FC2ブログ

ヤマヒバリ

飛島探鳥の続きで、今日はヤマヒバリをご紹介します。

ヤマヒバリ(Siberian Accentor)はシベリア東部から極東の高山帯や寒帯で繁殖し、冬季は中国北東部、朝鮮半島などで越冬する体長14~15cmのイワヒバリ科カヤクグリ属の鳥で、日本には数少ない冬鳥または旅鳥として飛来しますが、特に日本海側の島嶼では秋に比較的よく見られるようです。

旅館近くの民家周辺で目にしたヤマヒバリ。陽も傾き始めた夕刻のため鮮明な写真ではありませんが、頭頂、過眼線から頬が黒褐色で、眉斑、体下面はやや赤みを帯びた褐色という特徴を何とか確認することができました。

ヤマヒバリ20201107-5

ヤマヒバリ20201107-6

民家の屋根に上ったヤマヒバリ。

ヤマヒバリ20201107-1

ヤマヒバリ20201107-2

ヤマヒバリ20201107-3

翌日早朝に撮った同じ個体。この状態でずっと固まっていました。

ヤマヒバリ20201109-3

英名からも分かるようにシベリア東部から極東の高山帯や寒帯で繁殖するヤマヒバリは、冬季は越冬地である中国北東部や朝鮮半島などに渡ることが知られていますが、日本海側の島嶼は渡りのルートにあたるようで毎年複数個体が観察されており、ここ飛島でもこの秋、数個体が立ち寄ってくれたようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

キレンジャク&ヒレンジャク

飛島探鳥の続きで、今日はキレンジャクとヒレンジャクをご紹介します。

キレンジャク(Bohemian Waxwing)はヨーロッパ北部からアジア北部、北アメリカ北部で繁殖し、冬季、木の実を求めて南下する体長19~20cmのレンジャク科レンジャク属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本ではヨーロッパ北部からアジア北部で繁殖する基亜種キレンジャク(Bombycilla garrulus garrulus)が冬鳥として主に本州中部以北に渡来しますが、木の実を求めてどの程度南下するかは途中の木の実の量に影響するとされています。

一方のヒレンジャク(Japanese Waxwing)ですが、シベリア東部、中国北東部のアムール川、ウスリー川流域で繁殖し、冬季、サハリン、日本、朝鮮半島、中国南部、台湾などに南下する体長17~18cmのレンジャク科レンジャク属の鳥で、日本では冬鳥として全国の平地から山地の林、河畔林、公園などに渡来し、東日本に多いキレンジャクに対し、ヒレンジャクは西日本に多く渡来し、年によって渡来数の変動が多いことが知られています。

そんなキレンジャクとヒレンジャクですが、島の高台の灌木に10羽程の群れがとまってくれました。数えてみると全部で9羽の群れで、8羽がキレンジャクで、ヒレンジャク(一番下)が1羽だけ混じっていました。

レンジャク20201109-9

レンジャク20201109-4

レンジャク20201109-3

レンジャク20201109-2

キレンジャク(上)とヒレンジャク(下)を大きくトリミングしてみました。キレンジャクは体長17~18cmのヒレンジャクに比べ若干大きく、過眼線は冠羽に達せず、尾の先端は黄色で、下尾筒は橙褐色、腹は一様に灰褐色である点がヒレンジャクとの違いです。また、次列風切の羽軸先端には赤い蝋状の突起物があり、この蝋状の物質がレンジャク科の英名(Waxwing)の由来となっています。

レンジャク20201109-1

今日は冬鳥として全国各地に飛来するキレンジャクとヒレンジャクをご紹介しましたが、関東周辺への渡来時期は比較的遅いため、この時期に出会えると何となく嬉しくなります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオモズ(旧名称)の幼鳥

飛島探鳥の続きで、今日はオオモズ(旧名称)の幼鳥をご紹介します。

従来、オオモズ(Great grey shrike)はユーラシア大陸北部やインド中部、アフリカの中部で繁殖し、冬季、南方に渡って越冬する体長24~25cmのモズ科モズ属の鳥として18亜種に分類されていましたが、近年IOC(国際鳥類学会議)では、オオモズ(Great grey shrike)から①Northern Shrike(和名なし:5亜種)、②Iberian Grey Shrike(ミナミオオモズ:亜種なし)を別種として分類しています。その結果、サハリン、千島列島で繁殖し、冬季、日本には冬鳥または旅鳥として渡来する従来の亜種オオモズはNorthern Shrikeの1亜種(Lanius borealis bianchii)となっています。

そんな亜種オオモズ(旧名称)ですが、渡りの途中島に立ち寄ってくれたようで、海岸線の灌木周辺を動き回っていました。この個体は全体に体色が鈍く、大雨覆、三列風切が幼羽で、体下面には鱗模様が見られることから第1回冬羽と思われます。

オオモズ20201112-2

オオモズ20201112-10

オオモズ20201112-11

オオモズ20201112-12

オオモズ20201112-14

今日は渡りの途中島に立ち寄った亜種オオモズ(旧名称)の第1回冬羽と思われる個体をご紹介しましたが、従来のGreat grey shrikeの和名はオオモズのままで、亜種オオモズの属する別種Northern Shrikeは和名なしとなっており、種と亜種名が食い違うという不整合がおきています。早くすっきりとした和名を付けてほしいと願うものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種アカウソ

飛島探鳥の続きで、今日はサハリンで繁殖し、冬季、冬鳥として九州以北に渡来する亜種アカウソ(Pyrrhula pyrrhula rosacea)と思われる個体をご紹介します。

道路脇の枯れ草の中で休んでいた亜種アカウソのオスと思われる2羽。亜種ウソのオスは胸から腹が灰色なのに対し、亜種アカウソは淡い紅色が入っているのが特徴です。

アカウソ20201109-1

アカウソ20201109-4

アカウソ20201109-5

アカウソ20201109-2

アカウソ20201109-3

こちらは亜種ウソのメスともよく似ていますが、体下面はブドウ褐色みが強く、外側尾羽に白い軸斑が見られることから亜種アカウソのメスではないかと思われます。

アカウソ20201109-19

こちらは亜種アカウソのオスと一緒に採餌していたことから亜種アカウソのメスと思われます。

ウソb20201111-2

今日は冬鳥として九州以北に渡来する亜種アカウソと思われる個体をご紹介しましたが、オスについては体下面に淡い紅色が入っていることから識別は比較的容易と思われますが、メスについては極めてよく似ており、外側尾羽の白い軸斑の有無が決め手になるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

亜種ウソ

飛島探鳥の続きで、今日は亜種ウソをご紹介します。

ウソ(Eurasian Bullfinch)はヨーロッパからアジアの北部にかけて広く分布する体長15.5~16cmのアトリ科ウソ属の鳥で、分布域により10亜種に分かれており、日本では①千島列島から日本の北部で繁殖する亜種ウソ(Pyrrhula pyrrhula griseiventris)が本州中部以北の亜高山帯などで繁殖し冬季は九州以北の低地に移動し越冬するほか、②サハリンで繁殖する亜種アカウソ(Pyrrhula pyrrhula rosacea)が冬鳥とて飛来、③また、稀な冬鳥として、シベリア東部で繁殖する亜種ベニバラウソ(Pyrrhula pyrrhula cassinii)の記録があります。

道路脇で草の見を啄んでいた亜種ウソのオス。オスは額から頭頂、腮が黒く、頬から喉は赤色、後頸から背、胸から腹が灰色なのが特徴です。

ウソ20201109-7

ウソ20201109-4

ウソ20201109-5

ウソ20201109-6

こちらは別の場所でセンダングサの実を啄んでいた亜種ウソのメス。メスは頬から喉は赤くなく、頬から体下面、背が灰褐色なのが特徴です。

ウソ20201111-1

ウソb20201111-5

ウソb20201111-6

今日は移動の途中、飛島に立ち寄った亜種ウソをご紹介しましたが、この後、越冬地である九州以北の低地に移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニマシコ

飛島探鳥の続きで、今日はベニマシコをご紹介します。

ベニマシコ(Long-tailed Rosefinch)はロシアから中国、、北朝鮮、韓国、日本、モンゴル、カザフスタン、チベットにかけて分布する体長約15cmのアトリ科ベニマシコ属の鳥で、分布域により5亜種に分かれており、日本ではサハリン、千島列島、北海道、青森県下北半島で繁殖する亜種ベニマシコ(Carpodacus sibiricus sanguinolentus)が夏鳥として渡来し、冬季は本州以南へ渡り越冬することが知られています。

この時期、島では渡りの最盛期を迎えているようで、島内の至るところで草の実を啄むベニマシコを目にすることができました。こちらは夏羽に比べると全体的に赤色みが薄くなっているオスの冬羽。

ベニマシコ20201112-4

ベニマシコ20201112-1

ベニマシコ20201112-2

別の場所で目にした同じくオスの冬羽。

ベニマシコ20201109-4

ベニマシコ20201109-3

こちらは全身が淡褐色のメスの冬羽。

ベニマシコb20201109-3

ベニマシコb20201109-5

ベニマシコb20201109-4

今日は渡りの途中、飛島に立ち寄ったベニマシコをご紹介しましたが、この先、越冬地である本州以南に渡っていくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オオマシコ

飛島探鳥の続きで、今日は滞在中、何度も目にしたオオマシコをご紹介します。

オオマシコ(Pallas's Rosefinch)はカザフスタン北東部からシベリア中部・東部、サハリンにかけての寒帯域で繁殖し、冬季は中国東部、朝鮮半島、日本などに渡り越冬する体長15~17cmのアトリ科オオマシコ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本にはサハリンで繁殖し、冬季、朝鮮半島や日本に渡り越冬する亜種オオマシコ(Carpodacus roseus portenko)が冬鳥として本州の平地から山地にかけて渡来しますが、数はそれほど多くなく、冬の赤い鳥の一つとして人気があります。

そんなオオマシコですが、移動の途中、当地に立ち寄ってくれたようで、数羽の群れが何度もその美しい姿を見せてくれました。こちらは早朝、道路脇で草の実を食べていたオオマシコとアトリです。

オオマシコ20201111-7

オオマシコ20201111-8

オオマシコ20201111-9

こちらは畑の脇で草の実を啄んでいたオオマシコ。オオマシコのオスは成鳥羽になるには3~4年かかるとされており、特に若い個体はメス(全身淡褐色で紅色みを帯びる)に大変よく似ており、識別が困難とされています。この2羽は何れも第1回冬羽と思われますが、左側の個体は頭頂、上尾筒の紅色みが比較的はっきりしていることからオスの若い個体ではないかと思われます。

オオマシコ20201110-3

オオマシコ20201110-1

オオマシコ20201110-2

オスの若い個体と思われるオオマシコ。

オオマシコ20201110-4

オオマシコ20201110-5

オオマシコ20201110-6

今日は一足早く目にしたオオマシコをご紹介しましたが、当地で体力をつけた後、越冬地である本州の平地から山地にかけて移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ベニヒワ

秋の渡りの鳥たちを求め山形県・飛島に行ってきましたので、今日からしばらくの間、当地で出会った鳥たちをご紹介します。

最初は滞在中、何度も目にしたベニヒワです。

ベニヒワ(Common Redpoll)は夏季にヨーロッパ北部、シベリア、アラスカ、カナダ、グリーンランド、アイスランドで繁殖し、冬季、ヨーロッパ南部、イギリス諸島、アジア中央部、アメリカ北部にかけて越冬する体長13~14cmのアトリ科Acanthis属(ベニヒワ属?)の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本にはヨーロッパ北部、シベリア、アラスカ、カナダで繁殖し、冬季、ヨーロッパ南部、アジア中央部、アメリカ北部にかけて越冬する亜種ベニヒワ(Acanthis flammea flammea)が主に北海道、本州北部に越冬のため飛来しますが、イスカやレンジャクなどと同様、年によって飛来数の変動が大きいことが知られています。

そんなベニヒワですが、今年は飛来数が多いのか滞在中何度も目にすることができました。ススキの穂にとまったベニヒワ。右側の個体は大雨覆に幼羽があり、胸に紅色みがないことからメスの第一回冬羽と思われます。

ベニヒワ20201109-17

ベニヒワ20201109-15

左側の個体も大雨覆に幼羽が見られることからメスの第一回冬羽と思われます。

ベニヒワ20201109-16

右側の個体をトリミング

ベニヒワ20201109-12

ベニヒワ20201109-13

ベニヒワ20201109-14

今日は関東以西では比較的珍しい冬鳥のベニヒワをご紹介しましたが、従来、ベニヒワはマヒワ属(Carduelis属)に分類されていましたが、現在、IOC(国際鳥類学会議)ではコベニヒワ(Arctic Redpoll)などとともにAcanthis属(ベニヒワ属?)として分類しています。また、同様にマヒワ属(Carduelis属)に分類されていたマヒワ(Eurasian Siskin)については北アメリカのヒワ類とともにSpinus属に分類されていますので注意が必要です・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

稜線を飛ぶクマタカ

昨日の続きで、今日は同じく近くのダム湖で目にしたクマタカ(Mountain Hawk-eagle)をご紹介します。

対岸の上空に姿を見せた後、背後の稜線に向けて近づいてきた成鳥のクマタカ。

20201117クマタカ-4

稜線近くの木々も赤く色づいていました。

20201117クマタカ-5

ぐんぐん近づいてきたクマタカ

20201117クマタカ-6

20201117クマタカ-7

20201117クマタカ-8

昨日に続き、同じく紅葉バックのクマタカをご紹介しましたが、この時期ならではの紅葉がらみのクマタカはやはり絵になります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

紅葉とクマタカ

今日は近くのダム湖で目にした紅葉バックのクマタカ(Mountain Hawk-eagle)をご紹介します。

当地ではすでに紅葉も盛りを過ぎようとしていますが、そんな中、成鳥のクマタカが紅葉をバックに対岸を飛んでくれました。この日は雲一つない秋晴れでしたが、逆に光線が強く、撮影には厳しい条件でした。

20201117クマタカ-1

20201117クマタカ-2

20201117クマタカ-3

今日は紅葉バックのクマタカをご紹介しましたが、真っ赤な紅葉とモノトーンのクマタカはなかなか絵になります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

堰堤のオオジュリン

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの貯水池に立ち寄ったオオジュリンをご紹介します。

オオジュリン(Common Reed Bunting)は夏季にユーラシア大陸の中~高緯度地域で繁殖し、冬季はアフリカ大陸北部やユーラシア大陸南部へ南下し越冬する体長約16cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、分布域により19亜種に分かれており、日本ではシベリア中南部、モンゴル北東部からカムチャッカ半島、千島列島、北日本、中国北東部にかけて繁殖し、冬季は南下し越冬する亜種オオジュリン(Emberiza schoeniclus pyrrhulina)が夏季に北海道と東北地方で繁殖し、冬季に本州以南に南下し越冬することが知られています。

そんな亜種オオジュリンですが、南下の途中、自宅近くの貯水池堰堤に立ち寄ってくれたようで、植え込みの上に2羽が姿を見せてくれました。何れも頭部から体上面が淡褐色で、背、雨覆に黒褐色の縦斑があり、雨覆には幼羽が見られることからメスの第1回冬羽と思われます。

20201105オオジュリン-2

その直後、左からもう1羽がやって来ました。この個体も頭部が淡褐色で、雨覆に幼羽が見られることからメスの第1回冬羽と思われます。

20201105オオジュリン-3

20201105オオジュリン-4

20201105オオジュリン-5

20201105オオジュリン-7

しばらく3羽が一緒にとまっていましたが、やがて真ん中の1羽が飛び出していきました・・・

20201105オオジュリン-8

今日は渡りの途中、自宅近くの貯水池堰堤に立ち寄った亜種オオジュリンをご紹介しましたが、しばらくの間、当地で逗留した後、越冬地に向け移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カンムリカイツブリの飛翔

先日もご紹介したカンムリカイツブリ(Great crested Grebe)ですが、今日はその飛翔シーンをご紹介します。

遠くの湖面近くを一直線に飛んでいた冬羽のカンムリカイツブリ。飛翔時は次列風切と翼前縁、肩羽の白色部がよく目立ちます。

20201104カンムリカイツブリ-3

20201104カンムリカイツブリ-5

20201104カンムリカイツブリ-6

20201104カンムリカイツブリ-7

20201104カンムリカイツブリ-8

20201104カンムリカイツブリ-9

着水したカンムリカイツブリ。

20201104カンムリカイツブリ-11

20201104カンムリカイツブリ-12

今日はカンムリカイツブリの飛翔シーンをご紹介しましたが、よく似たアカエリカイツブリの冬羽は、飛翔時、カンムリカイツブリに比べ頸が短く、次列風切と翼前縁のみ白いことから識別することができます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

堰堤のタヒバリ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの貯水池で目にしたタヒバリをご紹介します。

タヒバリ(Buff-bellied Pipit)はユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン、千島列島、アラスカ、北アメリカのツンドラ地帯、グリーンランド西部、アメリカ北東部、ロッキー山脈等で繁殖し、冬季は朝鮮半島、日本、メキシコ、中央アメリカなどに渡り越冬する体長約16cmのセキレイ科タヒバリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本ではユーラシア大陸東部の亜寒帯地方やサハリン、千島列島などで繁殖する亜種タヒバリ(Anthus rubescens japonicus)が冬鳥として本州以南に渡来し、北海道では春秋の渡りの時期に通過する旅鳥として知られています。

自宅近くの貯水池堰堤にやって来た亜種タヒバリ。頭頂から体上面は褐色で、嘴基部、足は橙褐色、眉斑と体下面は淡褐色で黒褐色の縦斑が明瞭で、この個体は雨覆に幼羽が残ることから第1回冬羽と思われます。

20201104タヒバリ-11

20201104タヒバリ-13

近くにやって来た同じ個体。この個体は人慣れしているようで、人がいても気にする様子がありません・・・

20201104タヒバリ-1

20201104タヒバリ-4

羽繕いでしょうか?大きく羽根を広げてくれました。

20201104タヒバリ-5

20201104タヒバリ-7

20201104タヒバリ-9

当地では冬鳥として毎年渡来するタヒバリですが、今年も秋の深まりとともにやって来てくれました。この先、春の旅立ちまで当地でのんびり過ごしてほしいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ハジロカイツブリも到着

今日は自宅近くの貯水池に今年もやって来たハジロカイツブリをご紹介します。

ハジロカイツブリ(Black-necked Grebe)はヨーロッパ、アフリカ、東アジア、北アメリカ中部、南アメリカ北東部等で繁殖し、非繁殖期には海上や温暖な地域へ移動する体長31cmのカイツブリ科カンムリカイツブリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはヨーロッパ、東アジアに分布する基亜種Podiceps nigricollis nigricollisが冬鳥として全国の湖沼や沿岸に渡来することが知られています。

そんなハジロカイツブリですが、寒さの訪れとともに今年も当地の貯水池にやって来てくれました。夏羽では英名のように頭部、頸、胸、上面が黒色で、眼の後方に金栗色の飾り羽があり、脇は赤褐色のハジロカイツブリですが、冬羽では頭部からの上面は黒く、体下面は和名のように白色であるのが特徴です。

20201104ハジロカイツブリ-6

最初は2羽で泳いでいましたが、しばらくすると1羽が合流し3羽になっていました。この3羽はともに虹彩が赤色であることから成鳥の冬羽と思われます。(第1回冬羽は嘴がやや淡色で、虹彩は橙色みを帯びる)

20201104ハジロカイツブリ-2

20201104ハジロカイツブリ-3

20201104ハジロカイツブリ-4

20201104ハジロカイツブリ-5

20201104ハジロカイツブリ-8

今日は今年も自宅近くの貯水池にやって来てくれたハジロカイツブリをご紹介しましたが、この先、春の訪れまでの間、当地に逗留してくれるものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

仲良く採餌していた2羽のジョウビタキ

今日は自宅近くの草地で目にしたジョウビタキをご紹介します。

ジョウビタキ(Daurian Redstart)はシベリア、モンゴル、ヒマラヤ東部から中国、朝鮮半島で繁殖し、冬季、中国南東部、日本からインドシナにかけて越冬する体長約14cmのヒタキ科ジョウビタキ属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本にはシベリア、モンゴルから中国北東部、朝鮮半島で繁殖し、冬季、中国南東部、日本などで越冬する基亜種ジョウビタキ(Phoenicurus auroreus auroreus)が全国各地にやって来ます。

草刈りを終えた草地で仲良く採餌していた2羽のジョウビタキのメス。メスは頭部から体上面は灰褐色で、腮以下の体下面は淡褐色で脇は褐色みが強く、メスも風切の一部に小さな白斑があり、紋付のように見えるのが特徴です。

20201102ジョウビタキ-3

20201102ジョウビタキ-4

20201102ジョウビタキ-5

20201102ジョウビタキ-6

20201102ジョウビタキ-9

20201102ジョウビタキ-7

20201102ジョウビタキ-8

普段は縄張り意識が強く、バトルシーンを見ることの多いいジョウビタキですが、今回目にしたこの2羽は姉妹なのか親子なのか、何故か仲良く地面で採餌していました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

上空を通過していったオオタカ

昨日の続きで、今日は同じく自宅近くの貯水池で目にしたオオタカをご紹介します。

オオタカ(Northern Goshawk)はユーラシア大陸と北アメリカ大陸に広く分布する体長50~58.5cmのタカ科ハイタカ属の猛禽で、分布域により10亜種に分かれており、そのうち日本では①亜種オオタカ(Accipiter gentilis fujiyamae)が九州北部以北に留鳥として分布(その他の地域では冬鳥)するほか、②シベリア北東部に分布する亜種シロオオタカ(Accipiter gentilis albidus)が稀に飛来し、北海道、青森県、山形県、新潟県などで記録があるようです。

貯水池堰堤上空に現れた亜種オオタカの成鳥。成鳥は腮以下の体下面は白色で、下雨覆まで黒褐色の横斑があるのが特徴で、見た目によく似たハイタカは一回り小さく、橙褐色の横斑である点が異なります。

20201101オオタカ-1

20201101オオタカ-2

20201101オオタカ-3

20201101オオタカ-5

20201101オオタカ-6

オオタカはぐんぐんとこちらに近づき、上空を通過していきました。

20201101オオタカ-8

20201101オオタカ-9

今日は自宅近くの貯水池で目にしたオオタカをご紹介しましたが、当貯水池では秋の深まりとともに水浴びにやって来るカラスが増えてきますが、そのカラスを狙ってオオタカがやって来ることが多く、冬場の楽しみの一つになっています・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

今年もやって来たカンムリカイツブリ

今日は自宅近くの貯水池に今年もやって来たカンムリカイツブリをご紹介します。

カンムリカイツブリ(Great crested Grebe)はアフリカ大陸の一部、ユーラシア大陸の中部以南、オーストラリア、ニュージーランドなどに分布する体長56cmのカイツブリ科カンムリカイツブリ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはユーラシア大陸の中部以南に分布する基亜種Podiceps cristatus cristatusが主に冬鳥として九州以北に渡来し、青森県、茨城県、滋賀県では少数が繁殖しているようです。

当地では例年冬鳥として集団で渡来するカンムリカイツブリですが、この時期かなり数も増えてきたようで、晩秋の柔らかい日差しの中、その中の数羽が近くにやって来てくれました。夏羽に比べると短くなった冠羽ですが、それでも名前のように独特の存在感を放っています。

20201101カンムリカイツブリ-5

20201101カンムリカイツブリ-6

20201101カンムリカイツブリ-7

20201101カンムリカイツブリ-3

20201101カンムリカイツブリ-4

20201101カンムリカイツブリ-11

20201101カンムリカイツブリ-12

今日は今年も自宅近くの貯水池にやって来てくれた冬羽のカンムリカイツブリをご紹介しましたが、艶やかな飾り羽の夏羽もいいものですが、このすっきりとした冬羽もよくよく見るとなかなか魅力があります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ミソサザイ

今日は先日訪れた高原の森で目にしたミソサザイをご紹介します。

ヨーロッパ、アフリカ北部、西アジア、中央アジアからロシア極東部、東南アジア北部、中国、台湾、朝鮮半島、日本にかけて繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡るとされるミソサザイ(Eurasian Wren)ですが、分布域により実に28亜種に分かれており、そのうち日本では①千島列島南部、樺太、日本に分布する亜種ミソサザイ(Troglodytes troglodytes fumigatus)のほか、②伊豆諸島に分布する亜種モスケミソサザイ(Troglodytes troglodytes mosukei)、③屋久島、種子島に分布する亜種Troglodytes troglodytes ogawae、 ④シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、対馬に分布する亜種Troglodytes troglodytes dauricusの4亜種の存在が知られています。

森の湿地帯の木道で目にした亜種ミソサザイ。全身濃褐色で、全身に細かい小さな白斑があり、背から体上面、雨覆、風切、尾、体下部には黒褐色の横斑が見られます。

201028ミソサザイ-3

201028ミソサザイ-2

201028ミソサザイ-4

201028ミソサザイ-5

201028ミソサザイ-6

ここでは木道周辺を5~6羽のミソサザイが動き回っていましたが、こちらはその中の1羽。

201028ミソサザイ-7

201028ミソサザイ-8

今日は高原の森の湿地帯で目にした亜種ミソサザイをご紹介しましたが、この時期、今年生まれの子供たちも親鳥と変わりなく活発に動き回っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

2羽で絡んでいたクマタカ

昨日の続きで、今日は同じく近くのダム湖で目にしたクマタカ(Mountain Hawk-eagle)をご紹介します。

オシドリを撮っている時、突然、遠くの稜線付近を飛んでいる豆粒ほどの猛禽を発見。どうやらクマタカのようです。急いでカメラを向けました。

201026クマタカ-1

よく見ると、この個体は次列風切に欠損があります。顔や体下面は白っぽいことからまだ若い個体と思われます。

201026クマタカ-36

しばらくすると更に別のもう1羽が近づいて来ました。こちらもまだ顔が白っぽく、若い個体のようです。

201026クマタカ-29

輪を描くように上空で旋回を始めた2羽のクマタカ。

201026クマタカ-16

201026クマタカ-17

上方の個体は親鳥を呼んでいるのか、鳴き声を上げながら旋回していました。

201026クマタカ-18

201026クマタカ-19

今日は先日に続き近くのダム湖で目にしたクマタカをご紹介しましたが、今回、同時に複数の個体が見られたことから、いよいよ猛禽の季節が近づいたことを実感し嬉しさがこみ上げてきました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

増えてきたオシドリ

再び近くのダム湖を訪れましたが、オシドリ(Mandarin Duck)はその数を増やしているようで、数羽の群れが何ヵ所かでその美しい姿を見せてくれました。

対岸付近をゆっくりと泳いでいた雌雄のオシドリ。

201018オシドリ-1

201018オシドリ-2

201018オシドリ-3

201018オシドリ-4

201018オシドリ-10

こちらは別の群れ。真ん中手前の個体はオスの幼鳥でしょうか?

201018オシドリ-11

201018オシドリ-12

今日は寒さとともに増えてきたオシドリをご紹介しましたが、当地ではこの先しばらくの間、美しいオシドリたちを楽しむことができそうです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓


テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

カケスの飛翔

昨日の続きで、今日は近くのダム湖で目にしたカケス(Eurasian Jay)の飛翔シーンをご紹介します。

オシドリを撮影している時、近くにやって来たカケス。

201018カケス-7

少し枝にとまったと思った瞬間すぐに飛び出し、込み入った枝の中に入り込んでしまいます。

201018カケス-11

201018カケス-12

201018カケス-13

201018カケス-14

201018カケス-17

こちらは上方に飛び上がったカケス。翼を広げると初列雨覆と次列風切基部の美しい青色が目を引きます。

201018カケス-4

201018カケス-5

今日は忙しく樹の中を動き回っていたカケスをご紹介しましたが、鳴き声こそ英名のようにジェーイ ジェーイとうるさいカケスですが、翼を広げると雨覆の青色が美しく、なかなか魅力的な鳥でもあります・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ダム湖のヤマセミ

昨日の続きで、今日は同じく近くのダム湖で目にしたヤマセミをご紹介します。

ヤマセミ(Crested Kingfisher)はアフガニスタン北東部から中国中部、インドシナ北部、千島列島南部、日本にかけて分布する体長約38cmのカワセミ科ヤマセミ属の鳥で、分布域により4亜種に分かれており、日本では千島列島南部、北海道に分布する亜種エゾヤマセミ(Megaceryle lugubris pallida)と本州以南に分布する亜種ヤマセミ(Megaceryle lugubris lugubris)の2亜種の分布が知られています。

オシドリを探していたところ、突然、湖面近くを低空飛翔しながら飛び去る白い鳥を発見。どうやらヤマセミのようです。急いでカメラを向けましたが、捉えたのはどんどん遠ざかっていく後ろ姿だけでした。

201018yamasemi-2.jpg

201018yamasemi-4.jpg

201018yamasemi-5.jpg

201018yamasemi-6.jpg

201018yamasemi-7.jpg

湖に沿って左カーブしていくヤマセミ。

201018yamasemi-8.jpg

201018yamasemi-9.jpg

201018yamasemi-10.jpg

今日は近くのダム湖で偶然目にした亜種ヤマセミをご紹介しましたが、次回はもう少し近くからその魅力的な姿を撮影したいものです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ダム湖のクマタカ

昨日の続きで、今日は同じく近くのダム湖で目にしたクマタカ(Mountain Hawk-eagle)をご紹介します。

オシドリを撮っている時、突然、遠くの稜線付近を飛んでいる猛禽を発見。よく見るとクマタカです。急いでカメラを向けますが、あいにくこの時は600mmのズームレンズ。豆粒ほどの大きさでしたが、それでもこの地で見たのは初めてであり、思わず興奮してしまいました。

201020クマタカ-12

201020クマタカ-13

その後、徐々に高度を上げ稜線の上で旋回を始めました。よく見ると顔や体下面は白っぽく、まだ若い個体と思われます。

201020クマタカ-8

201020クマタカ-10

201020クマタカ-21

201020クマタカ-23

更に高度を上げ旋回していましたが、やがて稜線の彼方に消えていきました。

201020クマタカ-30

201020クマタカ-36

今日は久し振りに目にしたクマタカをご紹介しましたが、当地で見るのは初めてであり、訪れる楽しみが増えた喜びで現地を後にしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

オシドリの飛翔

昨日の続きで、今日は同じく近くのダム湖で目にしたオシドリ(Mandarin Duck)の飛翔シーンをご紹介します。

湖面から飛び出し、こちらに向かってきたオシドリ。右側は成鳥のオスで、左側はメスのようにも見えますが、嘴が紅色であることからエクリプスでしょうか。

201018オシドリ-50

201018オシドリ-51

目の前を横切っていった成鳥のオス。飛んでいるときは何故か瞳孔が小さくなっているようで、少しユーモラスに見えます。

201018オシドリ-58

201018オシドリ-61

オスの後ろ姿

201018オシドリ-65

201018オシドリ-67

こちらはメス。こちらも瞳孔が小さくなっているように見えます。

201018オシドリ-70

201018オシドリ-73

今日は近くのダム湖で目にしたオシドリの飛翔シーンをご紹介しましたが、今回、偶然かも知れませんが、飛翔時の瞳孔が普段より小さくなっているように見えるためか、何となくユーモラスな感じがしました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ダム湖のオシドリ

今日はクラインガルテン近くのダム湖で目にしたオシドリをご紹介します。

オシドリ(Mandarin Duck)はシベリア南東部、中国東部、朝鮮半島、日本などで繁殖し、冬季は中国南東部などに移動し越冬する体長約45cmのカモ科オシドリ属の鳥で、日本では留鳥または冬鳥として主に北海道や本州中部以北で繁殖し、冬季は西日本などで越冬するものが多いことが知られています。

久し振りに訪れたダム湖で目にしたオシドリ。既に繁殖羽への換羽は終えているようで、 美しい羽衣を身に着けたオスと地味ではあるものの魅力的なメスとが仲良く湖の縁を泳いでいました。

201016オシドリ-8

201016オシドリ-10

201016オシドリ-16

201016オシドリ-17

201016オシドリ-20

201016オシドリ-22

201016オシドリ-24

今日は既に繁殖羽に換羽していたオシドリをご紹介しましたが、一般に多くの野鳥は春頃になると非繁殖羽(冬羽)から繁殖羽(夏羽)に換羽しますが、カモの場合は換羽時期が早く、秋の終盤には非繁殖羽から繁殖羽に換羽するものが多く、今回のオシドリも同様に既に繁殖羽への換羽を終えていたようです・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

セッカの幼鳥

今日は自宅近くの貯水池堰堤で目にしたセッカ(Zitting Cisticola)の幼鳥をご紹介します。

突然、遊歩道近くのススキにとまったセッカ。よく見ると、まだ巣立って間がないようで、尾が短く、先端の灰白色部の割合も大きく、翼もまだ生え揃っていないようでした。

20201024セッカ-1

20201024セッカ-2

20201024セッカ-3

20201024セッカ-4

20201024セッカ-5

20201024セッカ-6

こちらはその近くにいた別個体。背中側は見えませんが、尾が長く、先端の灰白色部の割合も小さいことから成鳥ではないかと思われます。

20201024セッカ-10

202010242セッカ-11

今日は自宅近くの貯水池堰堤で目にしたセッカの幼鳥をご紹介しましたが、当地では毎年、草丈が伸びる秋口に子育てが行われており、今回目にした幼鳥も当地で繁殖した個体と思われます。漂鳥であるセッカはこののち寒さの深まりとともに、親子ともども暖かい場所に移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリビタキの幼鳥

昨日の続きで、今日は同じく高原の森で目にしたルリビタキ(Red-flanked Bluetail)の幼鳥をご紹介します。

オスとメスが現れた同じ遊歩道に出てきたルリビタキの幼鳥。頭部から背、胸にかけて細かい淡褐色の斑があり、まだ巣立って間がない個体と思われます。

201028ルリビタキ-14

201028ルリビタキ-15

201028ルリビタキ-16

201028ルリビタキ-17

201028ルリビタキ-19

201028ルリビタキ-20

201028ルリビタキ-22

201028ルリビタキ-23

今日は高原の森で目にしたルリビタキの幼鳥をご紹介しましたが、このような幼鳥はこのような繁殖地でしか見ることができないため、貴重な出会いとなりました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

ルリビタキのメス

昨日の続きで、今日は同じく高原の森で目にしたルリビタキ(Red-flanked Bluetail)のメスと思われる個体をご紹介します。

昨日のオスと同じ遊歩道脇で目にしたルリビタキのメスと思われる個体。オスは額から体上面が美しい青色なのに対し、メスは腰から尾だけが青色で、脇の橙色もオスに比べやや鈍いのが特徴と言われています。

201027ルリビタキ-2

201028ルリビタキ-3

201028ルリビタキ-5

201028ルリビタキ-6

こちらは上記個体より尾の青色が薄いことからメスの若い個体と思われます。

201028ルリビタキ-7

201028ルリビタキ-11

今日はルリビタキのメスと思われる個体をご紹介しましたが、メスとオスの若い個体は外見上、非常によく似ているため、識別が大変難しい鳥の一つと言えます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
10 | 2020/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ