FC2ブログ

イカルの群れ

今日は地元の貯水池近くの草地にやって来たイカルの群れをご紹介します。

イカル(Japanese Grosbeak)はロシア東部の沿海州方面から日本にかけて繁殖し、北方の個体は冬季に中国南部に渡り越冬する体長約23cmのアトリ科イカル属の鳥で、分布域により2亜種に分かれており、日本では北海道、本州、四国、九州の山林で繁殖する基亜種イカル(Eophona personata personata)が留鳥または漂鳥として分布し、北日本の個体は冬季、本州以南の暖地に移動するとされています。

群れで行動することの多いイカルですが、この日は30~40羽程の群れが草地近くの樹木にとまり羽繕いなどをしていましたが・・・

20210127イカル-1

20210127イカル-2

その後、近くの草地に次々と降り立ち、落ちている木の実を食べ始めました。

20210127イカル-5

夢中で木の実を食べていたイカル。

20210127イカル-11

20210127イカル-13

20210127イカル-6

20210127イカル-7

20210127イカル-8

普段は警戒心が強くなかなか近くでは撮ることのできないイカルですが、食事の際には警戒心も少し緩むようで、その存在感ある姿を比較的近くから撮影することが出来ました・・・


ご訪問ありがとうございました。

鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリックいただけると励みになります。
  ↓ ↓

テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

プロフィール

shumishan

Author:shumishan
自然の中で息づく野鳥たちとの出会いに、年も忘れて心ときめかせています。


   ↑ ↑
鳥写真ブログランキングに参加しています。応援クリック宜しくお願いします。  

カレンダー
01 | 2021/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -
最新記事
リンク
QRコード
QR
検索フォーム
カテゴリ
月別アーカイブ