FC2ブログ

堰堤のホオアカ

今日は地元の貯水池堰堤で越冬しているホオアカをご紹介します。

ホオアカ(Chestnut-eared Bunting)は夏季にパキスタン北部、ヒマラヤからシベリヤ、モンゴル、中国、朝鮮半島、日本にかけて繁殖し、冬季、東南アジアに渡り越冬する体長約16cmのホオジロ科ホオジロ属の鳥で、分布域により3亜種に分かれており、日本にはシベリア中南部、モンゴル東部からシベリア東部、中国北東部、朝鮮半島、日本にかけて繁殖する基亜種ホオアカ(Emberiza fucata fucata)が留鳥または漂鳥(北海道、東北では夏鳥)として全国各地に分布しています。

当地では越冬のためやって来るホオアカですが、堰堤の草刈りが行われたため身を隠す場所が少なくなり、草刈りの終わった斜面に姿を見せてくれました。この個体は全体がくすんだ色彩に見え、頬や胸の赤褐色、茶褐色みが弱いことから第1回冬羽と思われます。

20201219ホオアカ-1

20201219ホオアカ-2

20201219ホオアカ-3

20201219ホオアカ-4

20201219ホオアカ-5

20201219ホオアカ-7

20201219ホオアカ-8

今日は当地で越冬中のホオアカをご紹介しましたが、草刈りで身を隠す場所がなくなったことにより、やがて別の場所に移動していくものと思われます・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
12 | 2021/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ