FC2ブログ

ミソサザイ

今日は先日訪れた高原の森で目にしたミソサザイをご紹介します。

ヨーロッパ、アフリカ北部、西アジア、中央アジアからロシア極東部、東南アジア北部、中国、台湾、朝鮮半島、日本にかけて繁殖し、北方で繁殖した個体は冬季南方へ渡るとされるミソサザイ(Eurasian Wren)ですが、分布域により実に28亜種に分かれており、そのうち日本では①千島列島南部、樺太、日本に分布する亜種ミソサザイ(Troglodytes troglodytes fumigatus)のほか、②伊豆諸島に分布する亜種モスケミソサザイ(Troglodytes troglodytes mosukei)、③屋久島、種子島に分布する亜種Troglodytes troglodytes ogawae、 ④シベリア南東部、中国北東部、朝鮮半島、対馬に分布する亜種Troglodytes troglodytes dauricusの4亜種の存在が知られています。

森の湿地帯の木道で目にした亜種ミソサザイ。全身濃褐色で、全身に細かい小さな白斑があり、背から体上面、雨覆、風切、尾、体下部には黒褐色の横斑が見られます。

201028ミソサザイ-3

201028ミソサザイ-2

201028ミソサザイ-4

201028ミソサザイ-5

201028ミソサザイ-6

ここでは木道周辺を5~6羽のミソサザイが動き回っていましたが、こちらはその中の1羽。

201028ミソサザイ-7

201028ミソサザイ-8

今日は高原の森の湿地帯で目にした亜種ミソサザイをご紹介しましたが、この時期、今年生まれの子供たちも親鳥と変わりなく活発に動き回っていました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ