオルリ-18

201005オオルリ-19

201005オオルリ-32

水を飲んだ後は、向きを変え、再び森に戻っていきました。

201005オオルリ-30

201005オオルリ-31

今日はクラインガルテン近くの森で目にした先日とは月齢の異なるオオルリの若鳥をご紹介しましたが、明るい青色の羽衣を持つこの若鳥は何度見ても嬉しくなります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミズキにやって来るエゾビタキ

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの森で目にしたエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)を紹介します。

昨日のオオルリの若鳥と同じミズキで目にしたエゾビタキ。食べごろの実を食べるためかホバリングを始めました。

201005エゾビタキ-1

201005エゾビタキ-2

201005エゾビタキ-3

頭を下にして器用に実を採っています。

201005エゾビタキ-4

201005エゾビタキ-5

先日から何度もご紹介してきたエゾビタキですが、ここクラインガルテン近くの森でも渡り途中のエゾビタキがミズキの実を目当てにたくさん飛来しており、森は久し振りに賑わいを見せていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミズキの実にやって来たオオルリの若

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの森で目にしたオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)の若鳥をご紹介します。

ミズキの実にやってくるエゾビタキを撮影している時、エゾビタキとは少し動きの異なる小鳥が現れました。よく見ると頭部から胸は暗褐色のオオルリの若鳥(第1回冬羽)でした。

201005オオルリ-1

201005オオルリ-2

最初はお腹側しか見せてくれませんでしたが、ようやくこちらに向かうポーズをとって・・・

201005オオルリ-3

若鳥特有の明るい青色の翼を見せてくれました。

201005オオルリ-4

先日は自宅近くの森で目にしたオオルリの若鳥をご紹介しましたが、ミズキの実が食べごろを迎えたこの時期、ミズキに集まるエゾビタキやキビタキ、オオルリたちを探すのは楽しみの一つでもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

イカルの幼鳥

昨日の続きで、今日は同じくクラインガルテン近くの森で目にしたイカル(Japanese Grosbeak)の幼鳥をご紹介します。

この時期たくさんのイカルが木の実を目当てに森に集まっていましたが、目にする多くは幼鳥で警戒心はそれ程強くなく、何とかその姿を写真に収めることができました

こちらはカエデの実を食べた後、近くの枝で休んでいたイカルの幼鳥。第1回冬羽へ換羽中のようで、頭部はわずかに暗褐色が見られる程度でした。

201006イカル-3

201006イカル-5

201006イカル-6

こちらはミズキの実を食べていた別個体。こちらは眼と嘴の周りだけは黒色で、上記個体より月齢が進んでいるようでした。

201006イカル-10

201006イカル-11

こちらは地面で採餌していた同じく幼鳥。

201006イカル-13

201006イカル-14

この時期、群れで行動しているイカルの多くは今年生まれの幼鳥たちのようで、今回撮影できた個体はいずれも幼鳥たちばかりでした・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

地面で採餌していたクロツグミ

昨日の続きで、今日は地面で採餌していたクロツグミ(Japanese Thrush)を紹介します。

たわわに実をつけたミズキ近くの遊歩道で採餌していたクロツグミのオス。

201006クロツグミ-10

201006クロツグミ-4

201006クロツグミ-2

少し翼を広げたこのポーズは燕尾服のようで愛嬌があります。

201006クロツグミ-30

201006クロツグミ-28

こちらはその近くで採餌していたメス。

201006クロツグミ-34

201006クロツグミ-36

201006クロツグミ-31

201006クロツグミ-21

今日は地面で採餌していたクロツグミをご紹介しましたが、本来、動物食であるクロツグミもこの時期は地面や地中にいる昆虫やミミズなどのほか、木の実なども食べて体力をつけた後、越冬地である中国南部や東南アジアに向け旅立っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

増えてきたクロツグミ

昨日はミズキの実を啄んでいたクロツグミ(Japanese Thrush)のオスを紹介しましたが、当地ではこれ以外にも多くのクロツグミを見ることができましたので、今日はそんなクロツグミをご紹介します。

ミズキの実をしっかり食べた後なのか、樹の中ほどの枝にとまり休んでいたクロツグミのオス。この時期のクロツグミは警戒心が強いようで、常に周りの様子を窺っているようでした。

201006クロツグミ-55

201006クロツグミ-54

201006クロツグミ-58

201006クロツグミ-59

こちらはその隣のミズキの上部で実を啄んでいたメス。メスは頭部から体上面がオリーブ褐色で、胸以下の体下面に黒褐色の斑があり、脇が橙褐色なのが特徴です。

20201007クロツグミ♀-8

20201007クロツグミ♀-9

20201007クロツグミ♀-10

この時期のクロツグミは警戒心が強いようで、ミズキの実を食べるのにもこちらから見えないようなところで食べたり、食べた後もすぐに飛び去ってしまい、撮影がなかなか難しい対象でもありましたが、こちらが身を潜めていると撮影チャンスに恵まれることがあり、今日はそんなクロツグミをご紹介しました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミズキの実にやって来るクロツグミ

今日はクラインガルテン近くの森でミズキの実を食べにやって来たクロツグミ(Japanese Thrush)をご紹介します。

繁殖を終え、渡りの途中この森に立ち寄ったと思われるクロツグミですが、沢山のクロツグミが美味しそうな実をつけたミズキに集まっていました。こちらは全身真っ黒で腹側は白地に黒の斑点が目立つクロツグミのオス。

201006クロツグミ-42

201006クロツグミ-45

201006クロツグミ-46

細い枝の先端のため、ホバリングしながら実を採っていました。

201006クロツグミ-48

201006クロツグミ-49

201006クロツグミ-50

201006クロツグミ-52

201006クロツグミ-53

食性は主に動物食で、普段は地面を歩きながら昆虫やミミズなどを捕食しているクロツグミですが、昆虫類の少なくなったこの時期、美味しそうな実をつけたミズキは彼らの貴重な食糧源になっているようで、この日、多くのクロツグミがミズキに集まっていました。当地でしばらく滞在し体力をつけた後、越冬地である中国南部や東南アジアに渡って行くものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

アオゲラもやって来ました

昨日の続きで、今日は同じくミズキの実を食べにやって来たアオゲラ(Japanese Green Woodpecker)をご紹介します。

エゾビタキを撮影中、背後でキョッキョッというアオゲラ独特の鳴き声がしていましたが、背後から突然アオゲラがミズキの中に飛び込んできました。込み入った枝の中でしたが何とかその姿を捉えることができました。よく見ると後頭と顎線の一部のみが赤いことからメスであることが分かりました。(オスは額から後頭、顎線が赤い)

20201003アオゲラ-1

20201003アオゲラ-2

熟した実を見つけたようで・・・

20201003アオゲラ-4

うまく実をゲットしました。

20201003アオゲラ-5

20201003アオゲラ-6

こちらも実をゲットしたアオゲラ。

20201003アオゲラ-7

20201003アオゲラ-10

アオゲラの食性は動物食傾向が強い雑食で、主に幹や枝で昆虫を採食し、時には木の実なども食べるとされていますが、昆虫類の少なくなったこの時期、美味しそうな実をつけたミズキは彼らの貴重な食糧源となっているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

エゾビタキ再び

再び近くの森を訪れましたが、先日のミズキの実はまだかなり残っており、そこでは相変わらずエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)が何度も姿を見せてくれました。

まだ沢山残っているミズキの実を食べにやってきたエゾビタキ。

20201003エゾビタキ-1

20201003エゾビタキ-3

お目当ての実のほうに飛び出したエゾビタキ。

20201003エゾビタキ-4

実を食べに飛び出しました。

20201003エゾビタキ-5

20201003エゾビタキ-6

樹冠にとまっていましたが・・・

20201003エゾビタキ-8-2

飛び出しました。

20201003エゾビタキ-10-2

ホバリングしながら狙いをつけています。

20201003エゾビタキ-11-2

20201003エゾビタキ-12-2

見事お目当ての実が採れたようです。

20201003エゾビタキ-13-2

今日はエゾビタキの動きのあるシーンをご紹介しましたが、ホバリングしながらお目当ての実を採る姿は見ごたえがあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ノビタキ再び

今日は散歩の途中、自宅近くの貯水池で目にした渡り途中のノビタキ(Common Stonechat)をご紹介します。


渡りの途中、自宅近くの貯水池堰堤にやって来たノビタキ。この日、遠くの草に乗っている3羽を確認することができましたが、いずれも冬羽に冠羽していました。

20201003ノビタキ-1

20201003ノビタキ-2

20201003ノビタキ-10

20201003ノビタキ-6

20201003ノビタキ-3

20201003ノビタキ-7

20201003ノビタキ-8

先日もご紹介した自宅近くの貯水池堰堤にやって来るノビタキですが、当地での滞在期間は短いようで、2~3日でいなくなったと思ったら、また新しい個体が入って来るというように、短期間で入れ替わっているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

一瞬見えたオオルリの若鳥

昨日の続きで、今日は同じくミズキの実を食べに来たオオルリ(Blue-and-white Flycatcher)の若鳥をご紹介します。

何の警戒もなくミズキの実を食べるエゾビタキとは対照的で、ひっそりと木の中ほどで動き回りなかなか姿を見せてくれないオオルリの若鳥(第1回冬羽)ですが、ようやく上半身だけ見せてくれました。頭部はまだ暗褐色ですが、翼の一部は明るい青色なのがわずかに確認できます。

20201001オオルリ-1

20201001オオルリ-3

20201001オオルリ-4

今日は上半身だけ見せてくれたオオルリのオスの若鳥をご紹介しましたが、チャンスがあればもう少し全身の鮮明な姿を撮影したいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

エゾビタキとキビタキのバトル

昨日の続きで、今日はエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)とキビタキ(Narcissus Flycatcher)のバトルシーンをご紹介します。

ミズキの実を食べにやってくるエゾビタキの様子を撮影している時、突然、ミズキの実を咥えたエゾビタキがやって来ました。

20201001エゾビタキ・キビタキ-2

とその瞬間、エゾビタキの下方から突然キビタキのメスが現れました。

20201001エゾビタキ・キビタキ-3

どうやらバトルのようです。

20201001エゾビタキ・キビタキ-4

20201001エゾビタキ・キビタキ-5

20201001エゾビタキ・キビタキ-6

急接近したエゾビタキとキビタキ。

20201001エゾビタキ・キビタキ-7

今日はエゾビタキとキビタキのバトルシーンをご紹介しましたが、これだけ木の実が豊富にあれば争いをする必要はないように思いますが、やはり縄張り意識の強いキビタキにとっては邪魔をされずにゆっくりと食べたかったのでしょうか?その辺りはキビタキに聞いてみないと分かりません・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミズキにやって来るキビタキ

昨日の続きで、今日は同じくミズキの実を食べにやって来たキビタキ(Narcissus Flycatcher)をご紹介します。

昨日のエゾビタキ同様、ミズキの実を食べにやって来たキビタキのメス。

20201001キビタキ-20

20201001キビタキ-18

体を伸ばすと意外と細長く見えます。

20201001キビタキ-17

こちらは木の中ほどで休んでいたキビタキのメス。

20201001キビタキ-26

20201001キビタキ-27

昨日のエゾビタキ同様、ホバリングしながら実をとっていました。

20201001キビタキ-29

20201001キビタキ-28

今日は昨日のエゾビタキ同様、ミズキの実を食べにやって来たキビタキのメスをご紹介しましたが、この時期、食べごろのミズキの実は彼らにとって南の越冬地に向かう前の格好の食糧となっているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

突然上空に現れたサシバ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの森で目にしたサシバをご紹介します。

サシバ(Grey-faced Buzzard)はシベリア東部、中国北東部、朝鮮半島、日本で繁殖し、冬季は東南アジアなどに渡り越冬する体長47~51cmのタカ科サシバ属の鳥で、日本では夏鳥として本州、四国、九州に渡来し、標高1000m以下の山地の林で繁殖し、秋には沖縄・南西諸島を経由して東南アジアやニューギニアに渡るほか、一部は沖縄・南西諸島で越冬することが知られています。

エゾビタキを撮影していた時、突然上空に現れたサシバ。樹々の枝に遮られ狭い空間でしたが、何とか飛び去る寸前の姿を捉えることができました。

20201001サシバ-2

20201001サシバ-3

20201001サシバ-4

20201001サシバ-5

20201001サシバ-6

今日は渡り途中、当地に立ち寄ったと思われるサシバをご紹介しましたが、この後、他のサシバなどと合流し沖縄・南西諸島を経由して東南アジアやニューギニアに渡っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ホバリングするエゾビタキ

昨日の続きで、今日はホバリングしながらミズキの実をとっていたエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)をご紹介します。

たわわに実ったミズキにやって来たエゾビタキ。

20201001エゾビタキ-156

食べごろの実をとるためでしょうか、ホバリングしながら飛び出しました。

20201001エゾビタキ-157

20201001エゾビタキ-158

20201001エゾビタキ-159

こちらは別のエゾビタキ。

20201001エゾビタキ-134

ホバリングしながら食べごろの実をとっていました。

20201001エゾビタキ-135

20201001エゾビタキ-136

今日はホバリングしながらミズキの実をとっていたエゾビタキをご紹介しましたが、じっと枝にとまっている鳥もいいものですが、このように動きのある鳥もなかなかいいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミズキにやってくるエゾビタキ

今日は自宅近くの森にやって来た渡り途中のエゾビタキ(Grey-streaked Flycatcher)をご紹介します。

この時期たわわに実をつけた好物のミズキの実を食べにやって来たエゾビタキ。大雨覆に幼羽が見られることから第1回冬羽と思われます。

20201001エゾビタキ-101

20201001エゾビタキ-102

ミズキの実を食べるエゾビタキ。

20201001エゾビタキ-103

20201001エゾビタキ-90

20201001エゾビタキ-91

20201001エゾビタキ-92

20201001エゾビタキ-104

この日、このミズキの木にはエゾビタキだけでなく、キビタキやオオルリ、メジロ、ヒヨドリなど、たくさんの野鳥が集まっていました。自然界に生きる生き物にとって、この時期このような実をつける植物は、彼らの命をつなぐ貴重な食糧源となっているようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

渡り途中のノビタキ

今日は散歩の途中、自宅近くの貯水池で目にした渡り途中のノビタキをご紹介します。

従来、ノビタキ(Common Stonechat)はユーラシア大陸、アフリカで広く繁殖し、冬季はアフリカ北部、中近東、インド、東南アジアで越冬する体長約13cmのヒタキ科ノビタキ属の鳥として、分布域により全部で24亜種に分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)では①ヨーロッパノビタキ(European Stonechat:2亜種)、②シベリアノビタキ(仮称)(Siberian Stonechat:5亜種)、③ニシノビタキ(African Stonechat:13亜種)、④ノビタキ(Stejneger's Stonechat:亜種なし)などに分離独立させており、日本にはシベリア南東部からモンゴル東部、中国北東部、朝鮮半島、日本で繁殖するノビタキ(Stejneger's Stonechat)が夏鳥として渡来し、繁殖を終えたあとは東南アジア(主にマレー半島)に渡り越冬することが知られています。

渡りの途中、自宅近くの貯水池の堰堤にやって来たノビタキ。この日、遠くの草に乗っている3羽を確認することができましたが、いずれも冬羽に冠羽していました。

20200928ノビタキ-4

20200928ノビタキ-5

20200928ノビタキ-7

20200928ノビタキ-10

20200928ノビタキ-14

20200928ノビタキ-15

20200928ノビタキ-17

20200928ノビタキ-20

20200928ノビタキ-21

20200928ノビタキ-23

今日は渡り途中のノビタキをご紹介しましたが、例年、北の繁殖地で夏を過ごしたノビタキたちは9月中旬~10月、当地でショートステイをした後、越冬地である東南アジアに向け旅立って行きます。来年もまた元気な姿を見せてほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

単独行動のキジのオス

先日は庭先にやって来たキジ(Green Pheasan)の親子をご紹介しましたが、今日は草地で目にしたキジのオスをご紹介します。

朝の散歩の途中、草刈りの終わった草地でキジのオスがゆっくり歩いていました。 急いでお散歩カメラで撮影したのが以下のシーンです。

200925キジ-2

200925キジ-4

草地の縁で立ち止まり・・・

200925キジ-5

こちらの存在に気付いたのか、こちらを振り返りました。

200925キジ-7

200925キジ-8

その後、周りの様子を窺い

200925キジ-10

奥の藪に消えていきました。

200925キジ-12

今日は単独で行動していたキジのオスをご紹介しましたが、子育てはメスだけが行い、非繁殖期には雌雄別々に行動することから、繁殖の終わったこの時期、オスは単独行動しており、今回はそんなオスを目にしたものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キビタキの親子

昨日の続きで、今日は同じく近くの森の水場にやって来たキビタキ(Narcissus Flycatcher)の親子と思われる2羽をご紹介します。

大きな岩の窪みに溜まった雨水にやって来たキビタキ。右側はメスの親で、左側はその子供でしょうか?

200924キビタキ-7

そんな中、メジロもやって来ました。

200924キビタキ-8

200924キビタキ-9

200924キビタキ-10

200924キビタキ-11

200924キビタキ-12

今日は森の水場にやって来たキビタキの親子と思われる2羽をご紹介しましたが、秋の移動前のこの時期、森の水場は野鳥たちで賑わっていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ